【新テーマ「魔救(アダマシア)」効果解説】相性の良いカード・テーマまとめ

『デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ』に収録される新テーマ「魔救(アダマシア)」と相性の良いカード・テーマをまとめてみました。

岩石族待望のチューナーという事で、そこら辺にも注目していきたい所です。

スポンサーリンク

新テーマ【魔救(アダマシア)】

「魔救(アダマシア)」チューナーモンスター

《魔救の追求者/アダマシア・シーカー》 
チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 

《魔救の探索者/アダマシア・リサーチャー》 
チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 100/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 

《魔救の分析者/アダマシア・アナライザー》 
チューナー・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1500/守 700
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 

3種類ともセルフの特殊召喚効果を持っていて、なおかつ②効果で非チューナーをフィールドに供給できる効果を持っています。

先攻では使い辛いですが、《魔救の分析者/アナライザー》に至ってはサイドラ条件で特殊召喚できるレベル4チューナーって相当な強さにみえます。

「アダマシア」非チューナーモンスターはこれらカードがあってこその性能なので、とにかく初動でこれらカードを如何に安定させるかが重要になりそうです。

②効果は、チューナー以外のレベル4以下の岩石族なら何でも良い所もポイントになりそうですね。

「魔救(アダマシア)」非チューナーモンスター

《魔救の奇石/アダマシア・クリスタ-レオナイト》 
効果モンスター
星4/炎属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分のフィールド・墓地の炎属性Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

 

《魔救の奇石/アダマシア・クリスタ-ラプタイト》 
効果モンスター
星4/風属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分のフィールド・墓地の風属性Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

 

《魔救の奇石/アダマシア・クリスタ-ドラガイト》 
効果モンスター
星4/水属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分のフィールド・墓地の水属性Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

 

「アダマシア」チューナーの効果で特殊召喚すると誘発する①効果が特徴。

パッと見た感じだと《アダマシア・クリスタ・ドラガイト》のドロー効果がシンプルに強いですが、《レオナイト》や《ラプタイト》の効果もデッキを回す上では重要な効果です。

とりあえず非チューナー側ばかり初手に来て動けないってのが怖いのですねぇ…。

「魔救(アダマシア)」シンクロモンスター

《魔救の奇跡/アダマシア・ライズ-レオナイト》 
シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/岩石族/攻2400/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):相手ターンに、自分の墓地に炎属性モンスターが存在する場合、自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

《魔救の奇跡/アダマシア・ライズ-ラプタイト》 
シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/岩石族/攻2200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):相手ターンに、自分の墓地に風属性モンスターが存在する場合、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

 

《魔救の奇跡/アダマシア・ライズ-ドラガイト》 
シンクロ・効果モンスター
星8/水属性/岩石族/攻3000/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主の手札に戻す事ができる。めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):自分の墓地に水属性モンスターが存在し、相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

いずれのモンスターも強力な効果を持っていますが、②効果を安定して発動する為には炎,風,水属性のモンスターの参照が不可欠になります。

結構ド派手にめくっているので簡単に墓地が肥えるような錯覚に陥りますが、実際はデッキトップやボトムに戻すのでそこまで墓地肥やしがうまい訳ではないので要注意です。

テーマ内でうまく補完できるに越した事はありませんが、これだと《ハリファイバー》とかを使って3属性供給を安定させた方が良いのかもしれません。

「魔救(アダマシア)」魔法・罠カード

《アダマシア・ラピュタイト》 
フィールド魔法
(1):自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、好きな順番でデッキの一番上に置く。

 

《魔救の息吹/アダマシア・サイン》 
通常魔法
(1):自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。

 

《魔救の救砕アダマシア・リリーブ》 
通常罠
(1):自分フィールドの「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、その数+1枚だけフィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

《魔救共振撃/アダマシア・レゾナンス》 
カウンター罠
(1):自分フィールドに「アダマシア」Sモンスターが存在し、モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

とりあえず《アダマシア・ラピュタイト》のトップ5枚積み込みが凄い。

その他のカードに関しても、蘇生&デッキからの積み込み、変動式もゴドバ、カウンター罠と良いのが揃っている印象です。

安定してアクセスする方法が「ライズ・レオナイト」位しかないので、初動としてレベル6シンクロの二種が重要な役割を担うのは間違いなさそうです。

相性が良さそうなカード

水晶機巧-ハリファイバー

《水晶機巧-ハリファイバー/Crystron Halqifibrax》 
リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 

チューナーだらけになった際に無理やり動くのに重宝しそう。《リンクロス》を使えば無理やり非チューナーを供給する事出来ますしね。

レッド・リゾネーター

《レッド・リゾネーター/Red Resonator》 
チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/悪魔族/攻 600/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

 

非チューナーだけ来て硬直するのをケアする為に使いやすい2チューナーを採用するのはアリかも?とりあえずレベル6シンクロ2種にアクセスできるのは〇

コアキメイル

「魔救(アダマシア)」チューナーモンスターの効果で特殊召喚できるモンスターが多いのが最大の強み。素引きしても最低限の働きはしてくれるし、維持コストも余裕でクリアできそうです。

フォッシルダイナ・パキケファロ

《フォッシル・ダイナ パキケファロ/Fossil Dyna Pachycephalo》 
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1200/守1300
(1):このカードがリバースした場合に発動する。フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。

 

「魔救(アダマシア)」チューナーモンスターの効果で特殊召喚出来るし、《アダマシア・ライズ-レオナイト》で相手ターン蘇生できるのも良い感じ。ただし、展開テーマなので自分の展開を阻害する可能性は高い。うまくOFFに出来る構造が今の所見えないから無しよりか?

ゾンビキャリア

《ゾンビキャリア/Plaguespreader Zombie》 
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
(1):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

デッキトップを固定する効果。レベル2チューナーである事など、相性の良い点が非常に多い。

シューティング・スター・ドラゴン

《シューティング・スター・ドラゴン/Shooting Star Dragon》 
シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
Sモンスターのチューナー1体+「スターダスト・ドラゴン」
(1):1ターンに1度、発動できる。自分のデッキの上から5枚めくってデッキに戻す。このターンこのカードはめくった中のチューナーの数まで攻撃できる。
(2):1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する効果の発動時に発動できる。その効果を無効にし破壊する。
(3):1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に攻撃モンスターを対象として発動できる。フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
(4):この(3)の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。このカードを特殊召喚する。

 

デッキトップ5枚固定(ラピュタイトシナジー)が熱い。ただし展開するのがちょっと難しそう。

星見獣ガリス

《星見獣ガリス/Gallis the Star Beast》 
効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 800/守 800
手札にあるこのカードを相手に見せて発動する。自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、そのカードがモンスターだった場合、
そのモンスターのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与えこのカードを特殊召喚する。そのカードがモンスター以外だった場合、このカードを破壊する。

 

トップ操作で宣言楽々。うまく使えば大きなアドバンテージを得られそうです。

デーモンの宣告

《デーモンの宣告/Archfiend’s Oath》 
永続魔法
(1):1ターンに1度、500LPを払い、カード名を1つ宣言して発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくり、宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。違った場合、めくったカードを墓地へ送る。

 

トップ操作するので宣言楽々。名称ターン1も無いので汎用ドロー札として使える気がします。最悪外しても墓地に送られるのは偉い。

真実の名

《真実の名/The True Name》 
通常魔法
「真実の名」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくり、宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。違った場合、めくったカードを墓地へ送る。

 

トップ操作するので宣言楽々。神を混ぜた構築でサティスファクションする用。

繁華の花笑み

《繁華の花笑み》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「繁華の花笑み」の数+3枚を自分のデッキの上からめくる。その中に3種類(モンスター・魔法・罠)のカードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードを墓地へ送る。無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。

 

《アダマシア・ラピュタイト》と併用する事で3種達成を安定させることが出来る。アドを失わずに墓地を肥やせるのは理想的ですが、シナジーあってのカードなので少し怖い。

ブロック・ドラゴンは流石にきついか?

《ブロック・ドラゴン》も使いたいけど、地属性モンスターがチューナー側にしかいないのが気になり所。

綺麗に回ってるときは問題ないと思うんだけど、流石に素引きしたら困りそうだし………厳しいか?

とりあえず安定して回せるかどうかが重要なテーマだという事は分かりますね。

宣伝:遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

コメント

  1. デッキボトム操作とドローで一撃必殺居合いドローを使いやすくする?とか

  2. 発掘がテーマとは面白いですね。財宝とかバクダンとか発掘で出てきそうなカードを混ぜて遊びたい。

    掘り進めてデッキをぐるっと一巡させることができるなら居合ドローも使えそうですね。
    1回の効果で5枚掘れるのでいけそう感はある。問題は記憶力だ。

    • 完全記憶能力持ってたらいけそう(VG並み感)

  3. スラッシュバスターとも相性がいいように見えますがやっぱあっちは専用で組んだ方が安定するかなぁ
    あとは岩石の番兵とかですかね

  4. アダマシアマアトがはかどるな、マアトにアクセスしてフィールドはれればいつでも3000打点+手札補充ができる

  5. ☆4非チューナーアダマシアはレオナイト、ラプタイト1枚ずつ。チューナー組をガン積み、メインに番兵やジャイアントレックス、コアキメイル岩石、干ばつ等にすれば、ブロックドラゴン搭載可能です。(サーチは岩投げor御影)

    ドラガイト自体は間に☆6水属性シンクロ(白闘気海豚等)を挟めば条件達成できるので、☆4ドラガイトは必須では無いです。

  6. ジムのカードがocg化する前に発掘テーマが出てきてしまった…

  7. 岩石といえばブロックゴーレムもいいですよ
    地属性以外の石たちは同属性を回収しつつ墓地からいなくなってくれるので相性も悪くないです

  8. 四属性揃ってるからダーク・ドリアードもいける
    デーモンの宣告で3枚増やしてドゥローレンでバウンス、発動とトップ操作でもう3枚引き込むのも楽しそう
    ドラガイトでハリファイバーともども使いまわせるのもいいね

  9. 探索者かわいい

  10. ブリリアントで好きな属性落とすのもいいですね

  11. 岩石族チューナーかぁ、いいね。残りの2テーマも気になる。…ところであの表紙の金ピカ、黒魔力の精製者に似てない?まさか又魔法使い強化か?

    • アンデット…

  12. 電磁石と組み合わせてみる予定です。
    ブロックドラゴンの効果もフル活用できますし。
    無理なく5.6.7.8シンクロが狙えるので幅も広がりそうです。

  13. テーマ内に☆2非チューナーがいてくれればテーマモンスターだけでスタダ+フォノンでシュースタラピュタイトグォレンダァになるのに

  14. 魔救の奇跡ドラガイトはグレイドルスライムJrの効果を使っても出せるシンクロということで、グレイドルデッキに採用してみたいです。(出す余裕があるか分かりませんが…)

  15. 途中でユニオンキャリア+岩石族の盤面が作れるとデッキからブロックドラゴン装備して装備モンスターを墓地に送る事で3枚サーチできます。
    装備対象がブロックゴーレムで効果発動できる状態ならラグも少ないです

タイトルとURLをコピーしました