ナンバーズ・エヴァイユ等、プレミアムパック2022収録カード感想

YU-GI-OH.JPにて、2021年12月18日(土)発売予定『PREMIUM PACK 2022(プレミアムパック2022)』に収録される新規カードの情報が公開されました。

※『PREMIUM PACK 2022(プレミアムパック2022)』は、「ジャンプフェスタ2022会場」または「ジャンプフェスタNAVI 」ジャンフェスストア内オリジナルグッズ販売 EC サイトにて購入できます。※ジャンプフェスタ 2022 限定での販売となります。

スポンサーリンク

PREMIUM PACK 2022(プレミアムパック2022)収録新規カード

ブラック・マンバ

効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守1000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに爬虫類族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。デッキから爬虫類族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターの表示形式を変更する。

きゃすと
きゃすと

自分フィールドの爬虫類族モンスターを参照して特殊召喚可能な闇属性・爬虫類族ってだけで既に優秀ですが、相手フィールドにモンスターがいれば更に墓地送り&表示形式変更が可能になる1枚。《キングレムリン》からサーチするだけで展開可能なのはかなり優秀。そういう点でも《レプティレス・コアトル》と比較される事が多くなりそう。

呪念の化身ウルボヌス

効果モンスター
星5/闇属性/爬虫類族/攻2000/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの爬虫類族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300ダウンする。
(3):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分ダウンする。

 

 

きゃすと
きゃすと

こちらも特殊召喚可能な爬虫類族モンスター!フィールドの爬虫類族モンスターをリリースする動きは何かと応用が利きそうな予感!相手フィールドのモンスター全ての攻守を下げるデバフ効果もかなり強そう!

ラミア

効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻1300/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから爬虫類族・レベル8モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが除外された場合、自分フィールドの爬虫類族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターは次のターンの終了時まで効果では破壊されない。

きゃすと
きゃすと

召喚・特殊召喚対応の爬虫類族サーチは熱い!レベル8のみのサーチですが、【溟界】とか【レプティレス】とかを考えたら該当モンスターはかなり多そうですね。《チラム・サバク》とか《ダーク・アリゲーター》とかもレベル8・爬虫類族っすねぇ!あと名前がシンプル!

毒蛇の怨念

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、爬虫類族以外の自分のモンスターは、攻撃できず、効果を発動できない。
(2):自分フィールドの表側表示の爬虫類族モンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル4以下の爬虫類族モンスター1体を特殊召喚する。
(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。除外されている自分の爬虫類族モンスターを全て墓地に戻す。

きゃすと
きゃすと

デメリットが滅茶苦茶重いですが、爬虫類族デッキなら何とでもなる感じ。これは要するに《邪龍アナンタ》しろって1枚。

劫火の槍術士ゴースト・ランサー

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守 0
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

きゃすと
きゃすと

セルフSS可能なレベル5・2000打点!
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター以外との戦闘で破壊されない耐性と貫通効果!なんか色々懐かしさを感じる1枚。

劫火の眠り姫ゴースト・スリーパー

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「幽合-ゴースト・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、手札を1枚捨て、除外されている自分のレベル4以上のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

きゃすと
きゃすと

墓地に送られるだけで《幽合-ゴースト・フュージョン》をサーチできるのは優秀!しかも、どこから送られてもOKだから《彼岸の黒天使ケルビーニ》のコストにするだけでも機能します。墓地効果も優秀だしかなり可能性を感じる1枚です。

劫火の翼竜ゴースト・ワイバーン

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1700/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「幽合-ゴースト・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):このカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキからレベル2以下のアンデット族チューナー1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

きゃすと
きゃすと

召喚・特殊召喚対応で《幽合-ゴースト・フュージョン》をサーチ!
この条件の緩さで融合効果を持った魔法カードを手札に加えられるのはかなり優秀!あとは《幽合-ゴースト・フュージョン》の性能次第!
②効果は《妖刀-不知火》や《ゾンビキャリア》をサーチor埋葬すると良さそう!

幽合-ゴースト・フュージョン

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。その際、融合素材モンスターは全てアンデット族モンスターでなければならない。自分のLPが相手より少ない場合、自分の手札・デッキ・墓地のアンデット族モンスターも1体まで除外して融合素材とする事ができる。

きゃすと
きゃすと

相手よりライフが少ない状況下なら、手札・デッキ・墓地のモンスターを1体除外して融合素材とすることが出来る融合効果。素材は全てアンデット族である必要がありますが、展開先に指定はないので色々選択肢はありそう。デッキから《隠者》や《宮司》を除外すると楽しそう!
あと、《捕食植物-ヴェルテ・アナコンダ》との相性が良いですね。

ナンバーズ・エヴァイユ

通常魔法
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。EXデッキから「No.」Xモンスター4体を選ぶ(同じランクは1体まで)。
「No.」の数値がその4体の合計と同じとなる、「No.」Xモンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、選んだモンスターを全てそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、
自分は「No.」Xモンスターしか特殊召喚できない。

