【遊戯王カードになったコナミゲーム作品たち】元ネタを知ればもっと楽しいッ!【リンク集】

公開日: : 最終更新日:2017/09/05 雑談

そこにゲームネタカードがあり続ける限り
私はそれを追い求める事を止めない…

※:過去に作成した記事のリンク集です
記事内容にも変更点が結構あります~

SPONSORED LINK

各記事へのリンク集

シューティングゲーム編(パート1)

シューティングゲームの金字塔『グラディウス』シリーズが元ネタのカードを大特集。数年ぶりに登場する《巨大要塞ゼロス》によって管理人のテンションは最高潮ッ!

アサルト・コアもそろそろ出てくれて良いのよ!?

関連記事:【シューティングゲーム編その1:グラディウス

シューティングゲーム編(パート2)

kona5

【シューティングゲーム編(パート2)】は「トライゴン」「ゼクセクス」「パロディウス」シリーズなどを大特集。意外なあのモンスター達も実は元ネタはゲームだったりします…

関連記事:【シューティングゲーム編その2:トライゴンなど

アクションゲーム編

henge

「ゴエモン」「ドラキュラ」「月風魔」など、コナミアクションの名作たちが続々登場。「ゴエモン」強化と「悪魔城」のカテゴリ化…来ても良いのよ!?

関連記事:【アクションゲーム編:ゴエモン・ドラキュラなど】

その他ゲーム編

motoneta6

その他ゲーム編では【スポーツ】【音ゲー】【アニメ作品】と残ったキャラクターをババッと解説。
トマボーや脳開発研究所もこちらに入ってますぞぉ~

関連記事:【アクションゲーム編:ゴエモン・ドラキュラなど】

趣味に走り過ぎました…

過去に作成した記事を今回はまとめてみました。そもそもこの記事自体が趣味に走り過ぎてて需要はほとんどないっていう…ね、「でも認めない…僕は、絶対に認めないぞ…。」

まぁ、ショップでカード漁りしてる時にでもふと思い出してもらえると幸いです…。

追伸:コナミさん…これからもゲームネタシリーズ期待してます。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    元ネタいいですよね
    クトゥルフや堕天使なんかの元ネタも詳しく知りたいです

  2. TMY より:

    こいつらにこんな元ネタがあったとは…

  3. ゲス顔ダブルエックス より:

    コメントでちょっと出ただけの、それもなんだか否定的に見え兼ねないモノにもこう言う形で反応してあげてるここの管理人は良いヤツだとおもうよ、うん。

    ただ自分が好きだから知って貰いたいだけかも知れないけどね(笑)

  4. フォーチュントリニティ2大好き! より:

    トマボーがゲームが元ネタって事を初めて知りました(笑)
    所で前から思っていたのですが、なんでトマボーの顔が檻?の所に貫通しているのでしょうか?

  5. 匿名 より:

    コナミのゲームはもう…

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【20thアニバーサリーセット】プレマ,スリーブ,デッキケースのカードデザイン全集!《肉眼で確認する作業》

『20thアニバーサリーセット』に同梱されていたプレマやスリー

【詐欺行為にご用心】初期カードと復刻カード・パックの見分け方!偽造防止ホロ、スタジオ・ダイス表記をチェック!

本来ならこんな内容の記事は書きたくないのですが、復刻版のカード

【20thアニバーサリーセット&復刻パック「vol.1」開封/レビュー】3パックでブラックマジシャンは果たして出るのか?

なんとか無事『20thアニバーサリーセット』を定価で購入出来ま

【遊戯王vol.1,強くてオススメ当たりカード5選?】ガイア,ブラマジ,ブラホ,地割れ,落とし穴各3枚で財布ポイントのピンチ!?

【注意】本記事は「復刻版vol.1」をあたかも最新パックかの如

【レベル7シンクロモンスター・一覧から選ぶオススメカード】月華竜,ブラロ,クリアウィングなど(シューティングライザー追記)

本記事は、レベル7のシンクロモンスターのオススメカードを推薦・

【20thアニバーサリーキャンペーン第7弾・購入案】くじを引く為に!《20thアニバーサリーセットを買えない場合》

明日は『20thアニバーサリーセット』の発売日かつ、『20th

【リターン・オブ・アンデットの使い方・効果考察】アンデットネクロナイズで奪取したモンスターを除外しよう【提案】

『ストラクR-アンデットワールド』新規判明考察記事第三弾は、フ

【真紅眼の不屍竜/レッドアイズ・アンデットネクロドラゴン考察】アンデットワールドへの依存性は高いがデッキ次第では普通に汎用

『ストラクチャーデッキR‐アンデットワールド』に収録される《真紅眼

→もっと見る

PAGE TOP ↑