【ビンゴマシーンGO!GO!:効果考察】《カオス・フォーム》をサーチできるだけで強い説

公開日: : 魔法カード

謎の可愛らしさがあると噂されている《青眼の混沌龍》ちゃん。確かにいつもより目元がはっきりしてて美人さんかも?でも今日の主役は、《混沌龍》じゃなくて《ビンゴマシーンGO!GO!》。

磯野さんが元気よく仕切ってた、あの「アルティメット・ビンゴ・マシーン」が《ビンゴマシーンGO!GO!》と名前を変えてOCG化されます。

城之内君や御伽君からは大不評(ダサい、センスゼロと吐き捨てられる)な代物でしたが、個人的には嫌いじゃないですよ(社長に媚びを売っていくスタイル)。

SPONSORED LINK

ビンゴマシーンGO!GO!

《ビンゴマシーンGO!GO!》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
●「ブルーアイズ」モンスター
●「ビンゴマシーンGO!GO!」以外の、「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード

注目ポイント
  • 3枚選んでランダムって部分にビンゴを見い出せ
  • モンスターと魔法・罠を混ぜる事も出来る
  • サーチ幅は広い
  • プールの増加次第で魔法・罠サーチ側は弾ける可能性有

同名カードを3枚選べば確定サーチ

遊戯王OCG 汎神の帝王 スーパーレア sr01-jp023-SR 遊戯王 真帝王降臨

《汎神の帝王》然り、《パワーツール》方式のサーチ方法なので、同名カードを3枚選出すれば確定サーチになります。しかし、「ブルーアイズ」デッキで同名カード3枚は割と状況に左右されると思うので、初動以外だとランダム性混じって来る可能性は高いかと。

等価によるサーチなので決して弱くはありませんが、結局はこのカードを採用して何をサーチしたいかですよね!

でも既に青眼はサーチ豊富なのも事実

遊戯王カード GS06-JP013 ドラゴン・目覚めの旋律 ノーマル / 遊戯王ゼアル [GOLD SERIES 2014]

ですが、既に「ブルーアイズ」デッキには豊富なサーチ札(伝説の白石、ドラゴン・目覚めの旋律)やリクルート札(伝説の古石)が備わっているのも事実。

そんな状況で状況次第では不確定サーチな《ビンゴマシーン》を採用する必要はあるのだろうか?…………あるッ(確信)。

《ビンゴマシーン》には、既存のサーチカードでサーチできない「ブルーアイズ」モンスターや「青眼」サポート魔法・罠が沢山ある。これは単純に比較できるものではないはずだ!

サーチ可能な「ブルーアイズ」モンスター

ここからは《ビンゴマシーン》でサーチできるカードについて解説していきます。正直、ビンゴマシーンでのサーチ優先度の低いカードも含まれていますが、とりあえず情報として全て挙げてみたのでよろしくです。

  • 《青眼の白龍》
    相手に魅せつけたい嫁。他の対応サーチ札:《伝説の白石》、《目覚めの旋律》。
  • 《白き霊龍》
    若干アホの子感でてるのが愛くるしい(誉め言葉)。《目覚めの旋律》非対応なので《ビンゴマシーン》でサーチが可能になりました。
  • 《Sin 青眼の白龍》
    純正寄りの青眼デッキには中々入りませんが、出張性は割とある一枚。他の対応サーチ札:《目覚めの旋律》。
  • 《青眼の亜白龍》
    今や青眼デッキの顔的カード。引きたいカードなのでサーチ札は重宝しますが、流れ的に《目覚めの旋律》の方が動的。他の対応サーチ札:《目覚めの旋律》。
  • 《青眼の光龍》
    このカードを使う人からは並々ならぬ青眼愛を感じます。他の対応サーチ札:《目覚めの旋律》。
  • 《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》
    ステータス的に《ビンゴマシーン》でしかサーチは出来ない。ただしリクルート手段はあるのでそっちの方が良さそうかな?
  • 《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》
    《トゥーンのもくじ》、《ドラゴン・目覚めの旋律》両対応。サーチ手段の安定感では青眼随一かも?
  • 《青眼の混沌龍》
    新たな儀式青眼。こちらも両対応なのでサーチは容易。他の対応サーチ札:《目覚めの旋律》。
  • 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》
    儀式青眼の最終兵器。効果もイラストも一級品。守備表示は死につながる。他の対応サーチ札:《目覚めの旋律》。

