【剛鬼パワーロード・オーガ効果考察】驚異の自己完結、まさかの戦士族汎用リンク4?攻撃力2800の完全耐性の4枚除去効果持ち!

『エターニティ・コード』に収録された新カード《剛鬼パワーロード・オーガ》の効果考察記事です。

「剛鬼」リンク=「剛鬼」モンスターを含む素材指定というイメージが強いですが、何と、このモンスターは汎用素材指定!!

【イゾルデリナルドルート】でも簡単に出せるし、勿論「剛鬼」デッキで使っても強い一枚なのだ!

スポンサーリンク

剛鬼パワーロード・オーガ

《剛鬼ザ・パワーロード・オーガ》
リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/戦士族/攻2800
【リンクマーカー:右/左下/下/右下】
戦士族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカード以外の自分フィールドのリンクモンスターのリンクマーカーの合計×200アップする。
(2):リンク召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
(3):自分フィールドの「剛鬼」リンクモンスター1体をリリースし、そのリンクマーカーの数までフィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

普通に出しても2800の完全耐性持ち

まず注目して欲しいのが、普通に出しても2800の完全耐性モンスターである事。

打点自体はリンク4にしては控えめな値ですが、①効果によるバフを考慮すれば妥当な数値です。

完全耐性は戦闘で突破されない打点があってこそ真価を発揮する効果である事は重々承知ではありますが、相手がその気になれば3000だろうが4000だろうが抜けてくる事を考えれば、致命傷になり得る程のステータスではないと思います。

ただし自分のサポートも受けられない孤高の戦士

文字通り完全耐性持ちなので、自分の効果(サポート)も受け付けません。

まぁこれは完全耐性持ちの宿命ってやつですね。強者はいつでも孤高なのだ。

イゾルデリナルド展開で簡単に出ます

とりあえず戦士族デッキなら問題なく展開できますが、手っ取り早く展開するならイゾルデリナルドルートを使う事をオススメします。

《聖騎士の追想イゾルデ/Isolde, Two Tales of the Noble Knights》
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

《聖騎士の追想イゾルデ》をリンク召喚し、適当なモンスターを①効果で手札に加えます。

その後、②効果で《リビング・フォッシル》を墓地に送りながら、デッキから《焔聖騎士-リナルド》を特殊召喚します。

《焔聖騎士-リナルド》 
効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族・炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「焔聖騎士-リナルド」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

《リビング・フォッシル/Living Fossil》 
装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
(2):装備モンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンし、効果は無効化される。

 

《焔聖騎士-リナルド》の②効果で墓地の《リビング・フォッシル》を回収し、その後、墓地のレベル4以下のモンスターを対象に《リビング・フォッシル》を発動して蘇生すれば、《剛鬼パワーロード・オーガ》展開完了です。

自身リリースでも機能する除去効果


△剛鬼リンクは基本的に素材が指定されている

ちなみに③効果は自身リリースで発動する事も出来ます。

要するに、《剛鬼パワーロード・オーガ》は、攻撃力2800の完全耐性持ち兼、最大4枚まで盤面を破壊出来る除去能力持ちでもあるのです。

自身をリリースする場合は、完全耐性が適用されなくなってしまう事で妨害される様になってしまいますが、他の「剛鬼」リンクモンスターをリリースするなら完全耐性も滅茶苦茶活きるって寸法ですね。

フル活用するなら他の「剛鬼」リンクモンスターも欲しい

①による打点UPや、完全耐性込みの除去効果を考えると、やはり「剛鬼」で運用してこそ真価を発揮するカードである事は事実です。

しかし、イゾルデリナルドという汎用ルートで攻撃力2800の完全耐性持ちの最大4枚除去が展開できるのも事実であり、これを汎用戦士族リンクと言わずして何というのか?という気持ちもあります。

「剛鬼」で活躍させるのも勿論アリですが、それ以外の戦士族デッキの運用も如何でしょうか?

宣伝:遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

コメント

  1. イゾルテリナルドでフォッシルを加えてパワーロード、剛鬼再戦でイゾルテの素材にした剛鬼2体蘇生してウイルスソードマン→ゼロデイリクルート&2体でバーサーカー→効果でゼロデイとソードマン蘇生してゼロデイとバーサーカーでトロイメアグリフォンっていうのがあるらしいですね。

    • イゾルデの素材除外されてません……?

    • あるらしいですね(自分で考えた)

    • ウイルスバーサーカーの時点でバック3枚割れるのは素晴らしいですね。組み込んでみたいです

    • 自分では使ってないからフォッシルで除外されるの知らなかった・・・。剛鬼2体で再戦&ヘッドバット、イゾルテでヘッドバットSSのコスト用の剛鬼をサーチすれば良いのかな?初手でス―プレックスを握れてないと安定しないか。

  2. されてないと思うけど‥なぜ除外されると考えるのですか?何か見逃してるかもしれないので教えて欲しいです

  3. イゾルデって言うよりリビングフォッシルの除外かな。
    剛鬼2体のみ始動だと再戦不可になる。

  4. 純構築では返しのターンにヘルトレーナーで釣り上げて4枚破壊とかできるの、めちゃくちゃ楽しいですね。
    下級含め最後にいい強化をもらえましたよ

  5. リンク先の欄、右が2つありますよー

    • ごめんなさい どういうことですか?
      ( ;∀;)?

タイトルとURLをコピーしました