きゃすと
きゃすと

えーと要するに、ランク別々の「No.」4体を選んで、その4体の「No.」数値を足した「No.」数値に合致する「No.」モンスターを特殊召喚するって事であってる?とりあえず「No.0」の《未来皇ホープ》が色々重宝しそうって事だけは分かりました。CNoとかも含めるとかなり複雑になりますね。……記事書くか。

七皇転生(セブンス・アラウンド)

通常罠
(1):自分の、「No.101」~「No.107」のいずれかの「No.」Xモンスターまたは
そのモンスターをX素材としているXモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その自分のモンスターを除外する(X素材を持っているモンスターを除外する場合はそのX素材も全て除外する)。このカードを発動したターンのエンドフェイズに、「No.」モンスターを除くランク3以下のXモンスター1体をEXデッキから特殊召喚し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

きゃすと
きゃすと

ダメステに除外されるので戦闘を強制終了させることができるって感じ。アニメでは確か、《ブラック・レイ・ランサー》を特殊召喚しようとしてたんだっけかな?2100のバーンダメージ狙いだ!
追伸.熱・のど・鼻に効きそうなイラストだと思いました。

七皇再生(セブンス・アライバル)

通常罠
(1):自分フィールドのXモンスターを全てリリースし、
除外されている自分のXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
リリースしたモンスターの数+1体まで、「No.101」~「No.107」のいずれかの
「No.」Xモンスターを選んでその特殊召喚したモンスターの下に重ねてX素材にできる。
このカードを発動したターンのエンドフェイズに、お互いにそれぞれ自身の手札の数×300ダメージを受ける。

きゃすと
きゃすと

転生からの再生を狙えって書いてますね!
アニメみたいに《CX 冀望皇バリアン》を展開出来たら熱いだろうなぁ

エクシーズ弁当

通常罠
(1):相手フィールドのモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。相手の墓地からモンスター1体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):墓地のこのカードを除外し、EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの表示形式を変更する。

きゃすと
きゃすと

条件が結構厳しめですが、相手の墓地リソースを素材として幽閉できるのはシーン次第では良い働きしてくれそう!②効果は漫画版にはありませんでしたが、不乱健との関係から付け加えられたっぽいかな?

今年もジャンプフェスタorECサイト限定販売だよ!

※『PREMIUM PACK 2022(プレミアムパック2022)』は、「ジャンプフェスタ2022会場」または「ジャンプフェスタNAVI 」ジャンフェスストア内オリジナルグッズ販売 EC サイトにて購入できます。※ジャンプフェスタ 2022 限定での販売となります。
去年同様一般販売はされないので、欲しい人は必ず購入概要をチェックしておきましょう!
管理人はとりあえず「七皇」関連狙いで1,2箱って所ですかね。
+2

コメント

  1. 匿名 より:

    エヴァイユはエクストラ使わない、通常召喚メインのデッキに仕込んでおいたら面白そう
    しかしランク違い4枚の合計とは…面白いけど組み合わせ探すのはめんどくさいですねこれ笑

    +4
  2. 匿名 より:

    ブラックマンバはエキドューナから召喚権切らずにエーリアンバスターでカウンター置きつつゼロオルに繋がるのは可能性感じますね。

    0
  3. RUMロマンス より:

    エヴァイユでロンゴミアント出すとやばそうなのでは?

    +1
    • 匿名 より:

      発動条件から相手が展開した後の発動になるから
      展開を封じるロンゴミとは微妙に噛み合いが悪いと思う
      どちらかと言えばホープドラグナーと相性良さそう。往復2ターンで2体出せるのは強い

      +4
    • 匿名 より:

      セブンス罠カードでナッシュごっこが捗るぜ!
      可能性を最も感じるカードはエヴァイユかな。EXだだ余りのデッキなら枠の圧迫も気にならないし

      +4
  4. 匿名 より:

    「幽合-ゴースト・フュージョン」名前だけでかっこいい。
    漫画5D’sにおける「遊星vs骸骨騎士」が原作というのは知らなかったのですが、融合を幽合に当て字しているのも素敵。
    ワイトと混ぜられないかな。

    +1
  5. 匿名 より:

    小日向星華先輩ファン大歓喜じゃないか
    骸骨騎士とか懐かしいな

    +1
  6. 匿名 より:

    ナッシュが最後に使った栄光の七皇もイラスト的にかなり欲しいけど効果がな…除外されたオバハンを素材として帰還+ダメージ反射は使いにくすぎる
    セブンスカードならWDC決勝で遊馬がトロン戦で使った“セブンス”トアが欲しかった…

    +2
  7. 匿名 より:

    セブンス・アライバルは同名カードは1枚までの制限がないから、やろうと思えば同じオーバーハンドレットナンバーズ並べて素材にすることが出来るのか

    +1
タイトルとURLをコピーしました