【ふわんだりぃずデッキで大暴れ】マジ強い!古の風属性モンスター達!

タイトル通り、最近になって頭角を現してきた古の風属性モンスター達を振り返った記事です。

本記事は、【ふわんだりぃず】のデッキリストを見ていた時に思い付いた記事なので、選出がかなり【ふわんだりぃず】に寄っています。ただ、古いモンスターなのに未だに一線級で戦っているという点にフォーカスしたかったのは確かなので、内容自体は大きく外れていないつもりです。

王神鳥や特定のテーマの登場で叩き上げられたモンスター多めではありますが、楽しんでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

最近になって頭角を現してきた古の風属性モンスターたち

霞の谷の巨神鳥

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2700/守2000
このカードの効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの「ミスト・バレー」カード1枚を対象として発動できる。
その自分の「ミスト・バレー」カードを持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。

ミスト・バレーの神風とか関係なく現れる凶悪なる巨鳥!

自分フィールドの「ミスト・バレー」カードを対象として発動する必要があるが、自分自身が「ミスト・バレー」カードである事で何の苦労も無く発動される無慈悲の無効が最大の武器!

【ペンデュラム初期】、【鉄獣戦線】、【ふわんだりぃず】等々、環境に度々顔を出す巨鳥!

単一のパワーだけでは飽き足らず、たまに《霞の谷の雷鳥》と組み合わせて無限妨害を成立させたりすることもあるとかないとか!?

《王神鳥シムルグ》の登場以降は、展開の安定感に拍車がかかり、更に見かける頻度が増えました!

最近は【ふわんだりぃず】で絶賛大暴れ中です!

烈風の結界像

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いは風属性モンスターしか特殊召喚できない。

結界像界のスーパースター!

効果自体は他の結界像と大差ないのに、風属性・鳥獣族であるというただ一点のみを武器にスーパースターに上り詰めた猛者。

様々なデッキで活躍するカードですが、管理人的には、【鉄獣戦線】で一時期流行った《王神鳥シムルグ》からの『結界像ランデブー』展開が記憶に強烈に残っています(地獄)。

《霞の谷の巨神鳥》同様、《王神鳥シムルグ》と結託して悪さをする事が多いですが、どちらか片方だけ選択される事が多いので、《霞の谷の巨神鳥》は逢ったり逢わなかったりの関係。……だったんですが、最近は【ふわんだりぃず】に一緒に入ってるので、バディ感が増してきました。

烈風帝ライザー

効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。
そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

【ふわんだりぃず】の隆盛で最近頭角を現してきた1枚。

《烈風帝ライザー》が強いのではなく、それをサーチ・展開できる【ふわんだりぃず】のシステム自体が強いという意見もあるが、やはり3枚バウンスの除去能力と柔軟性は侮れない……の一言。

フィールドのカード1枚、自分・相手の墓地のカード1枚をデッキトップ。そして、ボーナスでフィールドのカード1枚を手札にバウンス!バウンス!バウンス!

除去しながら相手のデッキをロックしたり、自分のカードを戻してリソースを回復したり等々、とにかく器用!

【ふわんだりぃず】で対峙した際の彼の強さはマジもんなので、是非一度体験してみて欲しい。

ドロール&ロックバード

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。この効果は相手ターンでも発動できる。

大量ドロー&サーチ環境に一石を投じる影の実力者!

かの強カード《増殖するG》の効果すらも帳消しにできる超ヤバイ手札誘発!その強さは、数ある手札誘発の中でも群を抜いており、肩を並べられるのはほんの一握りと噂される存在。

増殖するG
原始生命態ニビル
アーティファクト・ロンギヌス
ディメンション・アトラクター

相手のドローやサーチを抑止する為の存在でありながら、《トリックスター・リンカーネイション》や《攪乱作戦》と結託して相手の手札を崩壊させに行く裏の顔も持つ……。

通常罠(制限カード)
(1):相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
通常罠
相手は手札をデッキに加えてシャッフルした後、
元の手札の数だけデッキからカードをドローする。

このカードがやばいのか?それともこのカードが必要になる環境がやばいのか?……その議論は一向に終わりを見せない。

こいつら全員を使えるテーマがあるらしい……

そんな古の風属性モンスターの精鋭たちをマルっと使えるテーマが存在するらしい……

まぁ【ふわんだりぃず】って言うんですけどね―――(∩´∀`)∩

※ドロバ採用はちょっと繊細だけど。

この子たち、この可愛い見た目で滅茶苦茶えげつねぇ事してくるのホントビックリしますよねw

古の風属性の精鋭たちをまとめあげる元締め【ふわんだりぃず】。

……ありえんレベルのシノギを要求されそう……(;^ω^)

+4

コメント

  1. たしかに、烈風帝ライザーは他の風属性デッキでは珍しく、【ふわんだりぃず】ならではですね。
    ただ他のカードはよく出張されてるような。
    ドロバにコンボするのは確かに面白いけど、友達にはあまりやらない方がいいコンボだな。

    0
  2. ふわんだりぃずの召喚回数を見るとトカゲオーダーしたくなる。
    絶対無理なんだけれども。なんで遊戯王は空打ちしちゃいけないんですか!?

    0
  3. 《ドロール&ロックバード》に関して言えばむしろ食らうと苦しい印象。
    もっとも、【ふわんだりぃず】には大抵《抹殺の指名者》も入るので採用して備えるのも大いにアリでしょうね。

    0
タイトルとURLをコピーしました