【Evil☆Twinトラブルサン効果考察】マグネッツ1号2号が気になる新規カード!新ライバルは何者?

《シークレット・パスフレーズ》でサーチできる強い魔法カードキター‼

4月17日発売『ドーン・オブ・マジェスティ』に収録される新カード《Evil☆Twinトラブルサン》の特集記事です。

《シークレット・パスフレーズ》でサーチして強い魔法カードが欲しい欲しいとは言っていましたが、まさかこれ程までにストレートに強いカードが貰えるとは……(驚き)。

こうなってくると、《キスキルフロスト》や《リィラトリート》の評価も見直す必要がありますね~

スポンサーリンク

Live☆Twinトラブルサン|効果考察・使い方

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ライブツイン」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「イビルツイン」モンスターが存在する限り、相手がモンスターを召喚・特殊召喚する度に、自分は200LP回復し、相手に200ダメージを与える。

収録:【ドーン・オブ・マジェスティ】

〇デッキから「ライブツイン」モンスターをサーチできるので初動の安定に繋がる
〇「ライブツイン」魔法なので《シークレット・パスフレーズ》でサーチ可能
〇状況に応じて《キスキルフロスト》や《リィラトリート》をサーチできる
〇おまけっぽくはありますが、ライフ差400を生み出す永続効果も中々にうざい

サーチできる「ライブツイン」モンスターまとめ

Live☆Twin キスキル

効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻 500/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他のモンスターが存在せず、このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手モンスターが攻撃宣言する度に、自分は500LP回復する。

初動の要となる1枚。手札に《Live☆Twin リィラ・トリート》を持っているならこのカードから動いた方が貫通し易くてお得。

Live☆Twin リィラ

効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 500/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他のモンスターが存在せず、このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「キスキル」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は500LPを払わなければ攻撃宣言できない。

初動の要となる1枚。手札に《Live☆Twin キスキル・フロスト》を持っているならこのカードから動いた方が貫通し易くてお得。

Live☆Twin キスキル・フロスト

効果モンスター
星2/光属性/水族/攻 500/守 0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドに「イビルツイン」モンスターが存在し、相手がカードの効果でデッキからカードを手札に加えた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

自分フィールドの「リィラ」モンスターを参照して特殊召喚する事が出来る。墓地効果が強力なので、《リィラ・トリート》よりも優先される事が多い。

Live☆Twin リィラ・トリート

効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 500/守 0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):「イビルツイン」モンスターの戦闘で自分または相手が戦闘ダメージを受けた時、墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は、その戦闘ダメージの数値分ダウンする。

自分フィールドの「キスキル」モンスターを参照して特殊召喚する事が出来る。《キスキル・フロスト》と比べると墓地効果がやや特殊で状況を選びがちではある。サーチが利くようになったので再評価されそうな1枚。

シークレット・パスフレーズの強さが底上げされる1枚

通常魔法
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ライブツイン」魔法・罠カード
または「イビルツイン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
代わりに「イビルツイン」モンスター1体を手札に加える事もできる。

強いサーチ先が登場した事で、結果的に《シークレット・パスフレーズ》の評価が上がるの良いですね。初動で3枚集めたのに結局1枚も使ってない人も少なからずいたと思うので、これは良い流れ‼

現に管理人も1枚しか使っていなかったので、これを機に3積みしていきたいと思います。

灰流うららを貫通し易くなったのは良い事

今までは《キスキル》or《リィラ》の効果に《灰流うらら》を投げられると、あとは《フロスト》or《トリート》の素引きでワンチャン生まれるみたいな感じでしたが、今後はそこから《Live☆Twinトラブルサン》で対応する貫通札をサーチするみたいなケアルートをとれるようになる訳ですね。

確かに地味ではあるけど、初動が通るかどうかは重要なので、これは嬉しい強化ポイントですよね~

マグネッツ1号2号の動画が気になりますね

閃刀姫のコスプレをしている「Live☆Twin」の動画も気になるんですが、それ以上に3位のマグネッツ1号2号の動画が気になってしょうがない……。

……というか、これってマグネッツ1号2号のコスプレをしているTuberなのか?それともマグネッツ1号2号本人たちなのか?…もうその時点で気になり過ぎるんですが……(;^ω^)

1位をとってる新キャラクター(ライバル枠)以上にマグネッツ1号2号が目立ってるのだめでしょw

新キャラクターは何者なんでしょうね?

《ブービーゲーム》の一幕が動画としてアップされているようですが、これって要するに、《Evil☆Twin》の2人が出し抜かれたシーンを盗撮して、それを動画にしてUPしたって事ですよね?

《ブービーゲーム》に描かれているマークが《I:Pマスカレーナ》の物であると仮定するなら、金を払って二人を出し抜いてもらい、その姿を盗撮したとかになるんですかね?

まぁ確かにお金持ちの高飛車お嬢様みたいなビジュアルですし、目的の為なら大枚叩く位なんて事なさそうではある……(超偏見)。

今後は、このキャラクターもライバル勢力としてカード化されたりするんでしょうか?そうなら良いなぁ…。

コメント

  1. さらなる初動札ありがてぇ

  2. マグネッツはメントスコーラドッキリでもしてるのかな

タイトルとURLをコピーしました