【ドン・サウザンドの契約:効果考察】相手のライフに傷を付けながらドローできる!面白いカードだが果たしてどう使うか?

2月11日発売、『20thアニバーサリーパック2ndWAVE』にて、待望のドン千関連カード《ドン・サウザンドの契約》が収録されることが判明しました。

本音を言うとヌメロニアスって書いてるカードを期待してはいましたが…このカードもナッシュvsベクターで使用された印象的な一枚なので問題なしッ!(みんなで仲良く場所代を支払おう!)

スポンサーリンク

《ドン・サウザンドの契約》は『20thアニバーサリー2ndWAVE』に収録されます

本日紹介する《ドン・サウザンドの契約》は、2月11日発売『20thアニバーサリーパック2ndWAVE』に収録されます。

《ムーンバリア》《マスターピース》に続いて3枚目のゼアル関連カードの登場。他には何が収録されるんだろう…(やっぱりセットだし《カオス狂宴》かしら?)

関連記事:【20thアニバーサリーパック2ndWAVE 収録カードリスト

ドン・サウザンドの契約

永続魔法
「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、 お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
②:お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、 このカードの①の効果でドローしたカードを公開し続ける。
③:このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、 モンスターを通常召喚できない。

相手もライフを失うってのがポイントの予感

①:効果でお互いに1000LP失い、1ドローする
②:このカードが存在する間にドローしたカード及び①でドローしたカードを公開し続ける。
③:②効果で魔法カードを公開してしまっているプレイヤーは通常召喚禁止

相手にドローを与えてしまうので純粋なドロー札としての運用は要検討ですが、LP1000の要求・手札公開・通常召喚抑止など、普通のカードでは中々真似できない効果を持っている面白いカードに仕上がっています。

ただ、通常召喚抑止は魔法カードを公開している限り適用される効果なので、発動するなりセットするなりすれば簡単に抜ける事が可能。相手に発動・セットを要求する札と考えるべきなのか…(うーん)

どんなデッキに入るだろうか?

ドローしながら相手のLPに傷を付けれるカードなので、【バーン】系のデッキとの相性は良いと思いますが、その他ってなるとどんなデッキがあるかなぁ~

永続魔法なので、「真竜」デッキの初動役として使えそうではありますが、相手にドローさせるの気が引けるなぁ~

スーパードロー型の「暗黒界」に採用するのは意外とありか…?
マインドクラッシュ》も一緒に使えば面白い動きしそうな予感(あんまり罠入れたくないけどね)

手札公開が条件のカードにも刺さりはするが…

まぁ、これはあんまり関係ないか…

ドローカードは要警戒…
初動で安かったら3枚抑えておこうと思います

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX
楽天:遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX

コメント

  1. 手札抹殺で 強制公開させよう❗(ФωФ=)

  2. 公開された相手の手札の魔法カードを<>で宣言すればロックにも使えますね

  3. ダークロウ立ててハンデスするのも面白そう

  4. ダークエンジェルでデッキトップを魔法にして契約でそのままドローさせれば召喚制限がすぐ掛けられる
    って考えたけどそこからどうするかが思いつかないや

  5. ≪禁止令≫で公開された魔法カードを宣言するとセットもできなくなるのでロックがかけられますね

  6. 正直微妙…

  7. 相手が引いたカードが公開されるのでPLUTOの効果で洗脳か奪ってセットが
    使いやすくはなりますし、場に残るのでフォーゼなどで使用後に割れますね。
    まあ後者の使い方だとチキレでもいい気がしますが。

タイトルとURLをコピーしました