《身代わりの闇》イラスト・効果公開!彼岸とかワイトで使えそうな効果【20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION】

公開日: : 罠カード

『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』の収録される新カードが公開されました。

今回公開されたのは、劇場版で海馬が使用した罠カード《身代わりの闇》 。

《千本ナイフ》を無効にする為に使用し、やたら凄いクオリティの作画で《闇・道化師のサギー》を墓地に送ったカードですよね(あのシーン好き)。

SPONSORED LINK

『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』収録新カード情報

《身代わりの闇》

《身代わりの闇》 
通常罠
(1):フィールドのカードを破壊する相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果を無効にする。その後、デッキからレベル3以下の闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

無効と墓地肥やしを同時に兼ねる!

条件が限定的なので腐り易いのが玉に瑕ですが、無効と墓地肥やしを同時にこなすポテンシャルは中々のものです。

墓地に落とす候補としては、「幻影騎士団」「彼岸」「ワイト」等がパッと思い浮かびました!

自分の能動的な破壊効果もトリガーに出来たらもう少し使い易そうだったのですが、それは許されなかったみたいですね(笑)。

ヴェルズにしか見えないイラスト

劇場版のカードですが、イラスト自体はヴェルズの瘴気にしか見えませんね。

まぁ直接原作に関係があるカードでもなさそうですし、深く考えるだけ無駄か…。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-02-09)
売り上げランキング: 4
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    彼岸にも入らなくはないと思うけど、枠カツカツな状態から無理に枠割いてまで入れたいカードじゃない
    タダでさえ彼岸はケルビ、グラバ、スカラマ、ベアト、(ダンテ)の墓地肥やしだけでデッキから彼岸無くなるのに

  2. 匿名 より:

    コストじゃなくて効果で墓地に送りたかったんだろうけど
    無効にした後墓地送りってなんかあのシーンと合わないな

  3. 匿名 より:

    カノンとクローを落とせると思ったけど思っただけだった

  4. 匿名 より:

    うーん、インヴェルズ・オリジンに見えて仕方ないですけどね

  5. 匿名 より:

    融合しない師匠軸で魂防衛用に使えるっちゃ使えますね。
    効果でロッドを墓地に送れますし。

  6. 匿名 より:

    レベル制限は要らないでしょ…(悪魔の嘆きを見ながら)

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【武神姫-アハシマ効果考察】トークン(フォトン・サンクチュアリ)で展開可能!このカードを一番うまく使えるテーマは何だ?

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《武神姫-アハシマ

【LVP3】武神器アハシマの収録・効果公開!同じレベルのモンスター2体で出せるエクシーズサポート!トークンも使える

遊戯王OCG公式ツイッターにて、11月23日発売『リンク・ヴレ

【幻獣機アウローラドン・効果考察】ハリファイバーから出る爆アド機械!コルトウィングが超絶強化されてしまった

▲やっほー!またまた大暴れ! 『リンク・ヴレインズ・パック3』に

【レプティレス・エキドゥーナ・効果考察】レプティレス・ヒュドラで大量サーチ!ヴァースキサーチから特殊召喚までの流れが美しい!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《レプティレス・エキド

【零氷の魔妖-雪女の③効果の処理について】馬頭鬼が効果発動した際の処理として正しいのはどれなのか?

昨日UPした《零氷の魔妖-雪女》の記事の中に、『③効果は《馬頭

【零氷の魔妖-雪女・効果考察】翼の魔妖-波旬1枚から展開可能!不知火を封殺する強烈なメタ効果!1ターン中2回までテキストの暴力!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《零氷の魔妖-雪女

【幻奏の華楽聖ブルーム・ハーモニスト効果考察】アリアエレジーロック再び!誓約が重いから出張させるのは結構難しめです

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《幻奏の華楽聖ブルーム

【魔界劇団-ハイパー・ディレクター効果考察】デッキから任意のPモンスターをPゾーンに置ける!メローマドンナ過労死不可避!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《魔界劇団-ハイパー・

→もっと見る

PAGE TOP ↑