【スプライト】キャットシャーク採用ギガンティックコンボ!攻撃力6400は伊達じゃない!

今日は、巷で話題の【スプライト】に採用されている《キャット・シャーク》と《ギガンティック・スプライト》を使った超パワフルコンボをご紹介!

ただでさえパワフルな《ギガンティック・スプライト》が、《キャット・シャーク》の効果によって更に進化!いきなり攻撃力6400で殴りかかられるのは流石に勘弁!で、デカすぎンだろ……。

スポンサーリンク

キャット・シャーク×ギガンテック・スプライトの脳筋コンボ!

攻撃力6400の《ギガンティック・スプライト》爆誕!

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

その為には《キャット・シャーク》の助力が必要になります。なので、まずは《キャット・シャーク》の効果について解説!

キャット・シャークってどんなカード?

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/獣族/攻 500/守 500
レベル2モンスター×2
(1):このカードが水属性モンスターをX素材として持っている場合、このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのランク4以下のXモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで元々の数値の倍にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

ランク4以下のエクシーズモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで元々の数値の倍にしてしまう効果。ランク4以下と限定する事で、過剰な打点強化への警戒心を見せてはいますが、まぁ、こういうのは大体突破されるもの。今回もまんまとギガンティック君がスルーしていきました!

《キャット・シャーク》は、2015年3月21日に一般発売された『PREMIUM PACK 17』に収録されたカードで、それ以降1度も再録されていないカードです。

ギガンテック・スプライトの①効果は元々の攻撃力を倍にする!

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/雷族/攻1600/守1600
レベル2モンスター×2
このカードは自分フィールドのリンク2モンスターをレベル2モンスターとしてX召喚の素材にできる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターのいずれかをX素材としているこのカードの元々の攻撃力は倍になる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、デッキからレベル2モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時までお互いにレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。

《ギガンティック・スプライト》の①効果は、元々の攻撃力を倍にするという効果です。なので、元々の攻撃力を倍加させる《キャット・シャーク》との相性は抜群で、何の問題もなく攻撃力1600⇒攻撃力3200⇒攻撃力6400という打点アップの軌跡を刻む事が可能になっています。

このコンボが成立している時点で計6900の打点が確保できているはずなので、残り1100でリーサル圏内。ランク2エクシーズを2体並べただけでこれだけの火力が出るのは普通に脅威ですね(笑)。

ダイガスタ・フェニクスを押しのけて注目を集めています

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/風属性/炎族/攻1500/守1100
レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上の風属性モンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターは
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

打点要員として注目されていた《ダイガスタ・フェニクス》を完全に押しのけて注目されているようで、希少なカードである事も相まってかなり大変な事になっているようですね。

https://twitter.com/ds_nipponbashi3/status/1518080332599341057?s=20&t=oyVru6LSVbbMm_Jz9CjBjw
https://twitter.com/HBSTchiba/status/1518052104849399808?s=20&t=oyVru6LSVbbMm_Jz9CjBjw

スプライトの隆盛が止まりません!

昨日UPした《餅カエル》の話題に続いて、今日は《キャット・シャーク》についてお届けしました!

……いやぁ、マジで【スプライト】ってデッキ半端ないですねぇ(強さも注目度も)!

これは本格的に流行そうだなぁ(∩´∀`)∩

+1

コメント

  1. 匿名 より:

    代行者に混ぜたら初動15枚に化けるしうらら食らっても手札にスプライト引けてれば動けるしでほんとヤバいです

    0
タイトルとURLをコピーしました