【補給の次は補充部隊】《究極伝導恐獣》対策に使える!?トリックスターには・・・

公開日: : 最終更新日:2017/07/05 魔法カード

公式Twitterにて新カード《補充部隊》が公開されました。

相手による攻撃・効果ダメージによって1000以上のダメージを受ける度に発動し、1000刻みでドロー数が増えて行く永続魔法。

ターン制限も無いので条件を満たすダメージを受ける度にドローが狙える良カードではありますが、環境に恵まれていないというか何というか、これまた非常に評価するのが難しい一枚です。

公式twitterより画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・製作/KONAMI

SPONSORED LINK

補充部隊

永続魔法
(1):相手モンスターの攻撃または相手の効果によって自分が1000以上のダメージを受ける度に発動する。
そのダメージ1000につき1枚、自分はデッキからドローする。

収録:【サーキット・ブレイク】

大量ドローの可能性はあるが問題点もたくさんある

ターン1も無いしドローの期待値も高いので、かなりのぶっ壊れカードに見えなくもないですが、実は問題点もたくさん抱えているカードだと管理人は考えています。

  • 自爆特効がトリガーにならない
    相手モンスターの攻撃という一文があるので、こちらのモンスターを自爆特攻させてドローにもっていくという動きがそもそもできません。できたらターン1制限が付いていたでしょうから…どちらが良かったのかは計りかねますが、能動的にドローできるできないは大きいです。
  • ドローできてもそのまま負けると意味がない
    バーンのダメージはまだしも、攻撃によるダメージを受けているという事はそのまま倒される可能性も高いという事。ドローできてもそのまま倒されてしまっては意味がありません。逆にワンキルできる状況以外だと相手の攻撃抑止に使えるのでそれはそれでうまく機能していると言えますね。
  • 永続魔法なので手の内をある程度晒す事になる
    永続魔法なので相手にこちらの手の内を晒した状態で「さぁ、攻撃してこい!」となる訳ですから、見えてるドロー効果札としては《補給部隊》の方がまだ安定する気すらします。これも相手の攻撃を抑止する為の置物と考えるなら悪くないですが…。

《速攻のかかし》《超電磁タートル》と併用できれば強い

ドローはできそうだけどそのまま負ける可能性も十分にあるってのが上記の主な問題点なので、それを封じる為のダブルセーフティを用意してやればこのカードの強さは更なる安定感を見せてくれるはず!?

一番分かり易いのは《超電磁タートル》等、墓地から除外してバトルフェイズをやり過ごす札を事前に用意しておく事。これなら相手は迂闊に手出しできず、攻撃がビタ止まりする可能性は非常に高いです。しかし、見えてるのでドローへの期待値もやや低下します。

恐らく一番おいしいのが《速攻のかかし》など、手札誘発でバトルフェイズをやり過ごす札を手札に構える事。これなら相手に情報を与える事無く、自分の好きなタイミングでバトルフェイズをやり過ごす事が可能!ドローへの期待値はグーンとUPするはずですし、そのドローで更なる手札誘発カードを引着こむ事が出来れば激熱です。

なので、手札誘発の攻撃抑止効果カードを多く採用しているデッキ、墓地発動による攻撃抑止カードを無理なく墓地に用意できるデッキで輝く!(たぶん、きっと)

究極伝導恐獣には結構有効かもしれない(きつい)

環境を跋扈する《究極伝導恐獣》さんは1000ダメージの効果が引っかかるので、《補充部隊》が結構有効な予感がします。まぁ、永続魔法なので除去されたら…って話ですが、それを言い出すと永続系カードの評価なんてできなくなっちゃうのでとりあえずムシムシ!!

でも《補充部隊》は見えちゃってるんだよねぇ~_(:3 」∠)_

っとここまで書いた時点で、《究極伝導恐獣》の効果が任意効果である事を思い出してしまった!

わざわざ大量ドローをくれてやるような択を相手がとってくるとは考えにくいね…_(:3 」∠)_

トリックスター相手だと謎の友情コンボが決まるかも!?


