【遊戯王】《ヴァンパイア・ファシネイター》の使い方を考える|ハリファイバーで出せるの強いなぁ

10/16(土)発売『BATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)』に収録される新カード《ヴァンパイア・ファシネイター》の特集記事です。

ヴァンパイア強化に見せかけたアンデット族汎用リンクだコレ!

相手の墓地からモンスターを拝借するアンデット族の新兵器!素材指定も緩々なので、その気になればアンデット族以外でも使えるという汎用性!

……相手の墓地から蘇生したモンスターの効果が無効になってないのがホントスゲェなぁ……。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

ヴァンパイア・ファシネイター|効果考察・使い方

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/アンデット族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
アンデット族モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。このターン、自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの「ヴァンパイア」モンスターが1体をリリースし、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

収録:【バトル・オブ・カオス】

相手の墓地から蘇生したモンスターはシェリダンや真血公に使える


▲蘇生したモンスターが強力であればあるほど強い

相手の墓地のモンスターを種族を問わず蘇生する事が出来る滅茶強効果!守備表示での特殊召喚なのでリンクモンスターは対象にとれませんが、それでもかなり強力な効果である事は間違いないです。

効果も無効にならないので、強力なモンスターを蘇生した場合はそのまま運用しても良いですし、そうでもないなら《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》や《真血鬼-ヴァンパイア》の素材にしてしまえる……という柔軟性が本当に魅力的!素材指定も緩く、《水晶機巧-ハリファイバー》1体からアンデット族チューナーを出すだけで成立するのも凄いですなぁ……。

ヴァンパイア・ファシネイター①効果の注目ポイント!
ファシネイターの①効果によるデメリットは効果の処理後に適用されるものです。展開にハリファイバーを使っても問題なく使えるから滅茶強いぜ!
【参考例】
・リンクのキスキルやリィラ・バハムートシャーク・幻獣機-アウローラドン等

コントロール奪取で更にエクシーズの素材を整える

①効果で相手の墓地から蘇生、②効果でコントロール奪取を行う事で、1体のモンスターから2体の相手モンスターを自分の場に揃える事が出来ます。

なお、②効果によるコントロール奪取はエンドフェイズまでですが、【ヴァンパイア】には相手のモンスターを素材とする際にレベルを6や8として扱う系エクシーズが存在するので問題なし!

奪ったモンスターは《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》や《真血鬼-ヴァンパイア》で完全に奪ってしまいましょう!

ヴァンパイア・ファシネイター②効果の注目ポイント!
自分自身が「ヴァンパイア」モンスターに該当する為、自身をリリースして効果を発動する事が出来る。ちょっとアド損に思えるアクションですが、そこから《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》や《真血鬼-ヴァンパイア》に繋がるなら悪くないアクションです。あと、奪ったモンスターの効果は無効にならないので、効果が使えそうなら使ってから素材にするのもお忘れなく!

ヴァンパイア・ファシネイターと相性の良いカード

水晶機巧-ハリファイバー

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナーを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

《ヴァンパイア・ファシネイター》の素材指定が”アンデット族モンスターを含むモンスター2体以上”なので、《水晶機巧-ハリファイバー》で《ゾンビキャリア》等のアンデット族チューナーをリクルートするだけで成立します。何なら《灰流うらら》をリクルートするだけで成立するし、限りなく汎用に近いリンク3モンスターと言えそうです。

ヴァンパイア・スカージレット

効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2200/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、1000LPを払い、「ヴァンパイア・スカージレット」以外の自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。そのモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。

《ヴァンパイア・スカージレッド》の効果で《ヴァンパイア・ファシネイター》を特殊召喚し、自身をリリースして《ヴァンパイア・ファシネイター》の②効果を使う事で即座に《ヴァンパイア・シェリダン》に繋げる事などが可能になる。

零氷の魔妖-雪女

リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/アンデット族/攻2900
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
アンデット族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):「零氷の魔妖-雪女」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、除外されている状態で発動した相手モンスターの効果は無効化される。
(3):墓地からモンスターが特殊召喚された場合、または墓地のモンスターの効果が発動した場合、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、その効果を無効にする。

《ヴァンパイア・ファシネイター》から相手の墓地の《灰流うらら》を拝借するだけで展開が成立するので出し易い。《灰流うらら》の存在を加味するなら選択し易そう。

交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻2600/守1000
レベル6モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、そのレベルを6として扱う。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスターカードが、効果で相手の墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され相手の墓地へ送られた場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

《ヴァンパイア・ファシネイター》の①②の効果で素材が揃う。レベルを持たないモンスター(エクシーズ,リンク)はレベル6として扱う事が出来ないので要注意!

真血公ヴァンパイア(ジ・アンデットヴァンパイア)

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/アンデット族/攻3000/守2800
レベル8モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、そのレベルを8として扱う。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは墓地以外から特殊召喚されたモンスターの効果の対象にならない。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。お互いのデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。この効果でモンスターが自分・相手の墓地へ送られた場合、さらに自分は墓地へ送られたそのモンスター1体を選んで自分フィールドに特殊召喚できる。
《ヴァンパイア・ファシネイター》の①②の効果で素材が揃う。《ヴァンパイア・ファシネイター》の②効果は、自身をリリースして発動する事も出来る為、実質《ヴァンパイア・ファシネイター》1体から《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》や《真血公ヴァンパイア|ジ・アンデットヴァンパイア》の展開が可能になるって訳!

ヴァンパイア強化という枠組みに留まらない1枚

基本的には【ヴァンパイア】を強化する1枚なんですが、《水晶機巧-ハリファイバー》や《灰流うらら》の存在が、結果的に《ファシネイター》の評価を高めているの面白いですね!

《ヴァンパイアの幽鬼》と《真血公ヴァンパイア》も強かったし、【ヴァンパイア】は本当に良い強化を貰えましたねぇ。あと、日に日にデッキ内のイケメン&美女率が上がってますね…(眼福)。

+2

コメント

  1. ハリからブルーム持ってこれるのも大きいですよね
    竜血公にヴァンプにフロイラインにと状況や軸によって合わせられる択がとにかくお太い!

    +1
タイトルとURLをコピーしました