【遊戯王】新テーマ「ふわんだりぃず」の感想|ろびーな強いなぁ

YU-GI-OH.JPにて、7月17日『バースト・オブ・デスティニー』に収録される新テーマ「ふわんだりぃず」の詳細が公開されました。

可愛い見た目とは裏腹に、相手の特殊召喚や特殊召喚したモンスターの効果を封じる事に長けていたり、驚異の連続召喚で一気に最上級モンスターへと繋げる爆発力を備えたテーマになっています。

遊戯王OCGでラッシュデュエルを行うかの様な連続召喚!良かれと思って相手にもラッシュデュエルを強要してるの面白過ぎでしょ…(ただし特殊召喚は封じる)。

スポンサーリンク

新テーマ「ふわんだりぃず」への感想

ふわんだりぃず下級モンスター

「ふわんだりぃず」下級モンスターは、除外されている状態で鳥獣族モンスターが召喚された場合に手札に加わる共通効果を持っています。
この効果を駆使する事で手札を整えながら最上級を狙いに行けるって訳ですね!
《ワンチャン!?》や《封印の黄金櫃》とも相性が良さそうです。

ふわんだりぃず×ろびーな

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

きゃすと
きゃすと

《ろびーな》は「ふわんだりぃず」《ろびーな》効果で《いぐるん》サーチ、《いぐるん》効果で《えんぺん》サーチってするだけで《えんぺん》を展開しながら「ふわんだりぃず」魔法・罠にアクセスできるのマジで凄い!手札が良い時は《すのーる》から動いて召喚権を3回に増やしてから動くのが良さそう。
あと、《ろびーな》のサーチはレベル4以下の鳥獣族モンスターなら何でもOKなので、ここで《烈風の結界像》をサーチする事も出来ます。

ふわんだりぃず×いぐるん

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

きゃすと
きゃすと

《いぐるん》は鳥獣族の最上級モンスターサーチ!
基本的には《えんぺん》と《すのーる》をサーチする事になりますが、テーマ外のモンスターをサーチする事も勿論可能です。《烈風帝ライザー》や《ダーク・シムルグ》をサーチするのも良いですね!

ふわんだりぃず×すとりー

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 700/守1100
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

きゃすと
きゃすと

相手ターンに召喚して墓地除外みたいな事が出来てしまう…(怖)。
自分のカードを対象とする際は《とっかん》で回収したいカードを除外する事になりそうですね。

ふわんだりぃず×とっかん

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守1300
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

きゃすと
きゃすと

必要な「ふわんだりぃず」下級モンスターを回収したり、《すとりー》で除外した「ふわんだりぃず」カード(魔法・罠もOK)を回収してサイクルさせる存在。デッキの持久力なので実は結構大事!《封印の黄金櫃》で任意の「ふわんだりぃず」カードを除外して手札に加える動きは無駄がなくて強そう。

ふわんだりぃず最上級モンスター

「ふわんだりぃず」最上級モンスターはどちらもしっかりエースしてる素晴らしい性能。特に《えんぺん》はアドを稼ぎながらN妨害するという驚異的な強さを持っています。

ふわんだりぃず×えんぺん

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

きゃすと
きゃすと

下級で繋いでいった先の一つの終着点!
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスター全ての効果発動を封じるのヤベェ!守備展開できるモンスターは何とかなるけど、リンクデッキはこれだけで終わる可能性がありますね……。
しかも魔法・罠ももれなくついてくるし、このカードマジで強い!
《ろびーな》1枚からここまで繋がるのとんでもないぜ…。

ふわんだりぃず×すのーる

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

きゃすと
きゃすと

《サモンチェーン》内臓モンスターワロタ!
②効果による貫通は「ふわんだりぃず」モンスター以外にも付与可能!
③効果でしっかり1妨害!こちらも強い!

ふわんだりぃず魔法・罠

「ふわんだりぃず」魔法・罠は《ふわんだりぃず×えんぺん》でサーチする事が出来るぞ!

