《星雲龍ネビュラ》効果考察・ネビュラを見せてネビュラをSS?ビシバールキンも簡単に出せますね!

ミザエルちゃんの良き力!《星雲龍ネビュラ》をご紹介!

「これでタキオンドラゴンを出す!」と言わんばかりの展開効果にミザエルちゃんも大興奮!

セイファート共々、回収効果が有能すぎてビックリです。

スポンサーリンク

星雲龍ネビュラ

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2000/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードと手札のドラゴン族・レベル8モンスター1体を相手に見せて発動できる。その2体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は光・闇属性のドラゴン族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

ネビュラを見せてネビュラを出せるから素晴らしい!

お好みのドラゴン族・レベル8モンスターを見せて一緒にSSするのがネビュラの基本ですが、テキスト的にネビュラを見せてネビュラとネビュラをSSって事が出来るようになってます。

この手のカードは初手でダブって悶絶って事がありがちですが、これならトリプラない限りは許容できますね。

ミザエルデッキ的には《限界竜シュヴァルツシルト》を見せてランク8に繋げる形になりそうです。

このカードも落ちたターンに回収効果出来るぞ…

輝光竜セイファート
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守0
このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

《輝光竜セイファート》同様、《星雲龍ネビュラ》も墓地に落ちたターンに回収効果を使えますね。

《セイファート》と《ネビュラ》は相互関係にあり、互いで互いを回収し合えるって事ですなぁ…(便利だねぇ)。

この属性・種族だと除外が全くデメリットに見えないのが困りものですね。

竜核の呪霊者を出せばビシバールキンも出せる!

《竜核の呪霊者》を特殊召喚すればチューナーも供給できるなぁ…(ハッ!?)

《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン/Phantasmal Lord Ultimitl Bishbaalkin》 

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードは効果では破壊されず、攻撃力はフィールドのモンスターの数×1000アップする。
(2):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。お互いのフィールドに同じ数だけ、「邪眼神トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。このターンこのカードは攻撃できない。

 

《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》出来るじゃん!!!

そのターン中にトークンを生成して更なる展開ってのは制約的にできませんが、ビシバールキンの効果は相手のメインフェイズにも使用できるので一応効果を機能させることは出来ます。

攻撃力10000ビシバールキン可能!しかし、相手にトークンを大量に与えるリスクは甚大だ!

ギャラクシーフォトンだと少し使い辛いですね

EXからの制約ならギャラクシーフォトンでも問題なく使えたでしょうけど、発動後の召喚・特殊召喚全てに影響を与えるとなると少し使い辛そうですね。

まぁそもそもカイト側(ギャラクシーフォトン)は純正のドラゴン族デッキって訳ではないですし、併用し難くて当たり前と言えば当たり前か…。

カイトとミザエルはあくまでライバルって事さな!

ミザエルちゃんの新規がイケ過ぎてて怖い

セイファートの時点で相当バリってたのに、まだこんなのが来るとは…。

レベル的に『ドラゴン・リンク』への影響は程々って所でしょうけど、ひょんなタイミングでスゲェ悪事を働きそうなカードだと思いました(こなみかん)。

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

コメント

  1. ギャラクシー、フォトン、サイファーとは併用しづらいから4・8軸のドラゴン族メインのデッキで運用することになりそうですね
    ミザちゃんデッキじゃなくても活躍の幅は広そう

  2. 単純にカオスドラゴンの強化ですね
    あと、青眼なら霊竜の展開やビシバールキン&カオスMAXもできるので一考の価値ありですね

  3. 青眼デッキでどうしても起こる青眼が手札にダブる事故が軽減して嬉しい。

タイトルとURLをコピーしました