【鉄騎龍ティアマトン効果考察】三枚以上にご用心!手札誘発の生きてる《爆導索》!

公開日: : モンスターカード

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録される《鉄騎龍ティアマトン》について!

何故、《ティアマトン》の記事なのにトップ画像が《No.107 銀河眼の時空竜》なのか?

その理由は、《鉄騎龍ティアマトン》のデザインから並々ならぬ程の《タキオン》感を管理人が感じたからです。…「このカード、恐らく同じ人がデザインしている。俺には分かる、分かるぞぉぉ!」

名前、イラスト、効果の全てが管理人のハートを突き破るナイスカード!《鉄騎龍ティアマトン》に注目です。

SPONSORED LINK

鉄騎龍ティアマトン

特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守 0
このカードは通常召喚できず、このカードの(1)の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):3枚以上のカードが同じ縦列に存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。このカードと同じ縦列の他のカードを全て破壊する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードと同じ縦列の使用していないゾーンは使用できない。

効果 タイトルにある通り、生もの版《爆導索》って感じのカードです。
ド派手かつ強力な効果とキワドイ特殊召喚条件が交差する絶妙な一枚。
こういうカードに心躍るのはデュエリストのsaga…sagaなのだろうか?
名前・モチーフ メソポタミア神話における原初の海の女神「ティアマト」がモチーフっぽいですね。
ってことは、《ティアマトン》くんじゃなくて《ティアマトン》ちゃんなのか…。
勇ましいけど可愛らしくもあるし違和感ないね!

相手ターンでも手札から発動できる《爆導索》

遊戯王 爆導索 17TP-JP312 トーナメントパック2017 Vol.3

《ティアマトン》が特殊召喚された縦列のカードを全て破壊するという事で、挙動としては罠カードの《爆導索》にかなり近いです。

《爆導索》との最大の違いは、手札誘発ゆえに相手の行動にある程度被せていけるという点。

自分のカードのみを使って①の特殊召喚条件を満たす事もできるので、相手依存の激しい《爆導索》とは単純には比較できない性能になってます。

縦列に3枚以上が条件だが特殊召喚する場所は何処でもOK!

「3枚以上のカードが同じ縦列に存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。」

若干紛らわしい書き方をしていますが、同じ縦列に3枚以上のカードが存在していれば、このカードを特殊召喚する場所は問われていません。

「3枚以上のカードが同じ縦列に存在する」は、あくまで《ティアマトン》を特殊召喚する為の条件であり、②の縦列破壊効果とは別々の効果である事を覚えておきましょう。

条件を満たした列以外の列に特殊召喚することもできる…これが大事。

縦列を全破壊して③効果で拘束する無駄のなさ!

遊戯王 地盤沈下 17TP-JP209 トーナメントパック2017vol.2

これまた厳密には違いますが、③効果は《地盤沈下》の縦列バージョン的な効果です。

自分が片方のEXモンスターゾーンを占有している状態で、もう片方のEXモンスターゾーンの縦列に位置するメインモンスターゾーンに《ティアマトン》を特殊召喚すれば、相手のEXモンスター展開を封じることができます。

破壊して綺麗にした上でその縦列を縛る仕事人具合が半端ねぇです。ただ、使えなくなるのは相手だけでなく自分もなのは覚えておきましょうね★

《アカシック》+《セキュリティ》という状況は比較的生まれ易いのであと一枚

遊戯王/VJMP-JP139/セキュリティ・ドラゴン/ウルトラレア/Vジャンプ12月号付録

《ティアマトン》の効果を最大化するには、やはり相手のEXゾーンからのリンク召喚展開を巻き込むのが一番かつ手っ取り早いと考えられます。

《トーチ・ゴーレム》からの《アカシック・マジシャン》⇒《セキュリティ・ドラゴン》という流れは近年の遊戯王では比較的よく見る流れなので、あと一枚…あと一枚。

でも、このあと一枚がなかなかにハードル高そうですね…((+_+))

上手く使うのは結構難しそうではありますが

豪快かつ強力な効果ですが、絶妙な特殊召喚条件でそれをセーブしている感じが素晴らしい!

ただ強って訳でなく、知識と経験がモノを言いそうな新時代の手札誘発《ティアマトン》。

イラストも最高ですし初動だと軽視されてそうなので…是非ともシクで集めたいカードです。

《鉄騎龍ティアマトン》は

View Results

Loading ... Loading ...
遊戯王OCG デュエルモンスターズ FLAMES OF DESTRUCTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-01-13)
売り上げランキング: 1,316
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. RR使いの人 より:

    ティアマトと言えば
    蒼炎の軌跡を連想します

  2. 匿名 より:

    自分もめっちゃ好きです。ウルトラなら、レリもシクも3ずつ揃えたい

  3. Array より:

    スコーピオorロンファ→コブラssでブリフュサーチ→インヴォーカーでモルモss定期

    こいつ自身オッドアイズレボリューションでサーチ出来るし先攻取れればありなのかな

    • cast より:

      先行でss条件を整えて相手に返すって事ですね。相手も積んでいることを想定するとそこで駆け引きが生まれそうです。

  4. 匿名 より:

    機界騎士新規だと思ったら違うような合っているような

  5. 匿名 より:

    ぜひインヴェルズオリジンと共に使いたい!

  6. 匿名 より:

    EXゾーンから下マーカーで二体並ぶなんて普通のことですから、自分で一枚伏せるだけで条件満たせますし、充分現実的な条件だと思います。
    しかし先攻で出せないことや相手依存では採用されないの時代ですから、どうですかね?
    相手のデッキ次第ではサイドに入れたらなかなか仕事するかも。

    • cast より:

      自分で整えることもできますし… ティアマトンが飛び交う環境が見てみたいです(‘ω’)

  7. huyu より:

    条件満たせればどこでもssできるんですね。フリチェ除去&ロックは強い

  8. にゃん より:

    レベルと属性があってるから裏サイバーで使おうかなと思ってます。装備カードを割れるのもいい

  9. 匿名 より:

     3の効果が通常召喚でも適用出来ますから、先行の初手に2枚以上来て事故った状況になっても相手を軽く妨害出来るのが良いですね。その場合は、まず左右どちらかのPゾーンの列に通常召喚、そして可能なら両方のEX ゾーンがある列に魔法罠をセットして牽制かな?
     普通のデッキならこれで1ターン稼げれば御の字程度ですが、自分の破壊を利用出来るならかなり強い動きになるかも?

    • cast より:

      色んな活用方法がありそうでわくわくします。自分のを巻き込む場合は破壊シナジーとの併用を心掛けたいですねぇ

  10. 破れたトゥーン より:

    イラストめちゃくちゃ可愛いので集めねば
    子征竜といいこういったちっこいドラゴンは
    たまらんです

  11. 匿名 より:

    トーチでエクストラ列にトーチ1とトークン1置いて別列に置いたトークンをリンクスパイダーにすれば1列3枚行けるからかなり使いやすそう

コメントを残す

【Vジャンプ6月号本日発売・付録カード《希望の魔術師》をゲットしよう】漫画感想&きゃすとのゲーム小話付き

本日発売(4/21)『Vジャンプ6月特大号』を購入して参りまし

【撃滅龍ダーク・アームドのカード効果予想編】墓地闇3体を如何に表現するか…それが問題だ

カード効果予想記事第二弾は、エクシーズモンスターになったダムド、《

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

→もっと見る

PAGE TOP ↑