【最新パック】『ディメンション・フォース』収録カード・効果まとめ【DIMENSION FORCE】

本記事は、2021年1月15日(土)発売『DIMENSION FORCE|ディメンション・フォース』に収録されるカードの効果・リストをまとめた記事です。情報が公開され次第随時更新していきます。

表紙を飾るは、金ぴかになったオッPこと《オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン》!

ペンデュラム・儀式モンスターというNEWスタイルで贈る「オッドアイズ」&「EM(エンタメイト)」強化が、新時代の遊矢デッキを牽引してくれそうです。

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

『DIMENSION FORCE|ディメンション・フォース』収録カードまとめ

収録カードリスト

DIFO-JP001 《EMジェントルード》
DIFO-JP002 《EMレディアンジュ》 Rare
DIFO-JP034 《オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン》 Ultra,Ultimate,Secret
DIFO-JP052 《EXP》
DIFO-JP069 《ペンデュラム・スケール》

オッドアイズ&EM(エンタメイト)新規

オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン

儀式・ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。その後、このカードを持ち主の手札に戻す。
【モンスター効果】
「オッドアイズ・アドベント」により降臨。このカードは儀式召喚及び手札からのP召喚でのみ特殊召喚できる。
(1):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する度に、相手に300ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置き、その相手の効果を無効にする。儀式召喚したこのカードをPゾーンに置いた場合、さらにEXデッキから「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる。
金ぴかなるオッドアイズ新規。P効果で儀式魔法をサーチしたり、地味バーンをお見舞いしたり、相手の魔法カードの効果発動を無効にしたりできるP儀式モンスター!儀式モンスターでありながら、P召喚でなら手札から特殊召喚出来るというおきて破りなテキストを持っているが、②効果のボーナスを考えるなら儀式した方が強いという良調整カード。EXデッキから《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》を特殊召喚すると、ちゃっかりもう1妨害伸びます。

EMジェントルード

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1000
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンに「EMレディアンジュ」が存在し、自分フィールドのモンスターが、存在しない場合またはPモンスターのみの場合に発動できる。デッキから「オッドアイズ」カード1枚を手札に加える。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが破壊された場合に発動できる。デッキから「EMジェントルード」以外の「EM」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
(2):このカードがEXデッキに表側表示で存在する場合、手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札に加える。その後、自分のPゾーンの、「EM」カードまたは「オッドアイズ」カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。
レディアンジュと対を成すスケール8。P効果による「オッドアイズ」カードサーチ、どこで破壊されても破壊できるPゾーン設置、EXデッキからのセルフ回収効果等々、頭から足の先まで漏れなく優秀な1枚。モンスター効果は①②いずれか1つしか使用できませんが、出来ていたら大変な事になるのでこれは妥当。ちなみに、レディアンジュ&ジェントルードで、遊矢の有名フレーズであるレディース&ジェントルメンを表現しているのが分かります。スケール値にも配慮が感じられて本当に美しいです。

EMレディアンジュ

ペンデュラム・効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1000/守1500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分と相手のモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に、手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「EMレディアンジュ」以外の「EM」モンスター1体とこのカードを捨てて発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「オッドアイズ」カードまたは「EMジェントルード」が存在する場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。
EM版の堕天使イシュタム的な存在。本来なら墓地に置きにくいPカードを墓地に置く手段としても重宝するので、ルートの新規開拓に一役買ってくれそうな1枚です。ジェントルードの②効果で墓地に捨てて、レディアンジュの②効果でPゾーンセットする動きがとにかく綺麗!P効果によるデバフも数値が大きいので結構便利そう。

EXP(エクストラ・ペンデュラム)

通常魔法
(1):このターン、自分は通常のP召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにEXデッキからP召喚できる。
EXデッキから限定でP召喚を追加できる1枚。手軽に使える《魂のペンデュラム》と言った感じで、《デュエリスト・アドベント》でサーチする事も出来る。
『EXP(エクストラ・ペンデュラム)』効果考察!EXデッキからP召喚って部分がポイント!?
2022年1月15日発売予定『DIMENSION FORCE|ディメンション・フォース』に収録される新カード《EXP(エクストラ・ペンデュラム)》に注目!ペンデュラム召喚を追加で行うという禁断の領域に踏み込んだ1枚ですが、よーく...

ペンデュラム・スケール

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のPゾーンのカードが2枚存在する場合、そのPスケールの差の数値によって以下の効果を適用する。
●0:フィールドの魔法・罠カード2枚を選んで破壊する。
●1~3:デッキからレベル2~4のPモンスター1体を手札に加える。
●4~6:デッキからレベル5~7のPモンスター1体を手札に加える。
●7以上:自分のPゾーンのカードを2枚まで選んで持ち主の手札に戻す。
その後、手札からPモンスター1体を特殊召喚できる。
セッティングされているペンデュラムスケールの差分で効果が変化!0なら魔法・罠を対象にとらず2枚破壊、1~3ならレベル2~4・4~6ならレベル5~7のPモンスターをサーチ、7以上ならPスケールを手札に戻してからの手札から何でも1体SSが可能。
条件の安定感・罠の遅さ等々、気になる点は割とありますが、挙動がかなり面白そうですね。相手の羽根を回避しながら強いモンスターを出せるとカッコイイだろうなぁ……。

2022年1月15日発売予定!

来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、何だかんだで2021年ももう2か月ないという事実!

ついこの前まで春だったのに、光陰矢の如しとはよく言ったものですねぇ……(*´ω`)

冬には『遊戯王マスターデュエル』のサービス予定もありますし、我々決闘者の年末・年始は忙しい事になりそうです。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました