《シャイニング・ドロー》効果考察:ゼアルウェポン装備し放題!エクシーズチェンジし放題!

公開日: : 魔法カード

コメント欄にてリクエストいただいた《シャイニング・ドロー》の特集記事をお持ちしました。

ZW(ゼアル・ウェポン)とランクアップ(エクシーズチェンジ)を同時にサポートする超胸熱カード!

発動条件もゼアル好きには堪らないものがありますよねぇ…。

SPONSORED LINK

シャイニング・ドロー

遊戯王カード シャイニング・ドロー(ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX(20TH) | 通常魔法 ウルトラ レア

《シャイニング・ドロー》
通常魔法
(1):自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、そのターンのメインフェイズ1に、自分フィールドの「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキ・EXデッキからカード名が異なる「ZW」モンスターを任意の数だけ選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●対象の自分のモンスターとカード名が異なる「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

発動条件に《RUM-七皇の剣》の存在を感じる

DSCF3945

「(1):自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、そのターンのメインフェイズ1に、自分フィールドの「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として、以下の効果から1つを選択して発動できる。」

テキストから感じられる《RUM-七皇の剣》の存在に胸がトキメキます。

「最強デュエリストのデュエルは全て必然!ドローカードさえもデュエリストが創造する!」

バリアンにとっての71,遊馬&アストラルにとってのシャイニングドロー…最高やな!

ZW(ゼアルウェポン)モンスターとは?

遊戯王 CBLZ-JP006-R 《ZW-風神雲龍剣》 Rare

「ZW(ゼアルウェポン)」とは、「希望皇ホープ」「ホープ・レイ」等に装備出来る効果を持ったモンスター群の事を指します。

基本的にはメインデッキに入る効果モンスターですが、一部例外も存在します(「ZW-獣王獅子武装」はエクシーズモンスター)。

本来ならば手間のかかる「獣王獅子武装」をいきなり装備出来るのは魅力的ですねぇ…。

発動した《シャイニング・ドロー》が場に残っている為、この効果で装備出来る「ZW」の最大数は4つ!意外と間違えやすいのでご注意下さい。

対応するZW(ゼアルウェポン)
  • 《ZW-不死鳥弩弓》
  • 《ZW-一角獣皇槍》
  • 《SZW-天聖輝狼剣》
  • 《ZW-玄武絶対聖盾》
  • 《ZW-荒鷲激神爪》
  • 《ZW-獣王獅子武装》
  • 《ZW-阿修羅副腕》
  • 《ZW-極星神馬聖鎧》
  • 《ZW-風神雲龍剣》
  • 《ZW-雷神猛虎剣》
  • 《DZW-魔装鵺妖衣》

ZW(ゼアルウェポン)の注意点

UR◇ZW-獣王獅子武装(CBLZ-JP047)

《ZW・-獣王獅子武装(ライオ・アームズ)/ZW – Leo Arms》
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/獣族/攻3000/守1200
レベル5モンスター×2
このカードは直接攻撃できない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、デッキから「ZW」と名のついたモンスター1体を手札に加える。また、フィールド上のこのモンスターを、攻撃力3000ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。装備モンスターが攻撃したバトルフェイズ中に、装備されているこのカードを墓地へ送る事で、そのバトルフェイズ中、装備モンスターは相手モンスターにもう1度だけ攻撃できる。

 

打点アップはこのカードの効果で装備しないと適用されない!

「フィールド上のこのモンスターを、攻撃力3000ポイントアップの装備カード扱いとして自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。」

…とあるように、打点アップ効果はこのカードの効果で装備される事で適用される効果です。

よって、《シャイニング・ドロー》の効果で装備したとしても打点アップは見込めないので要注意!

※阿修羅、龍剣、虎剣、獅子武装で合計6500UPってのは出来ません( ;∀;)

シャイニング・ドローの注意点
  • シャイニング・ドローで装備しても打点アップは適用されない
  • 最大装備枚数は4種類
  • ZWを大量投入する事で生まれる事故

 

オススメZW(ゼアルウェポン)一覧

  • 《ZW-風神雲龍剣》
    装備モンスターを相手は対象に取れなくなる為、硬さが格段に増します。
    装備モンスターが破壊される際に身代わりにもなれる。
    《雷神猛虎剣》とセットで装備すると更に信頼度アップ。
  • 《ZW-雷神猛虎剣》
    自分フィールドの「ZW」カードが効果破壊されなくなる。
    《風神雲龍剣》と同時装備する事で装備モンスターと装備カードの双方に破壊耐性が付く。
    装備モンスターが破壊される際に身代わりにもなれる。
  • 《ZW-阿修羅副腕》
    相手モンスター全てに1回ずつ攻撃可能。

  • 《ZW-不死鳥弩弓》
    攻撃する度に相手に1000ダメージ!
    《阿修羅副腕》との相性抜群!

