【輪廻独断コンボ色々集めてみました】墓地の種族を変える事の面白さと可能性

6月12日発売予定『ANIMATION CHRONICLE(アニメーション クロニクル)2021』に収録される新カード《輪廻独断》の特集記事です。

1ターンに1度、種族を1つ宣言して発動できる。このターン、お互いの墓地のモンスターは宣言した種族になる。

たった52文字のテキストから放たれるトンデモナイシナジーの数々!
《輪廻独断》ってやっぱりスゲェ!

※ブラックスピアコンボに一部誤りがあったので修正しました。

スポンサーリンク

輪廻独断|効果考察

永続罠
(1):1ターンに1度、種族を1つ宣言して発動できる。
このターン、お互いの墓地のモンスターは宣言した種族になる。

収録:【アニメーションクロニクル2021】

お互いの墓地のモンスター全てを宣言した種族に変えてしまう豪快な1枚。
このカードの登場で、今まで不可能だった面白コンボが大量に生まれる予感…。
名称ターン1等もなく、複数貼る事も可能。永続罠なので恒久的に使用できる。
幅広いニーズに応えてくれる可能性を秘めた1枚ではありますが、シナジー前提の効果である事は紛れもない事実です。単一で見るなら《魔鍾洞》,《スキルドレイン》等の方が圧倒的にカードパワーは高いです。
コンボ性の高いカードの割に永続罠なのはちょっとネック(通常罠と比べるとやはり安定はさせにくい※サーチもむずい)

輪廻断絶をオススメコンボ集

竜破壊の剣士で墓地も封じる【お前もドラゴンな!コンボ】

ドラゴン族を宣言する事で《バスター・ブレイダー》をムキムキにするコンボ!

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2500
「バスター・ブレイダー」+ドラゴン族モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは直接攻撃できない。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、
相手のフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×1000アップする。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのドラゴン族モンスターは守備表示になり、
相手はドラゴン族モンスターの効果を発動できない。
(4):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》が噛み合うと、相手の墓地のモンスターすらも完全封殺してしまう恐ろしきコンボが成立するのでオススメ!

あと、《破壊剣士の宿命》と組み合わせて墓地除外を狙いに行ったりも出来ます。

速攻魔法
「破壊剣士の宿命」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の同じ種族のモンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、自分フィールドの
「バスター・ブレイダー」モンスターまたは「破壊剣」モンスター1体を選び、
ターン終了時までその攻撃力・守備力を除外したモンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
手札から「破壊剣」カード1枚を捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

種族指定蘇生や回収を無理やり使う

種族を指定している蘇生札や回収札を無理やり使うのも面白い。以下個人的なオススメ!
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、
またはそのいずれかのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地から攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。
自分の墓地から永続魔法カード1枚を選んで手札に加える。
悪魔族を宣言すれば攻守0のモンスターを何でも蘇生可能!
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のレベル4以下の魚族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、特殊召喚したモンスターと元々のカード名が同じモンスター1体を
デッキから手札に加える事ができる。
レベル4以下の縛りはありますが、蘇生とサーチを同時にこなすことが可能。
《白の救済》等も面白いかもしれない…。
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから爬虫類族モンスター1体を墓地へ送る。
その後、自分の墓地に爬虫類族モンスターが5種類以上存在する場合、
自分の墓地から爬虫類族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
爬虫類を宣言する事でボーナス発生をサポートし、蘇生範囲を広げる。埋葬したカードをそのまま蘇生するという伝家の宝刀はかなわないが、蘇生範囲の広さは見所大!

種族指定除去カードを無理やり使う

通常魔法
1000ライフポイントを払う。
相手フィールド上と相手の墓地の機械族モンスターを
全てゲームから除外する。
《システム・ダウン》等、種族を指定しているカードと組み合わせる事も可能です。
実用的かどうかは別として、相手の墓地のモンスターを無理やり機械族にして全除外したら気持ちよさそうですね。

ウィクトーリアで何でも蘇生コンボ!

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1500
1ターンに1度、相手の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体を
選択して自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は表側表示で存在する他の天使族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。

種族を指定する蘇生効果との相性は抜群!

ドラゴン族を宣言して《ウィクトーリア》とコンボさせるのも面白そうです。

超再生ブラックスピアでデッキを引き切るコンボ!

