【戦華の叛-呂奉(りょほう)|効果考察】呂布だ!呂布が来たぞ!油断してると寝返るぞ!

『ブレイジング・ボルテックス』に収録される新規《戦華の叛-呂奉|りょほう》の特集記事です。

『三国志』の中でも1,2を争う人気キャラクターである『呂布』が遂に登場ッ!

三国志最強とうたわれる事も多い呂布の強さを再現しつつ、その裏切りにまみれた足跡を効果に詰め込んだとても『呂布』らしいカードに仕上がっているのが素晴らしい……。

『三国志』に触れた事がある人なら一目で「呂布だ!」って思えるテキストなのは本当に凄いです。

スポンサーリンク

戦華の叛-呂奉(りょほう)

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/獣戦士族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
「戦華の叛-呂奉」は1ターンに1度、フィールドの「戦華」モンスターの内、攻撃力が一番高いモンスターが自分フィールドに存在する場合のみ特殊召喚できる。
(1):お互いのメインフェイズに1度、発動できる。相手フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊する。この効果を発動するターン、自分は「戦華」モンスター以外のモンスター効果を発動できない。
(2):エンドフェイズに、フィールドの攻撃力が一番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動する。このコントロールを相手に移す。

収録:【ブレイジング・ボルテックス】

特殊召喚し易い「戦華」モンスターってだけで偉い!

セルフ特殊召喚するなら《諸葛孔》で良いと言う意見もありますが、あっちはあっちでサーチアクションがとれなかったり(妨害等)、素引きして困る事はあるので、純粋に特殊召喚要員を散らせるのは良い事です(呂奉は素引きしても機能する)。

ちゃんと先攻でも容易に展開できるテキストですし、ここに関してはほぼ満点だと思います。

純粋に①効果は強いですよね?

往復で使えるモンスター破壊効果はシンプルに強いですよね?

まぁ、効果を使ったターンに「戦華」モンスター以外のモンスター効果を使えないという超絶重いデメリットはありますが、これはコントロールが移った場合にセーフティ―として働く必要もあるので、個人的には悪くないと思っています。

そもそも《次元の裂け目》や《ネクロバレー》を貼ってオラオラ仕掛けるデッキタイプの「戦華」も多いので、汎用手札誘発と噛み合いが悪いのは割と許容できるはず……。

②の寝返り効果はちゃんとコントロールすれば問題ないですし、仮にコントロールが移ったとしても打点2800モンスター以上の働きをするかどうかは割と微妙なラインじゃないでしょうか?

属性が散った事で使いやすくなるカードがいくつかある

「戦華」には属性を参照するカード(散っている事が重要)がいくつかあるんですが、唯一の闇属性モンスターって事でそこら辺が使いやすくなるって側面もあったりします。

戦華史略-十万之矢
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体と
自分フィールドの「戦華」モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力を半分にし、
その数値分その自分のモンスターの攻撃力をアップする。
(2):自分フィールドの「戦華」モンスターの属性が2種類以上で、
このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札・デッキから「戦華史略-十万之矢」以外の
「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を自分フィールドに表側表示で置く。

 

戦華史略-孫劉同盟
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「戦華」モンスターの属性が2種類以上の場合、
属性を1つ宣言して発動できる。
宣言した属性を持つ相手フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで効果を発動できない。
(2):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
または自分が「戦華」モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分フィールドの全ての「戦華」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドの「戦華」モンスターの数×300アップする。

《十万之矢》の②効果とか滅茶苦茶強いので、ここが安定し易いのは良い事ですね。

群雄割拠を貼ると寝返らないかも?

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。

《呂奉(りょほう)》の裏切りがどうしても気になる人におすすめなのがコチラ!

相手が獣戦士デッキだった場合は例外ですが、それ以外の種族デッキなら《群雄割拠》の効果でコントロール奪取される可能性はかなり軽減できます。

あと、《群雄割拠》自体が強い事・「戦華」デッキに雰囲気がマッチするカードなのも大きな魅力です。

一点着地が更に使いやすくなりましたね

《一点着地/Pinpoint Landing》
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の手札から自分フィールドに、モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分ターンにこのカードの(1)の効果でドローしていない場合、そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

ボードに残るドロー札として元々相性が良いとされていた《一点着地》とのシナジーが更に濃くなった事も、地味だけど見所の一つだと思います。

個人的にはかなり評価が高いです

破壊をトリガーとする『魏』陣営のカードとの相性も良いですし、個人的な評価はかなり高めです。

展開要員が増えると《戦華盟将-双龍》の展開も当然安定するので、それだけでも強いと思うんですよねぇ~(*´ω`*)

ただ、採用枚数とかは割と難しそうなので、そこは要検討って感じかなぁ……。

コメント

  1. 下級と引ければ無条件で出せて最低限妨害置けるし3枚も割とありな気がする

  2. 馬の髪型に目がいってしまう

  3. 裏切りもさることながらちゃんと史実通り曹徳に勝てないところまで再現されてるのもポイント高い

タイトルとURLをコピーしました