【D-HEROデッキ考察】《ソリッドマン》と《ドリルガイ》比較:劣化とは言わせない!

公開日: : D-HERO

《E・HEROソリッドマン》と言えば、あらゆる「HERO」デッキで重宝される汎用「HERO」モンスターですが、元来「D-HERO」には《D-HEROドリルガイ》という展開役が存在します。

…確かに、「D」以外の「HERO」デッキならば《E・HEROソリッドマン》の方が圧倒的に有能でしょう。しかし、「D-HERO」デッキにおいては話は別だ!

この記事で、「ドリルガイだってソリッドマンに負けていないッ!」って事を証明したい(願望)。

SPONSORED LINK

《D-HEROドリルガイ》の利点

《D-HEROデステニーヒーロー ドリルガイ/Destiny HERO – Drilldark》 
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
「D-HERO ドリルガイ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ「D-HERO」モンスター1体を手札から特殊召喚する。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
  • 召喚・特殊召喚に対応していいる
  • 「D-HERO」なら攻撃力次第で色々と特殊召喚可能
  • 「D-HERO」融合体の素材になれる

手札にきた《ディアボリックガイ》を処理できる

ディアボを使う者にとっての宿命である「初手ディアボ」をケアしてくれるのが素敵!

これは《ソリッドマン》では絶対に成し遂げる事が出来ない事なので、《ドリルガイ》最大の強みと言っても良いポイントだと思います。

初手ディアボをケアしてくれる初手ドリル・初手Dドローは「D-HERO」使いにとっての癒しです。

《E・HERO オネスティ・ネオス》と貫通効果の相性が良い

守備貫通効果を持つドリルとオネスティの相性は抜群!

シンプルながらも、攻撃力4100の守備貫通は侮れないダメージソースです。

この貫通が勝敗を分かつ可能性は十分にありますよ!

《ソリッドマン》始動⇒《ドリルガイ》⇒の動きが強い

《ソリッドマン》との合わせ技になりますが、《ソリッドマン》で《ドリルガイ》を特殊召喚し、《ドリルガイ》で第三の存在を特殊召喚する流れも強力です。

これは《ドリルガイ》の効果が特殊召喚誘発に対応している事が重要になる為、これまた《ドリルガイ》の大きな強みと言っても良いでしょうね。

…とりあえず特殊召喚でも誘発できるってのは重要なポイントです。

《E・HEROソリッドマン》の利点

《E・HERO ソリッドマン/Elemental HERO Solid Soldier》 
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下の「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが魔法カードの効果でモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、「E・HERO ソリッドマン」以外の自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
  • 召喚成功時限定
  • レベル4以下なら全ての「HERO」に対応
  • ②効果に繋がれば更なる展開に繋がる

他の出張枠(HERO)モンスターをSS出来る

「D-HERO」モンスターしか特殊召喚できない《ドリルガイ》とは違い、こちらはレベル4以下の「HERO」モンスターなら何でもOK!

「E」や「V」の強力を要請する事が多い「D-HERO」にとって、これはとても重要な事です。

特に「V・HEROヴァイオン」を特殊召喚する【ソリッドヴァイオン】の流れは強力なので、これを可能にする《ソリッドマン》の役割は非常に大きいと言えます。

エアーマンをSSする【ソリッドエアー】、ドローガイをSSする【ソリッドドロー】も強力ですぞ!

《アドレイション》を採用すれば②効果も活用できる

「D-HERO」だと少し活かし辛い②効果ですが、こちらは《V・HERO アドレイション》を採用する事で格段に使い易くなります。

効果を誘発させるだけなら《マスク・チェンジ》でも行けますが、マスクで出すならやっぱり《ダークロウ》が優先されるのは明らかです。

《アドレイション》の攻撃力ダウン効果は一見地味に見えますが、この効果のおかげでライフを削りきれたという事も多いので軽視はできません。

…あと、仁王立ち姿がとてもカッコイイのもポイント高いです。

ドリルガイピン差しオススメ!


▲バスターさんも評価うなぎのぼりよ!

