【@イグニスター新規】《キ-Ai》と《Ai-SHOW》の良さを考える

6月12日発売予定『アニメーションクロニクル2021』に収録される新規カードより、遊戯王ヴレインズの人気キャラクターである「Ai」の使用カード2枚をご紹介!

専用蘇生魔法《キ-Ai》と、相手の高打点モンスターを逆手に取る罠《Ai-Show》の2枚…。

どちらもvsプレイメーカー戦で使用した、印象深いカード達です。

スポンサーリンク

アニメーションクロニクル収録「@イグニスター」新規について

今回紹介している《キ-Ai》と《Ai-SHOW》は6月12日発売予定『アニメーションクロニクル2021』に収録される新規カードです。

キ-Ai(キアイ)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの攻撃力2300以上の「@イグニスター」モンスターが効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。
(3):このカードが除外された場合に発動できる。このターン、自分の攻撃力2300以上の「@イグニスター」モンスターは戦闘では破壊されない。

Aiドリング・ボーンと若干被ってるけどきちんと差別化できている1枚
【@イグニスター】における墓地蘇生カードと言えば、速攻魔法の《Aiドリング・ボーン》が印象的ですが、比較するとそれぞれ良さがちゃんと出ててうまく差別化できているのが分かります。
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):モンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時、墓地のこのカードと手札1枚を除外し、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「Aiドリング・ボーン」以外の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
《キ-Ai》の良さ
〇サイバース族縛り等のデメリット的を一切持たない
〇墓地効果で効果破壊に対する耐性を付与できるのは優秀
〇効果破壊耐性を付与する流れで戦闘破壊耐性も付与できる
《Aiドリング・ボーン》の良さ
〇速攻魔法である事(連撃などにも使える使い勝手の良さ)
〇不必要なハンドを墓地の任意の「Ai」魔法・罠カードに変換できる墓地効果は結構便利
ザックリ書くとこんな感じですが、一番の利点は蘇生札を複数散らして採用出来る事でしょうね!
名称ターン1の蘇生札はダブると弱いので、これは散らし構築が捗ります(/・ω・)/
つーか、墓地効果付きの専用蘇生魔法を2種類も持つ事になるのか……(;^ω^)トンデモネェナァ

Ai-SHOW(アイショウ)

通常罠
(1):EXモンスターゾーンに自分のリンク3以上の「@イグニスター」モンスターが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。攻撃力の合計が、その攻撃モンスターの攻撃力以下になるように、リンクモンスター以外の攻撃力2300のサイバース族モンスターをEXデッキから任意の数だけ選んで特殊召喚する。その後、バトルフェイズを終了する。

ジ・アライバル・サイバースを戦闘突破してきた相手に使うと面白そう

2体出す為には攻撃力4600以上のモンスターで殴られる必要があるんですが、これは《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》を立てる事で必然的に狙えそうですね……。

まぁ1体特殊召喚でも全然強いので、別に高望みする必要がありませんが、《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の戦闘突破を狙いに来る相手に対し、強制的なバトルフェイズ終了を叩きつけれるのは魅力的です。

……あ、でも、攻撃力5000ラインだったら《アクセスコード・トーカー》で突破しに来る事が多いから、バックはきっちり処理されてそうではあるなぁ…(白目)。

あと、《Ai-SHOW》を《ダークナイト@イグニスター》の効果トリガーにするのはお洒落だなぁーって思いました。

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り
このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

バトル終了とも噛み合っているし、残ったリソースで次のターンに滅茶苦茶出来そう…。

このタイミングで更なるAiカードが来るとは…

『ライトニング・オーバードライブ』で結構ガッツリ強化されていたので、「当分強化される事もないだろうなぁ~」と勝手に思い込んでいたんですが、まさかまさかの新規登場でした。

……この感じなら、ロボッピの【機塊】の追加強化にも期待できるかも?

とりあえず《扇風機塊プロペライオン》、《機塊リデュース》、《機塊コンバート》、《機塊コーティング》、《機塊リサイクル》の5枚のOCG化に期待!

0

コメント

  1. 機塊は枚数足りなさすぎてデッキの形を成さないしコンセプトも機能しないレベルなので、本当に早く枚数揃えて欲しいです…

    +1
  2. イグニッションアサルト?
    ライトニングオーバードライブでは?

    0
    • 失礼しました
      ライトニングオーバードライブです<(_ _)>

      +1
  3. キAi嬉しいですね~
    Aiドリングボーンはドヨンの(2)効果で回収して次のターン以降の備えとすることが多かったけど、同じ蘇生カードでもキAiは墓地に置いておきたいから、ドヨンの回収効果はめぐりAiとかに使うってプレイもアリですね

    +2
タイトルとURLをコピーしました