【絶望神強化】ティンクルファイブスター効果考察|アンチホープサポート来た!【相性の良いカードまとめてみました】

2021年6月12日発売予定『ANIMATION CHRONICLE|アニメーション クロニクル 2021』に収録される新規カードより、魔法カード《ティンクル・ファイブスター》をご紹介。

レベル5のモンスターをリリースする事で、手札・デッキ・墓地という広範囲からクリボー五兄弟を特殊召喚!驚異の2:5交換を可能にする爆アド魔法。こいつはマジでクレイジーなカードです。

スポンサーリンク

ティンクル・ファイブスターでアンチホープを特殊召喚?

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターがレベル5モンスター1体のみの場合、そのモンスターをリリースして発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「クリバー」「クリビー」「クリブー」「クリベー」「クリボー」を1体ずつ選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

収録:【アニメーションクロニクル2021】

驚異の2:5交換。発動条件、デメリット共に緩緩。
「クリバー」「クリビー」「クリブー」「クリベー」「クリボー」の5種を最低1体ずつ採用する必要がある(デッキスロットの圧迫)。
リリース要因をうまく確保できないと腐る。

2:5交換の爆アド効果!条件やデメリットもかなり緩い

リリース役を含め、2枚のカードで5体展開するという超爆アドな1枚。

発動条件も優しく、リリースするモンスターの指定もレベル5モンスターなら何でもOKという緩さ。

一応、特殊召喚したモンスターをアドバンス召喚のリリースに使用できないという縛りはありますが、シンクロ・エクシーズ・リンク等に関する縛りは一切ない為、最早ノーデメリットの次元です。

なお、アドバンス召喚に関するデメリットも、《クリバビロン》を噛ませる事でクリアできます。

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地のモンスターの数が相手の墓地のモンスターより多い場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、自分のフィールド・墓地の「クリボー」モンスターの数×300アップする。
(3):自分のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地から
「クリバー」「クリビー」「クリブー」「クリベー」「クリボー」を1体ずつ選んで攻撃表示で特殊召喚する。
  1. 《ティンクル・ファイブスター》で5体並べる
  2. 《クリバー》の効果で《クリバビロン》を特殊召喚
  3. 《クリバビロン》の効果で5体並べる
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカード名はルール上「クリボー」カードとしても扱う。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードまたは自分の「クリボー」モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから「クリバー」以外の攻撃力300/守備力200のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードと自分の手札・フィールドの
「クリビー」「クリブー」「クリベー」「クリボー」を1体ずつリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「クリバビロン」1体を選んで特殊召喚する。

《ティンクル・ファイブスター》,《クリバー》,《クリバビロン》の流れは本当に綺麗なので積極的に狙って行きたい所ですが、《灰流うらら》や《墓穴の指名者》がぶっ刺さる展開なので要注意!

発動の為のリリースを如何に用意するかが重要

発動の為のリリース役は出来る限り軽くて楽な方が良い…って事で色々考えてみました!

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻 0/守2400
このカードは2000ライフポイントを払い、手札から特殊召喚できる。
このカードをエクシーズ素材とする場合、
闇属性モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。
フィールド状況に左右されないレベル5ss要員。

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の
いずれか1体を手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
このターン、自分のモンスターは攻撃できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の
いずれか1体を手札に加える。
展開サポートが多い上に、「クリボー」達と相性の良い《幻魔皇ラビエル》をサーチできる。
通常魔法(制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。
たった1000のライフポイントでリリース要因を確保できる。フィールド状況にも左右されない上に用途も幅広い。

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。
効果を2回使うと自身をレベル5にできる。チューナーを絡める展開を構築し易く、蘇生札も豊富に噛ませ易そう。

効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1850/守1500
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
このカードの攻撃力以上の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
(3):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから以下のモンスターの内1体を手札に加える。
●ドラゴン族・闇属性・レベル7モンスター
●機械族・闇属性・レベル6モンスター
●戦士族・水属性・レベル5モンスター
リリースなしで召喚できるレベル5要員。除去効果やサーチ効果で状況に応じた対応が可能になる。

クリボーンの優秀さが更に加速!!

