【氷結界の虎王ドゥローレンエラッタ?】トリシューラの鼓動等、氷結界新規に対する感想

YU-GI-OH.JPにて、2020年11月21日発売『ストラクチャーデッキ-凍獄の氷結界』に収録される新カードの情報が2枚ほど公開されたので、その内容に対する感想・カードの活用法について書いてみました。併せて、エラッタされたドゥローレンのテキストについても触れています。

※効果はいつも通りソース元で確認していただけると助かります。

スポンサーリンク

氷結界ストラク新カード情報

収録:【ストラクチャーデッキ-凍獄の氷結界】

氷結界の晶壁の耐性はきまれば結構強そう

カード発動の処理効果として蘇生効果を持つ永続魔法ですが、自分フィールドに「氷結界」モンスターが3体以上存在すると超強い耐性が発生するおまけがついています。

3体以上存在するという条件は軽くはないですが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターが発動した効果を永続的に受けないってのは耐性として相当強いですね。

メインデッキの「氷結界」が持つメタ効果+こういった魔法・罠で更なる妨害を仕掛けるのが今回のストラクの要になるんでしょうか?

随身のセルフ蘇生に縛りがついていた理由が何となくわかりました…(;^ω^)

トリシューラの鼓動強くない?

自分フィールドの「氷結界」シンクロモンスターの種類を参照し、フィールド除外・墓地除外・手札除外と尻上がりに効果が強くなるタイプの罠カード。3種類達成するとトリシューラが完成するってのが面白いですね。

墓地効果が強力なので、とりあえず墓地に落としておけば「氷結界」Sモンスターを対象とする魔法・罠・モンスター効果を弾けて良い感じです。

①②どちらも「氷結界」Sモンスターに依存する効果ですが、意識して組めば良い働きをしてくれそうです。

あと、《疾風のドラグニティ》に引き続き、DTサブタイシリーズカードですね。ただ、その影響でサーチができなくなっているので、良くも悪くもって感じです。

…ま、元々罠ビする事になるっぽいし、《トラップトリック》で引っ張れば良いか!

ドゥローレンのエラッタ&再録カードについて

氷結界の封魔団
氷結界の舞姫
氷結界の大僧正
魔知ガエル
粋カエル
氷結界の虎王ドゥローレン
サルベージ
虚無空間(ヴァニティー・スペース)
《サルベージ》の再録は待ち望んだ人も多いのでは?あと、《虚無空間》を入れるって事はマジで罠メタビ寄りのデッキって事なんでしょうか?
あと、《氷結界の虎王ドゥローレン》のエラッタも驚きました。《ドゥローレン》と言えばバウンス効果を使ったループが有名ですが、名称ターン1になった事でそれが不可能になってますね…。

これは「氷結界」内外問わず影響の大きい変更点だと思うので、各自要チェックです!

ドゥローレンエラッタのインパクトが凄かったです

長年あの効果で慣れ親しんだ人が多いカードだけあって、このエラッタの反響は大きそうです。

実際問題、ドゥロと言えばループみたいなイメージは強かったですからねぇ……。

……でも、エラッタ個所をちゃんとアナウンスしてくれるようになったのは良い事ですね。

コメント

  1. もうソイル君との反復横跳びが見れないなんて悲しい時代になったものですねぇ

  2. ドゥロで使い回せるから晶壁は悪くないけど
    鼓動は氷結界S3体並べられるならそもそも殺せるだろうし
    2体以下の効果じゃ所詮1:1交換で天龍雪獄とかでもいいわけだし正直全く強くはないと思う

  3. 氷結界が人気だったので強化デッキ出します!(弱体化させないとは言っていない)
    鼓動は氷結界Sが新トリシュ以外相手ターンに耐性・リカバリ効果等が無いバニラって所が何とも
    ブリュ、グング、ドゥロなら鼓動伏せるよりチューナー出してクリスタルとかサベージ、水縛りでもドラガイトにって事が多そうな印象です

  4. ドゥローレンを弱体化させないといつまでたっても氷結界はマトモな強化を貰えないのでようやくエラッタのタイミングが来たなって感じですね
    いつかやらなければいけない問題でしたがようやくです

タイトルとURLをコピーしました