《ティンダングル・ジレルス》効果考察:魔神童イントルーダーシステムでアドバンス召喚も面白い?

公開日: : モンスターカード

本記事は、「ティンダングル」デッキを大きく飛躍させる新規カード、《ティンダングル・ジレルス》のテーマ外での使い方について考えた記事です。

本来想定されている動き(テーマ運用)とは少しずれた内容ではありますが、これはこれで結構面白いと思うので、お読みいただければ幸いです。

SPONSORED LINK

ティンダングル・ジレルス

《ティンダングル・ジレルス》 
リバース・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 0/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「ティンダングル・ジレルス」以外の「ティンダングル」カード1枚を墓地へ送り、このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「ティンダングル・ジレルス」以外のリバースモンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

 

墓地肥やししながら展開してリバースでサーチor墓地肥やし

このカードの役割は、墓地肥やし・展開・サーチの3つ。

手札コストこそ必要ですが、デッキから任意の「ティンダングル」カードを墓地に送りつつ裏側守備表示で特殊召喚する動きはとても便利です。

特に《ティンダングル・イントルーダー》,《ティンダングル・ドロネー》との相性は抜群で、状況さえ整っていれば、このカードを起点に複数のモンスターを並べる事が出来ます。

《ティンダングル・イントルーダー/Tindangle Intruder》 
リバース・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守 0
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「ティンダングル」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ティンダングル」カード1枚を墓地へ送る。
(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが裏側守備表示で特殊召喚された場合に発動する。このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する。

 

イントルーダーとの相性
墓地に置いておくと③効果で特殊召喚できるのでとっても便利。
なお、《ジレルス》の①効果による特殊召喚と墓地肥やしは同タイミングの為、《イントルーダー》を墓地に落としつつSSって動きは出来ないので要注意。※《ジレルス》のコストで《イントルーダー》を捨てた場合は《ジレルス》SSで《イントルーダー》の③効果トリガーになれる。

《ティンダングル・ドロネー/Tindangle Delaunay》 
通常罠
(1):自分の墓地に「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在し、相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。その攻撃モンスターを破壊し、EXデッキから「ティンダングル・アキュート・ケルベロス」1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ティンダングル」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

 

ドロネーとの相性
墓地肥やし力を強化されたことで《ティンダングル・ドロネー》の②効果の安定性もやや向上。「ティンダングル」カードを落とせる部分を有効活用した魅力的な動きが誕生しました。※必ず3体対象にする必要があるので要注意。

アドバンス召喚の為のジレルスイントルーダー

本来なら②効果のサーチor墓地肥やし範囲(リバースモンスターなら何でもOK)の広さに着目する所ですが、今回は召喚権を使わずに2体並べられるギミックに注目してみました。

と言っても…、《ティンダングル・ジレルス》の①効果で《ティンダングル・イントルーダー》を送っても展開にはつながらない為、コンボと言うには不十分。…これは更なる1枚が必要だ!

魔神童がかみ合えば色々噛み合って面白い

《魔神童/Terrifying Toddler of Torment》 
リバース・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから悪魔族モンスター1体を墓地へ送る。

 

①効果は《ジレルス》の①効果に伴うコスト・②効果と相性が良く、②効果は悪魔族である「ティンダングル」全体と相性が良いという二段階シナジーを持っているカードです。

《ジレルス》の裏側特殊召喚だけで《イントルーダー》の条件を安定しきる事は困難でしょうし、二段構えで《イントルーダー》をサポートしてやるのは色々と都合が良さそうです。

…まぁ、アドバンス召喚サポートだけだったら「魔神儀」を使うのもありですが…

「更にエクストラも自由に使いたい!」とか「デッキスロットにゆとりが欲しい!」等々、ちょっとした欲張りを満たすアイディアとしては面白いんじゃないでしょうか?

「裏側守備表示モンスター3体をリリースして神を召喚!」とか結構なレアシーンw

リバースなら何でもサーチor墓地肥やしってだけで可能性は十分!

リバース効果(モンスター)ってだけで軽視される傾向はありますが、リバースモンスターなら何でもサーチor墓地肥やしって相当な性能ですよね…(凄い)。

まぁ流石にアドバンス召喚サポート運用は暴論でしょうけど、展開に伴う誓約が一切ないってのは可能性を感じます。…初動安かったら3枚集めておこっと(*´з`)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    とある動画だとADチェンジャーやメタモルポットを入れた構成でリバース軸で戦ってました

  2. 匿名 より:

    イントルーダーがレベル6悪魔族なのでデーモンの召喚デッキに絡められたりしないかなぁと夢想中です
    ジレルスが将星のアドバンス召喚サポートになりますが、それだけじゃシナジー薄いかな

  3. 匿名 より:

    レベル3悪魔族でリバースモンスターをサーチ出来るなんて可能性の塊

  4. 匿名 より:

    ティンダングル・エンジェルと一緒に他のリバースデッキに出張させるのもいいですね。

  5. 匿名 より:

    リバースデッキにエンジェルとイントルーダーを出張させていたのでドロネーも使えるような有能出張要員を待っていましたが、ジレルスは3種類目の出張要員として文句なしの性能ですね
    その上ドロネーを直接墓地に送れるのは最高と言う他ないです

    相手エンドにドロネーで3体蘇生からイントルーダーとジレルスリバースでジレルスorエンジェル+任意のリバースサーチ、2体でマリスの妖魔リンク召喚からのエンジェルリバースで墓地のジレルスセットでイントルーダーセット、マリスの妖魔の効果で任意のリバースサーチから、任意のリバース墓地に送って手札のリバースssという爆アドムーブをかませます

コメントを残す

【忍者デッキ特集】変化・超変化・妖変化、時代と共に進化する忍法の世界!でも面白さは不変!

自分の忍者デッキをいじったついでに記事も作成してみました。

【DPレジェンドデュエリスト編6】ブラマジ強化決定!超魔導師-ブラック・マジシャンズ!

11月9日発売予定『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6

【カードゲームのスタン落ちって抵抗ある?】フォーマット制の良し悪しについて語る

昨日発表された「ポケモンカードゲーム」のスタン落ち(ローテーシ

【好きなカードやデッキ傾向は偏る?】テーマ構造・アーキタイプに関する話

好きなカード・組むに至ったデッキの傾向は結構偏るってお話。

『LEGENDARY GOLD BOX』12月21日発売決定:歴代主人公・ライバルデッキを強化する新規・再録カードってのが気になる

12月12日発売予定『LEGENDARY GOLD BOX』の一部

【@イグニスターと相性の良いカードまとめ】サイバース族縛りをうまくやり過ごす構築が鍵!【ベイルリンクス追記】

『イグニッション・アサルト』の発売に向けて、「@イグニスター」

【ワルキューレシグルーン付録「Vジャンプ11月号」購入感想・レビュー】ワルキューレデッキ必携の一枚【ゲーム小話:P5R】

本日発売(9/21)『Vジャンプ11月特大号』を購入して参りました

【デュエルリンクスに実装された未OCG化カード】キャラクター別にまとめてみました!

『遊戯王デュエルリンクス』に実装された未OCG化カードをまとめた記

→もっと見る

PAGE TOP ↑