【プロンプトホーンの使い方・効果考察】味方サイバース族を解体してバニラを大量展開!通常モンスターを素引きした場合のケア重要

公開日: : モンスターカード

サイバース族の可愛いバニラモンスターと言えば、《ビットロン》《デジトロン》《プロトロン》等の「〇〇トロン」モンスターですよね。

無機質だけど丸々っとしててアニメだと可愛らしいボイスを振りまいてくれる「〇〇トロン」モンスターですが、そんなプリチーバニラたちをサポートする新カードが『FLOD』には収録されていたのです。

強力だけど少しだけ注意点が多い《プロンプトホーン》を使いこなして、サイバース族デッキをグレードアップさせよう!

SPONSORED LINK

プロンプトホーン

【シングルカード】FLOD)プロンプトホーン/効果/ノーマル/FLOD-JP002

効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 200/守 400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのレベル4以下のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。レベルの合計がリリースしたモンスターのレベルと同じになるように、自分のデッキ・墓地からサイバース族通常モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。

バニラサイバースをデッキ・墓地から特殊召喚
  • リリースしたレベル4以下のサイバース族モンスターのレベル合計と一致するようにデッキ・墓地の通常サイバースモンスターを特殊召喚。墓地に対応していることで使い切りとならない所が素敵です。
  • ただし手札からの特殊召喚に対応していないので通常モンスターを素引きしてしまった際のケア手段は用意した方が良さそう。
対応サポートカード
  • 《ワン・フォー・ワン》(デッキからのリクル)
  • 《レディ・デバッガー》(サーチ効果)

最大3体・将来的には4体のリクルートが可能になる効果

プロトロン ノーマル 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp001

現状、レベル1通常サイバース族モンスターは《プロトロン》しか存在しないので、レベル4サイバース族モンスターをリリースした際にリクルートできる最大モンスター数は3体です。

将来的に《プロトロン》以外のレベル1通常サイバース族モンスターが登場すれば、最大リクルート数は4体となる訳ですが、それは何時の事になるやら分かりませんので保留。

とりあえず今の時点で1:3の変換が可能になるだけでも十分に有用なので全然問題なしッ!

通常モンスターのケア手段を考えよう

遊戯王OCG リンク・スパイダー スーパーレア ST17-JP043-SR

デッキだけでなく、墓地にも対応していることで何度も機能してくれる優秀な《プロンプトホーン》ですが、唯一の欠点として手札に対応していない事が挙げられます。

まぁこれも《リンク・スパイダー》を使えばなんて事無いですが、それを利用できない状況も多少あり得るので、ハンドコストとして処理する手段とかも同時に用意しておくと器用に扱えるかもしれませんね。

あと、どうせだったらデッキからリクルートしたいですし、多少のリスクは覚悟のうえで《貪欲な壺》、《バウンドリンク》等を採用してみるのも悪くないかな?

通常モンスターのケア手段
  • 《リンクスパイダー》(複数引きしても安心)
  • 《ワン・フォー・ワン》等手札コスト要求系との併用
  • 《貪欲な壺》や《バウンドリンク》で欲張る 

リクルートに適したサイバース族モンスターは誰だ!?

【シングルカード】LVB1)バックアップ・セクレタリー/効果/ウルトラ/LVB1-JP004

《プロンプトホーン》を使うに際し、もう一つ考えないといけないのが解体(リリース)するモンスターの選定だ!

出来るだけマックスである3体リクルートを狙いたいので、レベル3以上のサイバース族が絶対条件。

セルフ特殊召喚できる《バックアップ・セクレタリー》ちゃんは当然ですが、それ以外にも色々と考えてみたのでどうぞ見ておくれ(*’ω’*)

 《プロンプトホーン》と相性の良いリリース役
  •  《フレイム・バッファロー》
    フィールドをはなれると自身の効果が誘発するのがポイント。墓地・デッキの状況次第では、この効果のコストで捨てたサイバース族通常モンスターを特殊召喚する事も可能。ただし、このカードのドローで通常モンスターを引き込んだ場合、大事故が発生する可能性も
  • 《ビットルーパー》
    特殊召喚する為のコストがレべル2以下のモンスターなので《〇〇トロン》たちを相性が良い。《プロトロン》を捨てて《ビットルーパー》を特殊召喚して《プロンプトホーン》出来るとお得感が凄い。 
  • 《ドラコネット》
    効果の性質上《〇〇トロン》を無理なく併用できる。《ドラコネット》の効果で引っ張った通常モンスターも先にリンク召喚で消費しておけば、墓地から特殊召喚できるのでかなり安心。
  • 《ワンタイム・パスコード》
    雑にレベル4サイバース族モンスターを展開できて解体できる。雑雑雑…それが強い。