サーチ可能な魔法・罠カード

  • 《アルティメット・バースト》
    究極竜を指定しているのでサーチ可能。通ればデュエルエンド級ですが、フィールドの究極竜を参照するのはすごく大変。
  • 《カオス・フォーム》
    長い前振りでしたが、《儀式の下準備》に対応していない《カオス・フォーム》をサーチできる事こそ《ビンゴマシーン》最大の仕事。儀式青眼&専用儀式のサーチに両対応という事でこれだけで価値があるのが分かりますね。
  • 《滅びの爆裂疾風弾》
    《光の霊堂》でサーチできるという声もありますが、《ビンゴマシーン》なら他のカードにもアクセスできるので単純比較はできません。デッキのアクセントとしては満点です。

主な仕事は《カオス・フォーム》サーチっぽい

スゲェ前振りが長くなりましたが、《カオス・フォーム》とそれに対応する「青眼」儀式モンスターに両対応しているってだけでかなり優秀ですね。

儀式軸以外だと既存のサーチ札で充分という評価を受けそうですが、まだ見ぬ「青眼」新規が《ビンゴマシーン》に対応しているという可能性は十分にありますし、要注目すべき一枚だと思います。噂によるとスーパーレアらしいですけど…他の新規次第では高くなりそうですね…(怖)

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編3- BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-06-09)
売り上げランキング: 22

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 青眼好き より:

    魔法罠が少なすぎる上にモンスターは大体旋律に対応してるのがなぁ…
    でもマンジュに召喚権使わずにカオスフォームサーチできるのはいいかも

  2. シン より:

    ビンゴマシーンの評価点は旋律やトレイン通すための使いやすいうらら釣りが増えたことだと思います
    あとアルティメットビンゴマシーン、GO!と言えるところも

    • cast より:

      カウンター所が更に散ったのは確かに 勿論ビンゴマシーンGOも大きなポイントw

  3. ラララ より:

    このてのさーちでありがちな3枚全部同じなら確実にサーチできる点

  4. 機械族 より:

    思ったよりサーチ出来るカードって少ないんですね
    数十枚くらいあるのかっと思ってました

  5. かえして より:

    ワンショットを狙うにはイヴリースに召喚権を使うorリンクない状況下の混沌竜とカオスマックスを並べるなのでマンジュ使わずにサーチは大きそうですね
    ネタカードに見えて普通に性能良い辺り社長愛されてるなー

  6. 匿名 より:

    いずれのサーチ手段にも対応していないディープアイズさん涙目ですね(泣)

    • cast より:

      ディープアイズもサーチできたら戦術の一つとして確立できるんですけどねぇ~ 流石にサーチは中々許されないかな?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《天空神騎士ロードパーシアス》効果考察:輪廻のパーシアスからの特殊召喚は必殺の輝き【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第三弾は、「天空の聖域」で

【Vジャンプ12月号(ホワイトローズ・ドラゴン付録)感想・レビュー】アキデッキを作るなら必ずゲット!《ゲーム小話》

本日発売(10/20)『Vジャンプ12月特大号』を購入して参りまし

【サベージ・ストライク追加購入記録】20thシク《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を求めて!

昨日、足りないデッキパーツを求めて行き付けのショップに行ったんです

《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》効果考察:毒蛇の供物やゴルガーとのシナジー濃いですね!【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第二弾は、昔からコアなファ

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

→もっと見る

PAGE TOP ↑