【新規「トワイライトロード」カード効果考察】《ファイターライコウ》《シャーマンルミナス》《ソーサラーライラ》など 

新たに判明した「トワイライトロード」カードをまとめて大特集!

《暗黒界の洗脳》によってダークサイド化した「ライコウ」くんは、対象をとらない除外効果へとパワーアップ!(要コスト必要)

「ルミナス」や「ライラ」も元々の力のイメージを残しつつも新たな力をゲット。モンスター以外にも《トワイライト・イレイザー》《黄昏の双龍(トワイライト・ツイン・ドラグーン)》といった新サポート続々…とりあえず黄昏に染まる「ライトロード」…

「トワイライトロード」について本日はじっくり見て行こう!

関連記事:【闇属性のライトロード】《トワイライトロード・ジェネラルジェイン》《戒めの龍》効果考察

SPONSORED LINK

トワイライトロード・ファイター ライコウ

効果モンスター
星2/闇属性/獣族/攻 200/守 100
①:このカードが召喚・リバースした場合、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで除外する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

召喚対応なのが最大のポイント

発動にコストが必要(手札・墓地の「ライトロード」モンスター)なので、無印ライコウ程の汎用性はありませんが、効果自体は対象をとらない除外と強力!

しかも、リバースのみでなく、召喚でもOKってのが間違いなくデカイ!!

②は「トワイライトロード」共通の強制墓地肥やし効果。
これによってライコウのみならず、他の「ライトロード」モンスターの効果を誘発させたり、次なるコストを供給したりしながら《裁きの龍》《戒めの龍》に繋げて行くのだ!

トワイライトロード・シャーマン ルミナス

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、 「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

墓地釣り上げではなく除外回帰効果へと様変わり!

一応コスト(手札・墓地の「ライトロード」モンスター1体を除外)が必要ですが、墓地から除外してもOKなので、コスト無しで蘇生効果が使用できるカードという認識も間違いではありません。
空うちこそできませんが、コストで除外した「ライトロード」モンスターを対象にとって特殊召喚する事もできるので、かなり自由な運用が可能なモンスターの予感…やはりルミナスは今も昔も「ライトロード」の核なんだなぁ~

最近のカードでは珍しく、名前によるターン1縛りが無いのがそこはかとなく危険な気がします。無印ルミナスと併用すれば墓地が一気に肥やせそう…。

特殊召喚できるモンスターにレベルの制限はないので、上級や最上級も出せちゃいます。正規召喚しておけば、《ライトロード・アーク ミカエル》もOKだよ!!

トワイライトロード・ソーサラー ライラ

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 200
①:1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、 自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

相手ターンにも反応できる魔法・罠除去効果に

ライコウ同様、コストが必要な上に能動的に魔法・罠を破壊しに行ける効果ではなくなったので、奈落チェッカーとして出張させるぞ!ってカードではなくなりましたが、先行で立てておくとフィールド魔法から相手は入りにくくなるので牽制力は中々のモノ!

環境に適した効果にリファインされたという印象です。
攻めの光ライラ・守りの闇ライラとでも言ったところでしょうか?

黄昏の双龍

通常魔法
①:自分フィールドに「戒めの龍」が存在する場合、 自分の墓地の「裁きの龍」1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、 自分の墓地の「戒めの龍」1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

限定的な条件をどうクリアするかが運用の鍵か!?

①は「戒めの龍」がフィールドに存在しつつ、墓地に「裁きの龍」が存在する必要。
②は「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られつつ、墓地に「戒めの龍」が存在する必要。

どちらの効果も何か一つ欠けているだけで、不発に終わってしまうので、その条件を如何にクリアしていくかが運用の鍵になりそうです。不確定要素に次ぐ不確定要素…通常魔法ってのは良いのですが、何とも腐りそうで怖いカードです。

トワイライト・イレイザー

通常罠
①:自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、 自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。
②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

2枚除外は間違いなく強いですが…

こちらも《黄昏の双龍》と同様に発動条件が限定的なのがネック!

同じ種族でカード名の異なる「ライトロード」って事なので、「ライトロード」と「トワイライトロード」をうまく併用する事で条件はかなり満たしやすくなりそうですが、毎回用意できるか?と聞かれると少し難しそう…と答える他なさそう。調べた感じだと戦士族と魔法使い族の種類が少し多いです。

イラストに関しては文句なしですね~ルミナスとライラによる合体魔法だぜ!

徐々にテーマの全貌が見えつつありますな!

既存の「ライトロード」モンスターの全てに「トワイライト」バージョンが存在するとなると、かなりの大所帯になりますが…果たしてどれ程のカードが用意されているのか?

カードが判明する毎に、少しずつテーマの全貌が見えていきますが、みんな大好き《裁きの龍》がフィニッシャーである事自体に変化なさそうなので少し安心しています。(やっぱりライロはジャッジメントだよねぇ~)

でも、《戒めの龍》も「ライトロード」特有の息切れと相手の墓地メタを同時にこなせるカードなので、良い感じですよね。早く戦っている所を見たいし実際に戦いたい…。

4月15日の発売が待ち遠しいぜ!!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. TMY より:

    強いなぁ
    何が強いって光の援軍で闇属性がサーチできて闇の誘惑のコストになるのが強い

  2. 匿名 より:

    今のところは入れてもルミナスと戒めくらいかなぁ、という感じですかね
    ウォルフ、ライデンのトワイライトに期待です

  3. ガトムズの休日出勤 より:

    闇の誘惑採用しつつトワイライトロードの共通墓地肥やしもあって、デッキを掘り進む速度もさらに上がりそうですね。ナチュラルにカオスのギミック採用できそうなのも構築の幅があって楽しそうです

  4. カフェイン より:

    イレイザーはイラストの通りルミナスである程度フォローできそうですが
    黄昏はちょっと・・・裁きが場にある時墓地の戒めを回収だったら裁きぶっぱ
    →黄昏で戒め回収→デッキバウンスで荒らせたので逆だったら良かったのに。

  5. 匿名 より:

    ライバル枠?の暗黒界にももう少し新規が欲しいですね…

  6. より:

    イレイザーを見てマーブルスクリューを連想したのは私だけではないはず…

コメントを残す

【トリックスター・キャロベイン付録「Vジャンプ2月特大号」発売日】付属カード・漫画感想・管理人のゲーム小話等

〈悟空、ルフィ、PMの表紙が目印〉 本日は「Vジャンプ2月特大号

【鉄騎龍ティアマトン効果考察】三枚以上にご用心!手札誘発の生きてる《爆導索》!

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録される《鉄騎龍ティ

【遊戯王デュエルリンクス】カードトレーダーに《ミラクル・コンタクト》《ディシジョンガイ》等が追加!〈プチ解説〉

カード交換システム「カードトレーダー」に新たなカードが入荷した

【プレイマット保管用100均の賞状入れ改造計画】デザイン用シートを貼っただけ【カードサプライの軌跡】

関連記事: 【カードサプライの軌跡】プレイマットの保管・持ち運

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

→もっと見る

PAGE TOP ↑