【アニメ遊戯王セブンス】第81話「かけがえのない日々」感想|久々のオーティス回でした

アニメ遊戯王セブンス第81話「かけがえのない日々」の感想記事です。

禁断のカード《死者蘇生》の効果によって、次々に記憶を消されて行く仲間たち……。

……やはり、これまで紡いできた仲間たちとの大切な記憶が、元から無かったかの如く霧散してしまうのは悲しすぎますね……( ;∀;)カナシイ

―――そして、ゴーハ・ユウガの次なるターゲットは、謎多き男『オーティス』に!?

普段から強キャラオーラ漂わせまくってるキャラクターですし、ここはバッチリ良い所を見せてもらいたい所ではありますが、流れ的に厳しいんだろうなぁ(遠い目)。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

スポンサーリンク

第81話「かけがえのない日々」感想

【あらすじ】

いつもと同じ朝、いつもと同じ登校風景。しかし、そこにあったのはどこか他人行儀なロミンとガクトの姿だった。困惑する遊我を挑発するかのように、次のターゲット、オーティスにデュエルを仕掛けるゴーハ・ユウガ。その手中には『死者蘇生』が握られていた。

遊戯王セブンス公式サイト

ラッシュデュエルどころか遊我たちとの思い出すら消えとる……

ラッシュデュエルに関する記憶を全て抹消するという事は、それ即ち、遊我やルークが仲間たちと紡いできた思い出の全てが消されてしまうという事になってしまう訳で、分かりやすく言うと『遊戯王セブンス』第一話以前の状態に戻っちゃたって感じでしたね。

カイゾーに至っては、存在すら認知されてない感じで、マジで不憫でした(笑)。

増えすぎたルールでゴーハ社は大混乱!

ゴーハ社長6兄弟は、殺到するクレーム対応で大忙しのご様子。

まぁ、遊我が作ったオリジナルルール開発ロードが事の発端ではあるんですが、裏でゴーハ・ユウガが対立煽りをして更なる混乱を巻き起こしてるって事みたいですね……(やる事がせこい)。

社長自らクレーム対応。ゴーハ社の業務状態はいったいどうなってるんだ?普通に心配です(笑)。

黒・魔・導からの千本ナイフ!興奮のブラマジ回!

予告の時点でブラマジを使用する事は明らかでしたが、想像していたよりも新規カードが結構出てくれて嬉しかったです。特に、ラッシュ版《マジカル・シルクハット》的なカードである《マジカル・ハットトリック》と《マジカル・シフトボックス》はかなりテンションが上がりました!

相手ターンの猛攻を罠カードでやり過ごし、返しのターンで《黒・魔・導》&《千本ナイフ》&《黒・魔・導・響・弾》によるガン攻めムーブとは……。やりおる!

……まぁ、結局負けちゃったんですけどね(残念)。

次週「ドーロ・オブ・ザ・ラッシュ」

ガクトはラッシュデュエルの記憶を失っていた。それは仲間と過ごした日々の記憶さえも失ったことを意味していた。失われた記憶を取り戻すためにラッシュデュエル誕生の日をやり直そうとする遊我たち。上城龍久初監督作品『ドーロ・オブ・ザ・ラッシュ』公開!

遊戯王セブンス公式サイト引用

これは要するに、『ロード・オブ・ザ・ラッシュ』のパロディって事で良いの!?

《死者蘇生》の効果で奪われた記憶を、自主製作映画の力で取り戻すのは流石に難しそうですが……果たして!?……まぁ、それはそれとして、どんな映画なのか気になりますね(笑)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
+1

コメント

  1. オーティス(というかミミ含め大人)はコンセプト的に「勝ってはいけないキャラ」なんでしょうね。SEVENSはあくまで子ども達のストーリーだと。

    次回は七星姉弟vsガクトということで、ガトリング軸なのか、姉のカードも混ぜて先日公開のエトランゼフュージョンが出てくるのか…いずれにせよラッシュの植物族好きなので、新規に期待!

    +1
タイトルとURLをコピーしました