ふわんだりぃずと謎の地図

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。その後、見せたモンスターを召喚する。
(2):相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

きゃすと
きゃすと

①効果で「ふわんだりぃず」の下級モンスターを除外しながら召喚すると除外した下級が手札に加わる仕組み。噛み合いが重要なテーマに見えるので、このカードで的確にモンスターを除外して行きたいですね。
②効果は相手の召喚に反応して「ふわんだりぃず」モンスターを召喚する効果なので、相手ターンに「ふわんだりぃず」の動きが出来ちゃう優れもの。

ふわんだりいずと未知の風

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

きゃすと
きゃすと

2体のリリースが必要となるアドバンス召喚を、自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送って可能する1枚。相手フィールドのカードってテキストなので、魔法・罠などでもOK!ダブりが旨くないテーマなので②による手札交換も重要になりそう。※①にターン1がないのマジ?

ふわんだりぃずと夢の町

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、このカードを除外して発動できる。相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

きゃすと
きゃすと

レベル4以下の鳥獣族って事は、《烈風の結界像》とかもOKですね。「ふわんだりぃず」下級の動きで刻んで行けば②効果にも繋がりそう!しかも②効果のトリガーはレベル7以上のモンスターなら何でも良いのか。※これまた①にターン1がない!

ふわんだりぃずと怖い海

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

きゃすと
きゃすと

泳がせておいてカウンター罠でドカン!
特殊召喚を無効にして手札に戻し、このターン中の一切の特殊召喚を封じる!ただし通常召喚は3かいして良いですよ~
……普通のデッキは召喚権だけ与えられても困るんだけどねw
相手にラッシュデュエルを強要する効果じゃんw

7月17日『バースト・オブ・デスティニー』に収録されます

今回10枚のカードが公開されましたが、その1枚1枚が全て強く、入らないカードが一切存在しないのマジで凄いですね。エクストラを使わないテーマだからメインデッキのカードが既に十分確保されているし、これは最初から結構強そうなテーマだなぁーって思いました。一種のアドバンスサポートテーマみたいな側面もあるので、色々混ぜられるのも魅力的ですね!

+1

コメント

  1. LL強化かと思ったらLLメタだった

    +5
  2. 相性がいいやつに冥界の宝札とか帝王とかアスラピスクとか
    妙に物々しいカードばっか挙げられてるのすき
    わくわくしてきたな

    +4
  3. 未知の風の(1)って自分フィールドから下級ふわんだりぃずは除外されるからコストにできないよね?

    0
    • バトルフェーダー等の除外デメリット持ちやトークン含め無理ですね。
      その代わり、生け贄封じの仮面や霧の王、暗黒の魔王は容赦なく墓地に送れるかと。

      +1
    • コストで墓地に送るわけじゃないから問題ないよ。もちろん下級は墓地に行く代わりに除外されるけど

      +5
  4. うっわおもしれぇ!!
    物凄いラッシュデュエル感!召喚から召喚につないで最上級出すの楽しい!
    そしてここまで通常召喚するのにトカゲの宝札が使えない悲しみ。空うちしたって、いいじゃない…

    +4
  5. ロマン枠としてスローライフ

    0
  6. じゃあラッシュデュエルいらないね
    大人が邪魔してるもん

    0
    • それは別にここでいうことじゃないから…

      +5
    • オーティス「姑息な邪魔を…(アンインストールしながら

      +1
  7. 下級共通の3の効果、アドバンス召喚したらリリースしたやつが即座に手札に戻ってくるってことはないよね…?

    +1
    • アドバンス召喚と除外は同時処理だから即座には戻らない

      +1
      • でも次に召喚すると帰ってくる。絶妙な難易度。

        +1
  8. 妖仙獣みたいなテーマなのか…?可愛い絵柄でも召還の呪詛やスローライフと怖い海のコンボは油断出来なかったり

    0
  9. 是が非でも先行を取りたいですね
    後攻時は・・・

    +2
    • 後攻時はディメンション・アトラクターが光るよ

      0
  10. 地縛神ウィチャコラさんこのテーマで光らないかな。

    +2
タイトルとURLをコピーしました