効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):自分・相手のバトルフェイズ終了時にこのカードを手札から捨て、
このターンに戦闘で破壊され自分の墓地へ送られたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「クリボー」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

これだけ優秀な「クリボー」モンスターが増えるとなると、「クリボー」モンスターを任意の数だけ蘇生できる《クリボーン》の評価も相当上がりそうですね。

相手の攻撃宣言依存ではありますが、墓地効果ってのが偉いですわ…。

相性の良いカード紹介!展開先のすゝめ

ライトロードドミニオン-キュリオスが滅茶苦茶簡単に出る

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

フィールドのリソースを使って《リンクリボー》,《サクリファイス-アニマ》を展開するだけで同じ属性の種族の異なるモンスター3体を用意する事が可能!

名称が異なるモンスターが大量に並ぶので4素材アポロウーサも出る

リンク・効果モンスター
リンク4/風属性/天使族/攻 ?
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
トークン以外のカード名が異なるモンスター2体以上
このカードの(3)の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「召命の神弓-アポロウーサ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×800になる。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。

名称が異なるモンスターが沢山並んでいるので4素材《アポロウーサ》も楽々展開。

相手を穿つ必殺の刃、ヴァレルソードドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/左下/下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、
そのモンスターの攻撃力は半分になる。

比較的素材の重いヴァレル系モンスターも楽々展開。コンボ、制圧の順番で紹介したので流れで攻撃的なカードも紹介しました。

ランク1展開から未来龍皇ホープを狙う

エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻3000/守2000
「No.」モンスター以外の同じランクのXモンスター×3
ルール上、このカードのランクは1として扱い、
このカード名は「未来皇ホープ」カードとしても扱う。
このカードは自分フィールドの「FNo.0 未来皇ホープ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードは戦闘・効果では破壊されない。
(2):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。
この効果でフィールドのモンスターの効果の発動を無効にした場合、さらにそのコントロールを得る。

《森羅の姫宮》等を中継に使えばアドを稼げる可能性もあり!

レベル1のモンスターが5体、来るぞアンチホープ!

特殊召喚・効果モンスター
星12/闇属性/悪魔族/攻5000/守5000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示のレベル1モンスター4体を
墓地へ送った場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
他の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが戦闘を行うバトルステップ中に1度、
自分の墓地のレベル1モンスター1体を除外して発動できる。
このカードはそのダメージステップ終了時まで、
他のカードの効果を受けず、戦闘では破壊されない。

この重い条件をクリアできる事こそが最大の強み!
墓地からも特殊召喚出来る為、埋葬等でルート化し易く、恒久的な戦力とする事ができるのが魅力。「出せば勝ち!」ってカードでは無いですが、一つのアーキタイプとして成立する可能性を秘めています。クリボー強化の恩恵を一番受けたのは恐らくこのカード!

クリボーデッキが遂に組めそうですね!

Vジャンプ付録として《アストラル・クリボー》なる新たな「クリボー」モンスターも登場する様ですし、かなり良い感じに【クリボーデッキ】を組めそうな気がしますねぇ……(効果気になる)。

……こうやって見ると、低レベルデッキはリンクの影響を大きく受けてる事を実感しちゃうなぁ…。

0

コメント

  1. 元々、クリボーとエクゾディアを混ぜたデッキを作っていましたが、今回の新規でようやくクリボーデッキを作ることができます。ついでにクリボー・ハネクリボーの技名などの関連カードも再録してほしい。

    +3
  2. 何か来月の8月号の付録がアストラルクリボーとか。レベル1エクシーズが強くなるのかな。

    +2
  3. 調律でサーチがきくクイックロン、単体性能が高いリンクスレイヤーあたりもあり?

    +2
  4. これが許されるならアニメ版機皇帝もください

    +1
  5. アニメ版機皇帝はもう難しいだろうけど、制約をちゃんと付ければヴァロンのアーマーモンスターはまだワンチャン…。

    +2
タイトルとURLをコピーしました