ソリッドマンの陰に隠れがちなドリルガイですが、彼にしかできない事も実際沢山あります。

「D-HERO」デッキ構築の際には、二体の強力なSS補助「HERO」の性能を理解し、正しく向き合う事が重要です。

勿論、採用枚数は構築や狙いによって前後しますが、個人的には【ソ2:ド1】または【ソ1:ド1】のタッグ体制が好きですね!

…「D-HERO」凄い。本当に凄いんだ!

関連記事:【D-HEROデッキ新規カード使用雑感・考察】デッキ融合と新融合モンスターがもたらす新境地!このデッキ面白過ぎる!

関連記事:【D-HEROドローガイテクニック】ドロー効果チェーンマスクチェンジ!ランダム除外!(愉悦)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 青き血の英雄 より:

    ソリッドマンと違って財布ポイントにも優しいというのもいいですね。Dでは貴重な初動になれる札なので、とても重宝します。

  2. 匿名 より:

    俺のドリルさんは今も昔も3枚積みよ
    ディアボもドローもSS出来るしディバインのコストにも使いやすいから地味に助かってます
    オネスティで4100貫通するのが楽し過ぎる

  3. 匿名 より:

    ドリルって効果が地味なので最初は避けていましたが、ディアボリック切りやらクロスのリンク召喚に役立つんですよね
    あとはフィールドで活躍するDなので、墓地で活躍するDとのバランス調整にもなりますね
    具体的にはディバインと一緒にクロス出しつつ、そこで役割は終わっているのでディバインで気兼ねなく除外できますよね

  4. 匿名 より:

    D-HEROであればディストピアガイのバーン効果で与えられる最大値をだせるのもドリルガイならではですね~

  5. 匿名 より:

    自分はD-HEROオンリーで組みたい派(ヴァイオンは入れてるけど、こいつはエドのものだ)なので、E・HERO一切入れてません
    そういうのもあって、ドリルガイは本当に重宝されてますので、2、3枚普通に入れてます
    D-HERO融合体の素材にしてもいいし、ディストピアバーンの弾にしてもいいし、守備貫通で相手にダメージ与えてもいい
    そして、ドリルガイから出したD-HEROとともにクロスガイにすることができるのでAVエドはなかなかいいものを生み出してくれたなと思います

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【風霊媒師ウィン付録「Vジャンプ1月号」購入感想】今月の遊戯王ストラクチャーズが最高だった件について【ゲーム小話:聖剣伝説3】

本日発売(11/21)『Vジャンプ1月特大号』を購入して参りま

【武神姫-アハシマ効果考察】トークン(フォトン・サンクチュアリ)で展開可能!このカードを一番うまく使えるテーマは何だ?

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《武神姫-アハシマ

【LVP3】武神器アハシマの収録・効果公開!同じレベルのモンスター2体で出せるエクシーズサポート!トークンも使える

遊戯王OCG公式ツイッターにて、11月23日発売『リンク・ヴレ

【幻獣機アウローラドン・効果考察】ハリファイバーから出る爆アド機械!コルトウィングが超絶強化されてしまった

▲やっほー!またまた大暴れ! 『リンク・ヴレインズ・パック3』に

【レプティレス・エキドゥーナ・効果考察】レプティレス・ヒュドラで大量サーチ!ヴァースキサーチから特殊召喚までの流れが美しい!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《レプティレス・エキド

【零氷の魔妖-雪女の③効果の処理について】馬頭鬼が効果発動した際の処理として正しいのはどれなのか?

昨日UPした《零氷の魔妖-雪女》の記事の中に、『③効果は《馬頭

【零氷の魔妖-雪女・効果考察】翼の魔妖-波旬1枚から展開可能!不知火を封殺する強烈なメタ効果!1ターン中2回までテキストの暴力!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《零氷の魔妖-雪女

【幻奏の華楽聖ブルーム・ハーモニスト効果考察】アリアエレジーロック再び!誓約が重いから出張させるのは結構難しめです

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《幻奏の華楽聖ブルーム

→もっと見る

PAGE TOP ↑