【アニメーションクロニクル2021】収録カードリスト・効果まとめ【ANIMATION CHRONICLE 2021】

2021年6月12日発売予定『ANIMATION CHRONICLE (アニメーションクロニクル)2021』の収録カードリスト&効果をまとめつつ、それに管理人が一言コメントを添えていく記事です。

新カードの情報は公開され次第随時更新していきます。

スポンサーリンク

ANIMATION CHRONICLE (アニメーションクロニクル)2021-収録カードリスト

AC01-JP017 《聖騎士の盾持ち》
AC01-JP018 《花騎士団の駿馬》
AC01-JP019 《聖騎士の槍持ち》
AC01-JP020 《ケンタウルミナ》
AC01-JP021 《エコール・ド・ゾーン》 Ultra
AC01-JP022 《魂縛門》
AC01-JP025 《ZW-天風精霊翼》
AC01-JP026 《ZS-双頭龍賢者》
AC01-JP027 《獣装合体 ライオ・ホープレイ》 Ultra
AC01-JP028 《ゼアル・カタパルト》
AC01-JP047 《聖騎士の追想 イゾルデ》

聖騎士の盾持ち

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):手札・フィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル6以下の獣族・風属性モンスター1体を手札に加える。

レベル6以下の獣族・風属性モンスターサーチし放題!
召喚・特殊召喚して1ドローする効果だけでもそこそこなのに、手札・フィールドから除外してデッキからレベル6以下の獣族・風属性モンスターをサーチする事も可能!
テーマ内外問わずかなり幅広い獣族サポートカードとして機能してくれる高いポテンシャルを持ったカードです(例.妖仙獣、ホップイヤーなどをサーチできる)。
このカード自体が戦士族なので《増援》に対応、「聖騎士」カードなので《聖杯の継承》に対応というサーチ札の豊富さにも注目です。

花騎士団の駿馬

効果モンスター
星3/風属性/獣族/攻 400/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから光属性の「聖騎士」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

実質「聖騎士」新規!これは便利!

光属性の「聖騎士」モンスターをサーチできる期待の1枚。
サーチしたカードを巻き込みながら《ケンタウルミナ》を融合召喚する事で、リンクやシンクロ展開が見えてきます(槍持ちがとにかく強い)。
《花騎士団の駿馬》自体は《聖騎士の盾持ち》でサーチできるので安定感も抜群です。

聖騎士の槍持ち

効果モンスター
星2/光属性/戦士族/攻 800/守 400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのレベル8以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはエンドフェイズまで、カード名を「フルール・シンクロン」として扱い、チューナーとして扱う。
(2):このカードをリリースして発動できる。デッキから装備魔法カード1枚を手札に加える。

対象のモンスターを「フルール・シンクロン」にするって凄いテキストだw

チューナー化するだけでなく名称まで変えてしまうの凄いなぁ…(笑)。
リリースするだけで装備魔法カードを何でもサーチできるのも凄いし、《花騎士団の駿馬》からレベル8シンクロorリンク2(ハリファイバー)を選択できるカードなので、これはかなり強いです。

ケンタウルミナ

融合・効果モンスター
星6/光属性/獣戦士族/攻2200/守1600
戦士族・光属性モンスター+獣族モンスター
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地からレベル2以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分ターンに相手が罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。
(3):このカードが戦士族・風属性SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドの表側表示モンスター1体を選んで破壊する。

チューナーを蘇生するとそのままシンクロに繋がる構造

①効果による特殊召喚はレベル2以下なら何でもOKなのがとにかく凄い!
是非ともここから《フルール・ド・バロネス》のシンクロ召喚を成功させたい所です。

エコール・ド・ゾーン

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):ターンプレイヤーがモンスター1体のみの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
そのモンスターを破壊し、そのコントローラーはその自身のフィールドに
「マスクトークン」(魔法使い族・闇・星1・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンは、攻撃力・守備力がこの効果で破壊したモンスターのそれぞれの数値と同じになり、直接攻撃できない。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合にフィールドの「マスクトークン」は全て破壊される。

抜け道を用意して相手だけ困らせよう!

