【ストラクR】代行者の近衛ムーン、天空の聖水等新カード公開・感想【ロスト・サンクチュアリ】

8月7日発売『ストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ』に収録される新カードの情報がYU-GI-OH.JPで公開されました。

今回公開されたのは、《代行者の近衛ムーン》,《冥府の執行者プルート》,《天空の聖水》の3枚と、再録カードが計9枚。いずれも強力なカードばかりの豪華なラインナップとなってます。

スポンサーリンク

ストラクチャーデッキR:ロスト・サンクチュアリ収録カード情報

代行者の近衛ムーン

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻1800
【リンクマーカー:右/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「天空の聖域」またはそのカード名が記されたカード1枚を墓地へ送る。フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、代わりに自分のデッキ・墓地から「神秘の代行者 アース」1体を選んで手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの天使族モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

きゃすと
きゃすと

本ストラクは場・墓地の《天空の聖域》を参照するカードがとにかく多いので、①効果による埋葬はかなり優秀。そして、アースはサーチ効果を持っているので、実質サーチのサーチ札!埋葬効果で《マジェスティ・ヒュペリオン》を落とすのも強いですね!
②効果は自身をリリースして発動する事も出来てシンプルに強いです。

 

チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻1000/守 800
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「神秘の代行者アース」以外の「代行者」モンスター1体を手札に加える。
フィールドに「天空の聖域」が存在する場合、手札に加えるモンスターを「マスター・ヒュペリオン」1体にできる。

天空の聖水

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから、「天空の聖域」1枚を発動するか、「天空の聖域」のカード名が記されたモンスター1体を手札に加える。その後、フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、自分フィールドの「ヒュペリオン」モンスター及び「代行者」モンスターの数×500LP回復できる。
(2):「天空の聖域」のカード名が記された自分のモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

きゃすと
きゃすと

《天空の聖域》または《天空の聖域》のカード名が記されたモンスターをサーチできる通常魔法。サーチだけでも優秀なのに、回復ボーナスと墓地からの身代わり効果まで完備しているとは恐れ入ります。勿体ない気もしますが、《代行者の近衛ムーン》で直接墓地に送るのもアリか?

冥府の執行者プルート

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻2300/守 0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名はルール上「代行者」カードとしても扱う。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地からモンスター1体を除外し、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「天空の聖域」1枚を選んで手札に加える。

きゃすと
きゃすと

これ、レベル5汎用シンクロでは?

フリーチェーン化する為には《天空の聖域》が必要になりますが、自分ターンに使う分には問題ないですし、シンクロ・チューナーである事を考慮すると1面処理しながら展開に繋げる中継として申し分なし!
《ハリファイバー》から出せるのも偉いし、自分のモンスターも対象にとれる!いわばシンクロチューナーの《召喚獣ライディーン》!強い!

……とりあえず《ゼラの天使》を除外して発動したいぜぇ……。

 

 

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ゼラの天使」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は除外されている
相手のカードの数×100アップする。
(2):このカードが除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

再録カード

《朱光の宣告者》と《イーバ》は「ドライトロン」需要で高騰していたのでかなり熱いですね!長年再録の無かった《聖光の宣告者》が再録されてるのも地味に嬉しいです。

SR12-JP010 《大天使クリスティア》
SR12-JP018 《朱光の宣告者》
SR12-JP020 《イーバ》
SR12-JP025 《パーシアスの神域》
SR12-JP028 《強制転移》
SR12-JP034 《神罰》
SR12-JP036 《裁きの天秤》
SR12-JP041 《聖光の宣告者》
SR12-JP042 《天空神騎士ロードパーシアス》

8月7日発売予定!

新規によってサーチや墓地肥やし力がかなり補強されている印象なので、かなり安定感のあるテーマとして新生しそうな予感……。新規カードはどれも強いし、これは結構期待できそうです!

+2

コメント

  1. 天使族リリースとかまた神巫入れたくなるやつ?
    いろんなデッキで使いたいから再録あると嬉しいけど

    0
    • 基本的に単行本付録の再録は無いんですよね
      かなりの頻度で再販しているので本屋に置いてあったらその都度購入した方が良いかと

      0
  2. ここまでの判明分だけでもすでに相当内容良いです。
    この出来を考えたらストラクR継続なら次の暗黒界も相当内容良さそうです。

    +1
  3. 近衛ムーンは、ドレミコードに入るのかその辺は気になるね

    0
    • だから何故カテゴリを混ぜようとするのか

      +3
  4. 冥王星だけ代行者って付いてないの凝ってて良いっすね

    +1
  5. ムーンの方式でなら衛星のある惑星の代行者のサポートとして新規を無限に近い数作れる可能性が?

    0
タイトルとURLをコピーしました