  • 《DZW-魔装鵺妖衣》
    戦闘破壊耐性付与。戦闘を行った相手が破壊されなかった場合、攻撃力を0にしてもう一度攻撃。

  • 《ZW-獣王獅子武装》
    墓地に送る事でもう一度モンスターに攻撃できる。阿修羅副腕の方が実質強いですが、メインデッキに入れなくても機能する点が強力。

管理人推薦!パーフェクトホープ!!

《ホープ・ダブル》を経由して「攻撃力倍加」、「《ダブル・アップ・チャンス》サーチ」を前提として考えて下さい。

希望皇ホープ(魔装阿修羅龍虎剣の姿)
  • 攻撃力5000
  • 戦闘破壊耐性
  • 直接攻撃不可
  • 相手の効果対象にならない
  • ※ZWは破壊されない
  • 破壊身代わり×2
  • 相手モンスターに1回ずつ攻撃可能
  • 相手を戦闘破壊出来ない場合、相手の攻撃力を0にしてもう一撃
  • 攻撃宣言無効(ムーンバリア)
  • ダブル・アップ・チャンスで攻撃力10000

 

ダイレクトアタック不可は厳しいですが、ZWで打点が上がらないので致し方なし!

相手フィールドにモンスターが2、3体いれば溶けてくれるでしょ(笑)。

エクシーズチェンジの選択肢はコチラをどうぞ!

関連記事:《No.39希望皇ホープ・ダブル》に重ねる「希望皇ホープ」エクシーズモンスター特集!

エクシーズチェンジ先の選択肢は《ホープ・ダブル》とほぼ同じになると思うので、上の関連記事をご覧ください。

ZW(ゼアル・ウェポン)浪漫もエクシーズチェンジ浪漫も自由自在!

これはマジでかっとビングな一枚ですぜ!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    荒鷲激神爪とかもいいですね。拮抗勝負にも強目に行けますし。唯一の欠点と行ったら素引きしたときの処理に困ることですかね、

  2. 匿名 より:

    最高じゃないですか……!
    欲を言えば打点アップできないのは痛い、ってところですけど熱い展開期待できるので些細なことですね!

  3. 匿名 より:

    モンスターゾーンがら空きの絶体絶命のピンチからのマスターピース&シャイニングドロー

  4. ここの より:

    シャイニングドロー自体デメリット発生しないから、余力あればゴルガーかドゥローレンで全バウンスして再度装備も考えられますね

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【バスターモード出張】《サイキック・リフレクター》使ってる?手札を減らさずシンクロ召喚!

皆さんは《サイキック・リフレクター》を絡めた「バスター・モード」出

【妖仙獣強化に望む事アレコレ】三兄弟軸とP軸で揺れる心!全ての妖仙獣ファンに笑顔を!

「妖仙獣(ようせんじゅう)」の大幅強化が決定したという事で、本

「フォーチュンレディ/妖仙獣」デッキ体験会決定!成長したソリテア・マジカルとオレンジ色のフォーチュンレディ…まさか!?

体験会開催という事で、「フォーチュンレディ」と「妖仙獣」の2テ

オルフェゴール需要で《スクラップ・リサイクラー》爆ぜる!10年再録無しは伊達じゃない!

関連記事:【無限起動 構築初動案】スクラップ・リサイクラーが注目さ

【ライジング・ランペイジ収録カードまとめ】ウィッチクラフト,妖仙獣,フォーチュンレディ等、既存テーマ新規強化祭!【怪蹴一色追記】

4月13日発売『ライジング・ランペイジ』の収録カード情報まとめです

【海晶乙女(マリンセス)メモ】デッキの動きや相性が良さそうなカードを考えよう!

『ライジング・ランペイジ』に収録される新テーマ「海晶乙女(マリンセ

【リミッター解除2枚使えます】攻撃力を倍加して反動でぶっ壊れる機械族デッキのロマン砲

《リミッター解除》が『解除』とはこれ如何に!? …と、管理人

【スターターデッキ2019収録全リスト・オススメカード一覧】サンダーボルト、レディデバッガー等再録強め【いつの間にか全カード判明】

3月23日発売『スターターデッキ(2019)』の収録情報まとめ

→もっと見る

PAGE TOP ↑