【深淵竜アルバ・レナトゥス|効果考察】ドラゴン版キメラテック・フォートレス・ドラゴン!?

今日の朝記事は、昨日の夜に遊戯王OCG公式Twitterで公開された新規カード《深淵竜アルバ・レナトゥス》の特集です。

巷では、ドラゴン族版《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》なんて触れ込みで既に話題になっていますが、これ、誇張じゃなくてマジで《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》じゃん!

まぁ、「《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》がOKならこれもOKでしょ!」ってノリなんでしょうけど、これだけ《烙印融合》が流行ってる状態で出すのは中々に挑戦的ですよね(焦)。

いやぁ、こりゃたまげたなぁ……(;^ω^)

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

《深淵竜アルバ・レナトゥス》効果考察

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
「アルバスの落胤」+ドラゴン族モンスター1体以上
このカードは融合素材にできない。
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分・相手のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に、このカードの融合素材としたモンスターの数までモンスターに攻撃できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。

収録:【ディメンション・フォース】

ドラゴン族版の《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》登場!?

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。

細かい部分で色々と違いはありますが、ほぼドラゴン族版の《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》と言って問題なさそうですね(※アルバ・レナトゥスは融合召喚可能なので厳密には違う)。

昔、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》で散々やられた事ですが、相手がおもむろにセットしてきたら、今後は《深淵竜アルバ・レナトゥス》を警戒しなきゃならないのか……(白目)。

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

スーパーノヴァとかアビスとか、サベージとか天球とか、シュトラールとか、余裕で食い散らかされるのかぁ……(;^ω^)コワスギ

これ、ドラゴン族モンスターで先攻制圧するデッキはマジできつくなったでしょうねぇ……。

《烙印融合》で展開する際の注意点!

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、
「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

結構勘違いしそうなポイントなので補足しておきますが、《烙印融合》で融合召喚する際に素材にできるのは、きっかり2体です。なので、デッキから好きなだけドラゴン族を素材として墓地に送れる……的な事にはなってないのでご注意ください!

もしそんな事になってたら、エラッタ前の《未来融合》もびっくりですからね(笑)。

「融合」、「フュージョン」通常魔法カードをサーチ!名称ターン1無し?

②は「融合」「フュージョン」通常魔法をデッキからサーチする効果!

若干《烙印竜アルビオン》の墓地効果と被っている気もしますが、互いに触れられる範囲が違うので、差別点としては十分だと思います。ただ、《烙印融合》に触る事が目的なんだったら、サーチorセットを選択でき、《赫の烙印》も視野に入る《烙印竜アルビオン》の方が優秀ではありますよね?※《氷剣竜ミラジェイド》のコストとして運用する際の話。

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+光属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から、「烙印竜アルビオン」を除く
レベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加えるか自分フィールドにセットする。

……となると、コスト運用という観点で考えるなら、《烙印竜アルビオン》でサーチする事が出来ないカードをサーチする用に使った方が面白そうではあります。……まぁ勿論、《烙印融合》をサーチしないといけない(した方が強い場面)ではそちらを選びますが……(;^ω^)

この効果に関しては、速攻魔法に触れなくて本当に良かったなぁ…ってのが率直な感想です。これで《超融合》をサーチできるようなテキストだったらホントヤバかったでしょうからね……。

なお、何故か②効果には名称ターン1のテキストがありません!同一ターン中に複数体墓地に送られる事は早々ないでしょうけど、覚えておいて損はないでしょう。

ミラジェイドは幻竜族だから平気ってのも何とも皮肉

ドラゴン族使い的には存在するだけで発狂する様なカードなのに、肝心の《氷剣竜ミラジェイド》には何にも刺さってないってのがなんとも皮肉ですね(笑)。※ミラジェイドは幻竜族。

管理人も結構ドラゴン族デッキ持ってる派の人間なので、これはちょっと震える新規でした(怖)。

+1

コメント

  1. これバスタードラゴン出しておいたら何でも除去できるね。

    +2
    • バスタードラゴン「アルバス君よく見て、相手は全員ドラゴン族だよ!」

      +5
  2. それでもドラゴン使いは展開の最後にユニオンキャリアーやレヴァテインでバスターブレード装備するなり、アモルファージノーテス出すなりで対策取れるんだからドラゴン族の幅ってすげえわ

    +1
  3. まぁ墓地送りで融合・フュージョン魔法サーチならキメラフレシアが既にいるし…
    烙印融合で光闇以外の属性のドラゴン落とせるようになったけど光と闇以外で墓地に送りたいドラゴンが思いつかん…

    +2
    • 征竜最後の生き残りが居るじゃないか

      0
      • 生き残りというか一度死んで甦っただけよ…w

        +2
タイトルとURLをコピーしました