【今更ながら《超戦士の萌芽(ほうが)》が面白い】リンクスでガイアを使うのが楽しすぎてリアルでも使いたくなるの巻

〈軽やかに着地した後に荒々しく顔見せ!〉

どうも、「リンクス」にて念願だった《カオス・ソルジャー》《混沌の場》がついに揃った管理人です。

正直な話、強さ的には大した事ありませんが、「相手とデッキが被りにくい」、「儀式する度に格好良いムービーが見れる」等の理由により、「カオス・ソルジャー」デッキに夢中になってます。

「カオソル」デッキの何が面白いって・・・やっぱり《超戦士の萌芽》ですよ《萌芽》!(唐突)

この記事は、現在進行形で《超戦士の萌芽》にハマっている管理人が《超戦士の萌芽》について語るだけの記事です。(だって面白いんだモーン)

※:チラ裏感の強い記事ですお気を付けください。

スポンサーリンク

超戦士の萌芽(ほうが)

儀式魔法
「カオス・ソルジャー」儀式モンスターの降臨に必要。 「超戦士の萌芽」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):レベルの合計が8になるように、以下のどちらかの組み合わせのモンスターを墓地へ送り、 自分の手札・墓地から「カオス・ソルジャー」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
●手札の光属性モンスター1体とデッキの闇属性モンスター1体
●手札の闇属性モンスター1体とデッキの光属性モンスター1体

関連記事:【儀式カオソル強化:《超戦士の萌芽(ほうが)》効果考察】

リンクスから見えた《超戦士の萌芽》の強さ

〈疾風さんは流石に一枚しか許されていません〉

まず、リンクスのカードプール的に、OCGの9期終盤に収録されたカードである《超戦士の萌芽》が弱い訳も無く。その他、脇を支えるカード(混沌の場・疾風ガイア)も優秀なのでただ強と言っても過言ではありません。

流石にOCGの様に多種多様無限のシナジーで支えられている訳ではありませんが、リンクスでもデッキの《儀式魔人ディザーズ》と適当なレベル7光属性モンスターで罠耐性の《カオス・ソルジャー》を誕生させること位は可能です。

ちなみに管理人は《サイバー・ダイナソー》と《儀式魔人ディザーズ》で罠耐性カオソルでビートしたり、《熟練の赤魔術士》と適当な光属性レベル4でカオソルを出して《熟練の赤魔導士》の効果で《混沌の場》に魔力カウンターを供給してワチャワチャするデッキを使っています。

まぁ、そんなことはどうでも良いとして・・・。

《超戦士の萌芽》ってやっぱり強いですね!(今更)

だってコレ、構築次第で手札にある闇or光属性の反属性モンスターを墓地に送りながら《カオス・ソルジャー》を儀式召喚できる訳ですもん。弱い訳ないっすわ!!

OCGだといきなり《儀式魔人リリーサー》とかも可能な訳で、

なんでこのカードというか「カオス・ソルジャー」頑張れてないんでしょうね( ˘ω˘)スヤァ

墓地から復活可能なのが素晴らしい!

これは《超戦士の萌芽》の初報時にも書いた気もしますが、墓地から登場できるので《トレード・イン》を採用し易いってのも大きな強みですよね。

《トレード・イン》限らず、コストに使っても困らないっては、やっぱり素晴らしい。

しかし、手札からしか儀式リリースが出来ないのは玉に瑕

しかし、手札とデッキの組み合わせでしか儀式召喚できないってのは意外と困る場面もあったりします。

まぁ、これでフィールドからもOKってなったら流石に強すぎるんですけどね・・・。

【OCG】萌芽で落として面白いカードリストあれこれ

ここでは《超戦士の萌芽》で落とすと面白強いモンスターをリストアップしています。(一言メモ付)

レベル4軸(4+4)

レベル2・6軸

deli

レベル3・5軸

レベル1・7軸

書き出してる間に段々満足してきたのは秘密

こうやって書きだすと結構面白いのがちらほらありますねぇ~

個人的には《ゼータ・レティキュラント》とうまく使えたら玄人っぽくでカッコイイかなぁ~なんて。

とりあえず4軸から初めてみるかな・・・

動きがあり次第続報をお伝えします。(無かったらスマヌ)

コメント

  1. いいですよね超戦士の萌芽。
    破壊剣チューナーや黒石を使えばブラマジバスブレガイア真紅眼のごちゃまぜデッキでもファンデッキレベルならシナジーバッチリで楽しいです。

  2. 前に作った4軸カオスソルジャーデッキ売っちゃったけどまた作ろうかなw

  3. リンクスだとあまり活躍出来なかったけど楽しいデッキがプチブームで復活できますね。

タイトルとURLをコピーしました