【天底の使徒|効果考察・使い方解説】重葬しながら回収orサーチの強カード!シャドール構築面白そうだ!

新テーマ「ドラグマ」のサポートカード《天底の使徒》の考察記事です。

実質《おろかな重葬》しながらテーマモンスターをサーチするという分かり易いパワーカードですが、発動後のデメリット等、細々とした注意点も多いカードです。

墓地に送ったモンスターに応じて回収orサーチ範囲と副次効果が前後するって面白いカードですよねぇ~

スポンサーリンク

天底の使徒|効果考察

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。その後、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

天底の使徒の注意点

1.回収またはサーチ該当モンスターがいないと発動できないので要注意

回収またはサーチに該当するモンスターが不在だとそもそも発動できません。「ドラグマ」または「アルバスの落胤」との併用は必須という訳ですね。

2.ドラグマカードじゃないのでサーチ非対応

名称に「ドラグマ」が含まれていないのでサーチは困難です。まぁ、カードパワー的に素引き要求してくるのは当然だと思います。

天底の使徒で落としたいEXモンスター選

灰燼竜バスタードを送った場合
エンドフェイズにデッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を手札に加えるか特殊召喚できる。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》,《教導の騎士フルルドリス》
旧神ヌトスを送った場合
フィールドのカードを1枚破壊。シンプルに強い除去効果は優秀。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》 ,《教導の騎士フルルドリス》
エルシャドール・アプカローネを送った場合
「シャドール」カードをサーチ可能。《影依の偽典》,《神の写し身との接触 》等、相手ターンに融合するカードをサーチすれば発動後のデメリットも気になりません。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》 ,《教導の騎士フルルドリス》
サイバー・エタニティ・ドラゴンを送った場合
融合モンスター(「ドラグマ」なら《灰燼竜バスタード》)に対象耐性・相手効果による破壊耐性を付与できる。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》 ,《教導の騎士フルルドリス》
月光舞剣虎姫を送った場合
融合モンスター(「ドラグマ」なら《灰燼竜バスタード》)の攻撃力を3000アップできる(送られたターンは発動不可)。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》 ,《教導の騎士フルルドリス》
中生代化石騎士 スカルナイトを送った場合
フィールドのモンスターを破壊出来る。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》
PSYフレームロード・Ωを送った場合
自身と自分・相手墓地のカード1枚をデッキに戻す。
回収・サーチ対応モンスター
《教導の天啓アディン》,《教導の聖女エクレシア》,《教導の大神祇官》,《教導の鉄槌テオ》,《アルバスの落胤》 ,《教導の騎士フルルドリス》

カード回収・サーチがワンセットの為、攻撃力が低すぎる《虹光の宣告者》による儀式サーチは今の所できなくなっています。攻撃力600以下の「ドラグマ」モンスターが出る事を祈りましょう。

《教導枢機テトラドラグマ》をサーチする場合は高攻撃力モンスターをEXに入れておけばOKです。

個人的に注目しているのが「シャドール」構築です

《エルシャドール・アプカローネ/El Shaddoll Apkallone》 
融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果を無効にする。
②:このカードは戦闘では破壊されない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。その後、手札を1枚選んで捨てる。

 

個人的に「シャドール」構築に注目していて、《影依の偽典》,《神の写し身との接触 》等、相手ターンに動く融合札でデメリットを帳消しに出来るのがとても偉いと思っています。

果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

 

自分ターンはサーチした「ドラグマ」モンスターや《アルバスの落胤》で動けば問題ないですし、これって真面目にありなのでは?

これは余談ですが、相手の場に《ブラック・マジシャン》がいる場合、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》が選択肢として挙がって来ます。

まぁ…場にブラマジがいる状況ってブラマジデッキ位ですけどね…。

重葬しながらサーチするってんだから相当ですよね

《おろかな重葬》しながら回収orサーチって冷静に考えて相当ですよね…。

ただ、先攻にやる事が結構ふんわりしている印象なので、そこをどう埋めるかがビルドの鍵になりそうかな?

そういう面でも動きに幅を持たせるきっかけになれる《天底の使徒》は重要なカードと言えそうです。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

コメント

  1. こんなに気軽にエクストラ墓地に送って大丈夫ですかね

  2. キメラフレシアも次のターンに備えるために使えますね
    ラグこそあれど、融合系サーチは可能性を感じる

  3. 虹光が使えない辺りはかなり調整されているのを感じます

  4. 先行ならウィンドペガサスもいいかも

  5. マクシムスサーチ→ssで結果的に虹光落とせるけどね
    儀式テーマだと1枚で星8リリースと儀式モンスターか魔法サーチになるから、儀式の準備と下準備とで相互互換ってところかな
    1枚でEX3枚削るので、ゴーキン2枚合わせてちょうど15枚と無駄がないところもステキです

  6. EXの依存度が低いデッキにとって1:3交換以上の活躍ができるパワーカードなのでは…
    マクシムスと合わせた動きがお手軽に強すぎる気がします
    そのうち規制されそう

  7. EX墓地送りはロマンデッキでも夢が広がりますね。EXデッキのモンスターを融合素材に指定する融合モンスターのデッキとかで活躍してくれそうです

タイトルとURLをコピーしました