バーン効果がトリガーになるって事で「トリックスター」が頭をよぎりましたが、あの娘たちプチバーン連打だから1000以上のダメージって【マンジュシカバーン】くらいで絶望した。

一応1ドロー出来ますけど、メタとしては不十分過ぎるので使えなさそうですね…(;´Д`)

ドローして【マンジュシカバーン】のダメージ量が増える友情コンボが決まる可能性もあるし(笑)

カードパワー自体はかなり高いはずです

ここまで色々と書いてきましたが、決まった時のドロー量は破格。更に永続である点も強力なので、カードパワー自体はかなり高いはずです。

【速攻のかかし・超電磁タートル】の項で書いたようなデッキや、「アロマージ」等、能動的にライフゲインしていく事が基本戦術となるデッキならば、かなり強力な武器になると思うので、それらデッキを使用している人は是非とも試してみて下さい。

イイ感じだったら教えてね(*´▽`*)☆

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 荒くれナンバーズ より:

    永続魔法で条件をみたせば1ドロー・・・弱くはないけど戦闘ダメージってのがやはりネックですね・・・最近破壊して~ っていうカードが多くなってきた分やはり 補給部隊のほうが上にかんじますよね・・・

  2. 匿名 より:

    これはドローするためのカードというより抑止力として価値のあるカードって感じですね

    単純に1000ダメージ受けただけで1:1交換、2000以上のダメージを受ければアドになるので少ない手札消費で大型を出す系統のデッキに入れてカステル等での処理を要求させるような形(ワンキルされないような運用)で併用すれば思っているより拘束力はあるのかもしれません

  3. 匿名 より:

    DDに入れてみるつもりです

    • 荒くれナンバーズ より:

      なるほどDDデッキならうまく扱えそう ワンちゃん!?とかとも相性いいし面白そう ダルクいるから多くはいれれなさそうだけど

    • 匿名 より:

      相手のカードじゃないといけないので契約書とかワンチャンはトリガーにならないですよ

      • 荒くれナンバーズ より:

        そうでしたか~ しっかり読んでなかったw 

      • 匿名 より:

        よく読んでませんでした・・・
        この前のDD強化が産廃だったのでかなり嬉しかったんですが・・・

  4. huyu より:

    自傷okなら強かったが、許されなかった

  5. 匿名 より:

    spyフレームで攻撃の牽制用に使えそうな気がする

  6. 匿名 より:

    補給部隊と増Gというライバルの存在が大きすぎるカードって印象です
    アニメ版ドンサウザンドの玉座みたいにライフが元に戻るようなギミックがあればいいのですが

  7. ここの より:

    マスクドチョッパーを強制転移してトークンかダストンで特攻したい
    ダメージが痛いからできればエンシェントクリムゾンエイプがいる時に
    それ以外あんまりシナジーないが

  8. ランチョン より:

    漫画版アーク5でショックドローと言う似たような効果を持つカードがありましたね。あれは罠カードでしたが効果ダメージには対応出来てないのでこちらの方が使いやすいと思います。

  9. 匿名 より:

    ここってコメント欄だけで持ってるサイトな気がしてきた。

  10. チバラギ より:

    管理人の考察とかがちゃんと載ってたり、相性のいいカードを教えてくれたりするからよくみる。手札が増えて抑制、攻撃UPなのでトラゴエディアが相性よさげですね(使うとはいってない)

コメントを残す

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話感想】GO鬼塚の決意!ヒールターンによりダーク鬼塚爆誕!《毒霧》

友を昏睡に追いやったドクターゲノムをぶっ潰すべく立ち上がったG

【リンク・ヴレインズ・パック収録カード】彼岸、クリストロン、ライトロード等々!《アロマセラフィ-ジャスミン》公開!

皆が楽しみでしょうがない『リンク・ヴレインズ・パック』のカード

【サプライの軌跡】ブルーアイズデザインのデッキケースを入手!最近の非正規品って出来が良いんだね…

気付いてしまった…( ˘•ω•˘ )…カードサプライ系の記事を

【新パック「サーヴァント・オブ・キングス」は何が当たり?】混沌の黒魔術師欲しい!《遊戯王デュエルリンクス》

本日配信(2017/10/18)となる最新パック「サーヴァント

【インスペクト・ボーダーは強いのに安すぎる】メタビ専用カードとして見るのはやや早計かも?

「エクストリーム・フォース」には、過小評価され過ぎててやたら安

【デュエルリンクス】《機械天使の儀式》制限!《レッドアイズ・スピリッツ》は準制限!【最新リミットレギュレーション】

11月開催予定の「KCカップ」に向け、よりよいバランスを目指す

【セキュリティ・ドラゴンの登場で《トーチ・ゴーレム》完全に壊れる】妖精伝姫カグヤやインフェルニティデーモンでループする

《アカシック・マジシャン》の登場で既に壊れかけてた《トーチ・ゴ

【魔法使い族モンスター最強人気投票結果】腕力ではなく魔力の強さで己を高める者たち(例外もある)〈軌跡調べ〉

魔法使い族界最強の人気モンスター決定戦(軌跡調べ) 【魔法使い族

→もっと見る

PAGE TOP ↑