自身も《リンクリボー》になれるのが素晴らしい

《プロンプトホーン》と《ドラコネット》を軸にした【サイバースデッキ】なんかも展開手段が豊富そうで良さそうですよね。

《ワン・フォー・ワン》、《リンクリボー》対応なレベル1なのも素晴らしい。

《プロンプトホーン》は良いカードですよ(*’ω’*)シャシンモトッテクレルシネ(違)

PLAY ARTS改 FINAL FANTASY XV プロンプト
スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX) (2016-08-20)
売り上げランキング: 98,937
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. キュウリ より:

    《バランサーロード》との相性がスバラシイ。そのまま効果で召喚して良し、《封印の黄金櫃》で除外→特殊召喚も使い易いですよね。《封印の黄金櫃》をにぎっていれば《レディデバッカー》を絡めることでサーチしつつ、展開が可能です!

    • cast より:

      プロンプトホーンやドラコと相性の良いカードで固めるだけでデッキが構成できそうなサイバース族の安定感よ。あと一歩あと一歩があれば…良い感じ。

  2. 匿名 より:

    トロイメアでつかっても面白そう

    マーメイド作ってイヴリース、プロンプトホーンでイヴリースを解体してレベル1の通常モンスター二体特殊して相手のEXゾーンの前にイヴリース特殊
    片方をリンク1に変えてケルベロスかフェニックス、マーメイドとリンク2でサモソ作ってサイバースを展開…

    サイバース軸トロイメアは夢が広がるなぁ

    • cast より:

      トロイメアなら名前違いバニラも活かしやすいですしね 良さそうです(*’ω’*)

  3. 匿名 より:

    プロンプト違いのデニスにはイグニス違いの熱血指導もにっこり(笑)
    それはそうとして、レベル4もコストにできるように、レベル2のバニラサイバースも合わせて採用するべきか否か

    • cast より:

      プロトロン×3、+αくらいがベストな予感しますね。 イグニスはまーもで熱血指導、イグニスはクラウド…謎のつながりがw

  4. 匿名 より:

    確か裁定で、リリースするモンスターもフィールドのモンスターとしてカウントするために、最大でも3体までしかリクルートできなかったはず……。

  5. ジョナ=サン より:

    プロンプトホーンのおかげで4体素材スカルデットがバンバン出せて楽しい。

    そして改めてセクレタリーちゃんの有能秘書っぷりを実感する。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【Vジャンプ1月号(プラチナ・ガジェット付録)感想・レビュー】何冊購入予定ですか?《ゲーム小話》

本日発売(11/21)『Vジャンプ1月特大号』を購入して参りました

《セラの蟲惑魔》の使い方・効果考察:「こわくま」デッキに革命来る!展開&落とし穴セットのダブルアド革命!

▲ここにセラ達も加わる訳か… だんだん大所帯になってきましたねw

《機関重連アンガー・ナックル》の使い方・効果考察:《スキドレ》強制遮断!《緊急ダイヤ》《臨時ダイヤ》をフィールドからコストにするのオシャンティー

『リンク・ヴレインズ・パック2』の特集記事第12弾は、「DP」に引

《PSYフレームロード・Λ(ラムダ)》と《六武衆の軍大将》の強さを動画でチェック!《六武の門》やっぱり強い…

Youtuberのポルンガさんのチャンネルにて、『リンク・ヴレ

【堕天使リンク】《失楽の堕天使》効果考察:聖女、魔女を経て堕天使へ!神へ仇なす者達

▲聖女、魔女を経て、堕天使へと至る。 神によって追放されし者達よ、今

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第6話感想】ハロウィン殺人事件解明!本当の被害者は誰なのか?

《Dr.STONEの表紙が目印》 先週位からハンターの文字数が天

【遊戯王リーグ20th EDITION】ディビジョンB 第4試合 南雲大輔VSサンダー【ダイナレスラーvsHERO】

「遊戯王リーグ 20th EDITION」ディビジョンB第4試

【RRリンク】《RR-ワイズ・ストリクス》効果考察:「レイド・ラプターズ」待望のリンクモンスター!RUMサーチ搭載かつ汎用面もバッチリ!

▲隠れて爪を研ぎ澄ませていたRR使いのイメージ 同胞たちよ準備は良い

→もっと見る

PAGE TOP ↑