「ナンバーズ・エヴァイユ」効果考察|ザ・セブン・シンズ直出しが強そう!?

漫画ZEXALでアストラルが使った《ナンバーズ・エヴァイユ》が遂にOCG化!

ランク値の異なる「No.」モンスターを4体選び、その「No.」値を足した数値と同じ「No.」モンスターをエクシーズ召喚する通常魔法カード!

1枚のカードからNo.8~No.107までのモンスターをエクシーズ召喚出来る(しかも4素材)ってんだから、これは興奮しない訳にはいかんでしょう!

……まぁ、漫画再現的には《No.93 希望皇ホープ・カイザー》を狙いたいですけどね!

スポンサーリンク

「ナンバーズ・エヴァイユ」効果考察

通常魔法
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。EXデッキから「No.」Xモンスター4体を選ぶ(同じランクは1体まで)。「No.」の数値がその4体の合計と同じとなる、「No.」Xモンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、選んだモンスターを全てそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、自分は「No.」Xモンスターしか特殊召喚できない。

4体のナンバーズの数値を足したナンバーズを展開する効果

何ともややこしいテキストですが、要するに、ランクの異なる「No.」モンスターを4体選んで、その4体のNo.数値を足したのと同じ数値の「No.」モンスターをX召喚する効果になります。

No.値とランク値の二つの値が出てくるので少しややこしいですが、足すのはNo.数値だけなので計算自体はシンプルです。ランクが被らないように気を付けて出したいNo.の数値を目指せばいいだけ!


▲ゲノム・ヘリターから先が全部出せるみたい

なお、展開可能な範囲はNo.8が最小らしく、それ以上は107まで全てのナンバーズが展開可能みたいです。

発動条件的に制圧展開には使い辛い性能

『EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。』という条件なので、先攻1ターン目ではほぼ発動できないカードと考えるのが自然。基本的には相手の敷いた盤面に上から打ち込んでいくカードになります。

一応4素材ロンゴミアントとかパラダイスマッシャー等も狙えるには狙えるんですが、条件的に考えると制圧カードよりも突破用のカードを出した方がシーンにはマッチしてそうです。

色々候補は良い候補が良そうですが、個人的なオススメは《No.77 ザ・セブン・シンズ》!

エクシーズ・効果モンスター
ランク12/闇属性/悪魔族/攻4000/守3000
レベル12モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク10・11の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの(1)の効果は発動できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外し、
その後、除外したモンスターの中から1体を選んでこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

このモンスターなら、②による耐性で《D-HEROデストロイフェニックスガイ》盤面にも強く打って出れるし、直出しなら①効果も問題なく使えるのでかなり強力です。打点も高いですしね!

ラベノスやホープ展開で多素材アーゼウスも狙える!

あと、突破という側面ならこのカードの存在も忘れちゃいけません!

《ナンバーズ・エヴァイユ》のテキスト的に一見出せなさそうですが、以下の様なカードを使えばデメリットをスルーする事が可能です。

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/闇属性/昆虫族/攻 0/守 0
レベル10モンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分と相手のLPの差の数値分アップする。
(2):X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手がモンスターを特殊召喚する度に相手に600ダメージを与える。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
ラベノス⇒ペイン⇒セブンシンズの流れで重ねていくことで「No」縛りを突破。殴って重ねてアーゼウス!
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻 0/守2500
レベル4モンスター×2
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「ダブル・アップ・チャンス」1枚を手札に加える。
その後、「No.39 希望皇ホープ・ダブル」以外の「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は倍になり、直接攻撃できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
別にダブルにこだわる必要はないですが、ホープにしてお得意の重ねてエクシーズで縛りを突破していく事も勿論可能です。《ホープ・ドラグナー》を出すのもシンプルに強いと思うので、ホープ系とは基本的に噛み合いの良いカードになってますね。
フィールドに存在する限りってデメリットテキストはエクシーズ的には緩すぎるぜ!

原作再現するならNo.93 希望皇ホープ・カイザーを使いたい!

効果モンスター
ランク12/光属性/戦士族/攻2500/守2000
X素材を持っている同じランクの「No.」Xモンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのX素材の種類の数まで、EXデッキからランク9以下で攻撃力3000以下の
「No.」モンスターを効果を無効にして特殊召喚する(同じランクは1体まで)。
その後、このカードのX素材を1つ取り除く。
このターン、相手が受ける戦闘ダメージは半分になり、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに他の「No.」Xモンスターが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。

色んな活用法を模索できそうな1枚ではありますが、原作再現するならNo.93を狙いたい所!

そして、エヴァイユ⇒カイザーの流れで、No.40ヘブンズ・ストリングス、No.66 マスター・キー・ビートル、No.6 アトランタル、No.9 天蓋星ダイソン・スフィアの四体を並べる!

……うーん、憧れちゃいますねぇ……(∩´∀`)∩

……あ、No.XXとかはどういう扱いになるんだろう……!?

+4

コメント

  1. XXは数字じゃないからそもそも選ぶことが出来ないとかじゃ?

    +5
  2. 何で最小8?と、思ったけど偽No.か…
    なら残りが出れば0,1,偽1,偽2で最小は4であってます?

    0
    • あ、1はCNo.じゃないとですね。
      そうなると最小は5?

      0
    • 未来皇は1として扱うので
      0(ランク1).C1(ランク2).偽3(ランク3).偽4(ランク4)でやっぱり8じゃないですかね?

      0
タイトルとURLをコピーしました