チューナー・効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻1000/守1000
(1):1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族の「ドラグニティ」モンスター1体をリリースし、
自分の墓地のレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
その鳥獣族モンスターを特殊召喚する。

《輪廻独断》の効果で鳥獣族を宣言する事で、《ドラグニティ-ブラックスピア》で《ドラグニティ-ブラックスピア》を蘇生するループコンボが可能になります。

このループ下で《超再生能力》を発動すれば、デッキのカード全てを引き切る事も出来ます。

速攻魔法
(1):このカードを発動したターンのエンドフェイズに、
このターン自分の手札から捨てられたドラゴン族モンスター、
及びこのターン自分の手札・フィールドからリリースされたドラゴン族モンスターの数だけ、
自分はデッキからドローする。

《超再生能力》はエンドフェイズにドロー処理を行うため、そのままキルに持っていくなら【エクゾディア】とか相性良いかもしれません。

魔妖による集いし願いコンボ

連続シンクロという【魔妖】の特性を活かして《集いし願い》を狙うコンボ。《翼の魔妖-波旬》からの一連の展開だけでSモンスター5種の条件を満たすことが出来る。

通常罠
(1):自分の墓地にドラゴン族Sモンスターが5種類以上存在する場合に発動できる。
エクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚し、
このカードを装備する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
(2):装備モンスターの攻撃力は、
自分の墓地のドラゴン族Sモンスターの攻撃力の合計分アップする。
(3):装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊する度に、
自分の墓地のドラゴン族Sモンスター1体を除外して発動できる。
装備モンスターは相手モンスターに続けて攻撃できる。

墓地の「魔妖」モンスターを全てドラゴン族にして、打点をモリモリ上昇させるのだ!

クインテット等、指定と素材の重い融合モンスターをサポートする

融合・効果モンスター
星12/闇属性/魔法使い族/攻4500/守4500
魔法使い族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):魔法使い族モンスター5種類を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
リリースできず、融合素材にできず、効果では破壊されない。

最初から素材で困らないデッキで使ってナンボのカードではありますが、こんな感じで種族指定の融合モンスターの素材でちょっとズルするのは面白そう…。

【竜絶蘭】状況に応じて種族をコントロール

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/幻竜族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
トークン以外のモンスター2体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
お互いの墓地のモンスターの種族とその数によって以下の効果を適用する。
●ドラゴン族:その数×100ダメージを相手に与える。
●恐竜族:このカードの攻撃力はその数×200アップする。
●海竜族:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はその数×300ダウンする。
●幻竜族:自分はその数×400LP回復する。

ドラゴン族、恐竜族、海竜族、幻竜族のいずれかを宣言し、種族一点集中で《竜絶蘭》を展開!

状況に応じて宣言を変えるの楽しそー(/・ω・)/

ブルーローズ・ドラゴンが無限壁になる

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1200
(1):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の、「ブラック・ローズ・ドラゴン」
または植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

植物族を宣言する事で、《ブルーローズ・ドラゴン》で《ブルーローズ・ドラゴン》を蘇生する無限壁状態が発生!タイミングを逃す可能性があるので要注意!

無限に遊べてしまう1枚!みんなも考えてみてね☆

実用的な物からロマンを追求した俺コンボまで……。

本当に幅広いニーズに応えてくれるカードなので、是非皆さんも俺コンボを考えてみてくださいね☆

まぁ、とりあえず【バスブレ】と【裏サイバー】では試してみたいよねぇ…( `ー´)ノ

0

コメント

  1. ブラックスピア1体でも、特殊召喚可能な下級モンスターが墓地にいれば輪廻独断でループできるはずですけど。

    0
    • 失礼しました<(_ _)>
      修正しておきます

      0
  2. 炎帝近衛兵で4戻し2ドロー!!
    貪欲が無制限だからいらないか。
    あとはバッテリーリサイクルとかしたいな~まあ両方サーチできないから事故率高し&爆発力低しだけど。

    0
  3. 単品で見ても相手の墓地利用を防げると言うのが強い

    環境上位の鉄獣を一枚で壊滅させられるのは魅力的だ

    サーチが効かない?そんな物ヒートソウルで引けるまでドローし続ければ良い

    +1
  4. 「一族の結束」も「元々の」が付いてなければ、相性がよかったのに。

    0
タイトルとURLをコピーしました