【憑依覚醒デーモン・リーパーと使神官アスカトルの関係】え?あなた守備力1500なの?

『ストラクチャーデッキ精霊術の使い手』に収録される新カード《憑依覚醒-デーモン・リーパー》と、《使神官アスカトル》の関係が興味深かったので記事にしてみました。

偶然にも属性・種族・効果・守備力の全てが絶妙に噛み合っている2枚のカード。

流石に無いとは思いますが、設計段階で意識されてるなら面白いなぁ…。

※「サイキック・リフレクター」からの展開は「バスター・ビースト」のレベルが5になるのでNGでした。失礼しました。

スポンサーリンク

憑依覚醒デーモン・リーパー

効果モンスター
星5/地属性/獣族/攻2000/守200
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の地属性モンスター1体を墓地へ送り、手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「地霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

収録:【ストラクチャーデッキ精霊術の使い手】

チェーンに乗らないデッキからの特殊召喚方法を持つ話題の一枚。

チェーンに乗らないので「うらら」される心配もない!フィールドのモンスターが突然墓地に送られて、このカードは突然フィールドに現れます。

このカードを有効利用する為に
魔法使い族とレベル4以下の地属性モンスターをフィールドに用意する
蘇生してオイシイ存在が墓地にいる
サーチ先の「地霊術」や「憑依」魔法・罠カードを有効に活用できる状況を作れる

使神官-アスカトルは全てを満たす存在

《使神官-アスカトル/Ascator, Dawnwalker》
効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻2300/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
その後、手札・デッキから「赤蟻アスカトル」1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

収録:【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-】

《使神官-アスカトル》は上の項で紹介したポイントを全て満たす存在で、このカードとハンドコスト1枚で召喚権を使わずに《憑依覚醒デーモン・リーパー》を特殊召喚する事ができます。

《使神官-アスカトル》の効果が通っている時点でレベル8シンクロが成立しているので、間に《憑依覚醒デーモン・リーパー》を挟むなら、それを超える展開に繋がらないと正直意味がありません。

要するに《憑依覚醒デーモン・リーパー》の蘇生効果とサーチ効果をダブルで有効活用できる動きがこの先に無いと、そのままレベル8シンクロするのと大差ないという話です。

死神官-スーパイでも同じような動きができる

《死神官-スーパイ/Supay, Duskwalker》
効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻2200/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
その後、手札・デッキから「スーパイ」1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

コチラの場合は、「デーモン・リーパー」展開orレベル6シンクロへの直通を選択する事になります。

この際、墓地にレベル4以下の地属性モンスターが既に落ちているなら、《スーパイ》(チューナー)の代わりに蘇生すると動きに変化が出ます。

実用性は定かではありませんが、《赤蟻アスカトル》(チューナー)が落ちているなら、そちらを選択してレベル6or8シンクロで選択できるってのは面白いかもしれません。

アスカトルは更に「憑依連携」対応ステータス

通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスター1体を選び、表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上の場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「憑依」永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドに表側で置く。

 

更に更に面白い要素として、《使神官-アスカトル》の守備力は1500だったりします。

…守備力1500=《憑依連携》対応ステ。

事前の展開で地属性以外の属性のモンスターを展開していれば、更に除去効果まで織り込めるのは中々にテクい動きだと思います。

《使神官-アスカトル》から動けば、任意のレベル8モンスターを展開しつつ(地属性以外が望ましい)、《憑依連携》による対象をとらない除去を1回構えられるって訳ですね!

…強いかどうかはとりあえず置いておくとして、動きとしては綺麗で結構面白いんじゃないですかね?

実用的かどうかは分からない

実用的かどうかは別として、《使神官-アスカトル》1枚で《憑依連携》まで繋がる動きはちょっと面白いかなーとは思います。

まぁ、だからと言って「霊使いデッキ」に採用するかどうかは別の話ですけどね(笑)。

どこかで応用的に利用できるかもしれないし、「一つの知識として覚えておくと活きるかも?」って程度のお話でした!ちゃんちゃん☆

コメント

  1. サイキックリフレクターの場合は自在なシンクロという利点を消しての展開な上サーチ先の使い道も乏しいけど
    アスカトルの場合は目当てのシンクロを問題なく行った上で使えるカードサーチですからね
    【霊使い】にアスカトルが入るかはわかりませんが、【インティクイラ】にデーモンリーパー+憑依連携はよさげですね
    アスカトルムーブは普通にネタの域を出る動きだと思います

  2. バスタービーストはレベル4ですけどリフレクターで蘇生すると最低でも5レベルなので条件満たすのは無理では?

  3. デーモンリーパー出す為に素材にしたなら墓地にいるはずなのでレベルは戻っているのでは?
    別の話ならすみません

  4. あ、↑理解しました!
    失礼しました!

  5. いや これリーパー出せないであってます。
    管理人のミスです。修正しておきます。

タイトルとURLをコピーしました