ターンプレイヤーが1体のみの召喚・特殊召喚を行うと、そのモンスターを破壊するというフィールド魔法。
代わりに破壊したモンスターの攻守と同じ数値のステータスを持つトークンをくれますが、直接攻撃できないからライフカットもしにくいし、何かと厄介な1枚。
2体以上の特殊召喚には対応していないので、自分はペンデュラム召喚で展開したり、何なら相手ターンの特殊召喚に徹するデッキを使うのも面白そうです。

魂縛門

フィールド魔法
自分フィールドにセットされた魔法・罠カードが効果で破壊されたターン、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地に「Z-ONE」が存在し、
自分のLPの数値より低い攻撃力を持つモンスター1体のみが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターを破壊し、自分は800ダメージを受ける。
その後、相手に800ダメージを与える。

発動条件が超大変!でも使ってみたくなる1枚
発動自体がかなり難しいですが、発動したらその後モンスターの展開は許さない!という強い意志を感じるフィールド魔法です。
800の効果ダメージで対応できる範囲は徐々に狭まっていきますが、それでも相当な手数がないと厳しいだろうし、除去がないと結構苦しい戦いを強いられそうです。
モンスターを展開しないバーンや特殊勝利デッキに採用すると面白いかもしれません。

ZW-天風精霊翼

効果モンスター
星4/光属性/獣族/攻 800/守1600
(1):「ZW-天風精霊翼」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのカードを攻撃力800アップの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(3):1ターンに1度、相手が発動した効果でモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
装備モンスターの攻撃力を1600アップする。
(4):装備モンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
取り除くX素材1つの代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。

素のホープに装備しても中々の打点が出る

扱い易いレベル4「ZW」って時点で合格点!
平時は攻撃力800アップの装備カードですが、相手が発動した効果でモンスターが特殊召喚されると、爆発的に攻撃力を高める(1600UP)が特徴。
攻撃力の上昇はターンを跨いでも継続するので、次ターンの攻撃力には期待できそうです。普通のホープに装備しても期待値4900は中々にパワフルです。

ZS-双頭龍賢者

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 600/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の墓地から光属性以外の「No.」モンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚し、
自分フィールドからこのカードと「希望皇ホープ」モンスター1体を
それぞれ攻撃力1700アップの装備カード扱いとしてその特殊召喚したモンスターに装備する。
このターン、自分は1度しか攻撃宣言できない。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが相手モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その攻撃モンスターは、攻撃力が倍になりエンドフェイズに破壊される。

決まると滅茶苦茶気持ちいい、殺意溢れる1枚

ゲーム中盤以降を見据えたカードになりそうです。
レベル3なのがちょっと気になりますが、そこは《ゼアル・カタパルト》を使ってね!って事なんでしょうね。ピン差ししておくと意外と役立つかも?

獣装合体 ライオ・ホープレイ

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/戦士族/攻2500/守2000
レベル5モンスター×3
このカード名はルール上「CNo.39 希望皇ホープレイ」として扱う。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキ・EXデッキから「ZW」モンスター1体を選び、
その効果による装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
この効果の発動と効果は無効化されない。
(2):お互いのターンに1度、このカードが「ZW」モンスターカードを装備している場合、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にし、その攻撃力を半分にする。

ホープデッキの先行制圧要員!セーバー装備で2妨害は強い

自らの効果で「ゼアルウェポン」を装備!
①効果で《ZW-天馬双翼剣》を装備するだけで、フィールドのモンスター効果に対して二妨害として機能するの最強すぎる!
【ゼアルウェポンデッキ】待望の先行制圧要員の登場に密かに興奮しています。

ゼアル・カタパルト

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「希望皇ホープ」モンスターが存在する場合、
さらに自分フィールドの全てのモンスターのレベルを4または5にできる。
(2):「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体と、
このカードを自分の墓地から除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

レベル4以外のカードを入れやすくなりますね

「ZW」「ZS」を特殊召喚する事で展開力を高める1枚。
レベルの指定が無い為、高レベルの「ZW」も特殊召喚できる上に、レベル変動効果で事故回避も完備している素敵なサポート札。墓地効果で盤面に触れるのもGOOD!

聖騎士の追想 イゾルデ

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

再録カード

ライオ・ホープレイが楽しみで楽しみで…

展開するだけで二妨害立てられるってマジ!?

ホープデッキを使っている身として、この強力な新規を見逃す事は絶対にできません!

今でも回るとすごい事になるデッキなので、うまく組めれば良い所に食い込めるかも?

コメント

  1. castさんがホープデッキ組んでらっしゃるの初めて知りました。
    遊馬ストラクも控えてますし、たくさん強化されて良かったですね〜^ – ^

    個人的には待望のスターヴ・ヴェネミーが収録確定なのでそっちでワクワクしてます。
    Aマジック除くと漫画ユーリのカードはもうこれで終わりなので、残りの枠はもう一人の使用者である漫画遊矢の枠だといいな〜と思ってます。

    • 再録で組み易くなったので組みましたー
      壊獣されると悲しいけど超楽しい!

  2. エコールドゾーンとジョウゲンを組み合わせて良からぬことをしたいですヽ(゚∀。)ノ

  3. 4期OPに出ながら本編に出演できなかった悲劇の獅子へのフォローいいけどいつか陸王海王戦のフィニッシャーになったホープレイランサー(仮称)も出してください。

タイトルとURLをコピーしました