【スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン効果考察】奇跡のトリプルチューニング!どう出す?

12月21日発売『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)に収録されるライバル枠新規が公開されたという事で、今日からはそれらカードの特集記事を集中してお送りします。

特集一発目は、我らがジャックの新カード《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》

超新星の名を冠する奇跡のトリプルチューニングモンスターに注目です。

スポンサーリンク

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
②:フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
③:1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
④:このカードの③の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。除外されているこのカードを特殊召喚する。

攻撃力5500!見た目よりもずっとデカイぞ!

DSCF3185

スカノヴァを踏襲したチューナー参照の打点上昇効果を備えており、素材指定の関係で最低打点保証ラインは5500という高さです。12シンクロかつトリプルチューニング指定と考えれば妥当ではありますが、並大抵のモンスターには競り負ける事が無い打点なのは大きな強みです。

打点的に《希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に撃ち負ける心配はありませんし、③効果のおかげでモンスター効果による処理に対しても疑似的な耐性を持っていると言えます。

弱点は破壊を介さない魔法・罠による除去

戦闘面・対モンスター効果面では頼もしい存在のスーパーノヴァですが、”破壊を介さない魔法・罠による除去”や、”「壊獣」等によるリリース”、”《超融合》等”は普通に苦手です。

まぁでも、ここに更に対象にとれないとか効果を受けないとか付けちゃうと流石にやり過ぎだと思うので、この隙は妥当なラインだと思います。

非チューナー側に指定が無いのが地味にデカイ

スカノヴァ(レモン指定)、カラミティ(闇ドラゴン族シンクロ指定)と比べ、非チューナー側の指定が格段に緩いのがポイントです。

まぁ、チューナー側で3体要求されているのに更に非チューナー側でまで指定されてたらトンデモナイ話ですけどね(笑)。

展開方法について

リゾネーターシンクロの場合:レッドライジング効果が熱い

《レッド・ライジング・ドラゴン/Red Rising Dragon》 
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守1600
悪魔族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の「リゾネーター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスター2体を特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

《レッド・ライジング・ドラゴン》の②効果で「リゾネーター」を2体供給すれば、比較的簡単にトリプルチューニングが可能になるはず。ただし、意外とレベル1「リゾネーター」を2体墓地に用意するのって難しいので、それは事前に意識しておいた方が良いです。

このルートで出す場合は、レベル8シンクロモンスター、レベル2チューナー(レッド・リゾネーター推奨)、レベル1リゾネーター×2で展開する事になると思います。

ジャンク・スピーダーを使った展開

《ジャンク・スピーダー/Junk Speeder》
シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

 

スーパーノヴァを一番簡単に出せると話題なのがコチラ。

《ジャンク・スピーダー》の効果で合計12になる組み合わせで「シンクロン」チューナーをリクルートするだけでOK!組み合わせ的には5.4.2.1になるので、レベル4.2.1の「シンクロン」チューナーをリクルートすると成立します。

ジャックデッキに《ジャンク・スピーダー》を出張させるのは少し難しいので、これは【シンクロン】での運用方法って所だと思います。ただ、一番出しやすい方法である事は間違いなさそうです。

追記:《サイバース・シンクロン》経由・《ジェット・シンクロン》経由等、ルート的にもっともっと得できる物がありそうです。特にレベル4込みだと色々不都合が出てくるので、そこを回避するルートを模索した方が良さそうですね。

他のレベル12レモンと比較してみよう

素材指定が全然違うので比較すること自体に大した意味が無いとは思いますが、せっかくなので比較してみました。レベルは同じだけどそれぞれ良さがあるよね。

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+「レッド・デーモンズ・ドラゴン」
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):相手モンスターの攻撃宣言時にその攻撃モンスター1体を対象として発動できる。フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
(4):このカードの(3)の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。除外されているこのカードを特殊召喚する。

 

性能自体はスーパーノヴァの方が上ですが、素材の軽さで十分に差別化出来ているとは思います。あっちは文字通りスーパーノヴァって感じの効果ですよね(こっちの方が小回りは利く)。

えん魔竜王レッド・デーモン・カラミティ

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3500
チューナー2体+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。この発動に対して、相手はカードの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):このカードが相手によって破壊された場合、自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

制圧盤面に叩きつけて押し込んでいくなら断然こっちの方が上ですが、そもそも用途が違うから比較する意味は薄いですよね。逆にこっちは先攻で立てても…って感じのカードです。

この絶妙な隙がジャックらしい

高難易度な召喚条件+超豪快効果の組み合わせ!しかし、絶妙な弱点が用意されている。…この絶妙かつ独特な隙が実にジャックらしいですよね(笑)。

しかし、処理方法がある程度限られているというのは事実であり、展開ルートさえきちっと確保できれば強力な武器になる事は間違いないはずです。

……スピーダーを使う使わないは個々で判断するとして、超新星なるスカノヴァの力を早く体験したいものです。

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ LEGENDARY GOLD BOX

遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv

コメント

  1. リミットオーバードライブならチューナー三体も用意せずに出せますが攻撃力があまり上がらないのがたまに傷ですね

  2. ブンボーグ003,1枚でスーパーノヴァまで行けますね
    003召喚、
    003召喚時効果で001特殊召喚、
    2体でハリファイバーリンク召喚、
    ハリファイバー召喚時効果で001特殊召喚、
    2体でアウローラドンリンク召喚
    アウローラドンリンク召喚時効果で
    幻獣機トークン×3体特殊召喚、
    001誘発効果×2でそれぞれ特殊召喚、
    アウローラドン起動効果で
    トークン2体リリースオライオン特殊召喚、
    オライオンとトークンで
    星杯の巫女イヴシンクロ召喚、
    イヴ召喚時効果で星遺物を継ぐものを手札に、
    オライオン効果で幻獣機トークン特殊召喚、
    継ぐもの発動オライオン特殊召喚
    オライオンとトークンで
    Lv.5非チューナーシンクロをシンクロ召喚
    001×2,イブとLv.5(1+1+5+5)でスーパーノヴァ
    墓地にチューナー4体で攻撃力+2000

    • ハリとイヴのお蔭でブンボーグが何でも出来て楽しい
      ブンボーグとレモン系列が好きな自分にピンポイントで刺さっててびっくり

  3. スピーダーからだと3.2.1(ジェットシンクロン)で、スピーダーとジェットロンでスタダウォリアー出して1ドローをコストにジェットロン蘇生して6.3.2.1.ってのもありかもしれないですね

  4. スピーダー展開ですが4だとデメリット付きになるんでロードシンクロンで5223にする方が良さそうです

  5. サイバースシンクロン使うと1(2)、2、3で出せますね

  6. レベル4のシンクロンはデメリットが重いのでロードシンクロン、2、3のほうがいいのでは?

  7. サイバースシンクロンの効果使えばレベル4なしでいけますよ

  8. スピーダー経由はルート選択が重要になりそうですね。
    サイバース・シンクロンやジェット・シンクロン経由はホント良いと思います
    毎度ながら参考になります!

  9. 昔ながらの手ですが、ファランクス暴走召喚でも出せますね
    スカノヴァにはお世話になったなぁ

タイトルとURLをコピーしました