【ディアボ規制】「D-HEROディアボリックガイ」を準制限でも過労死させる方法

「1体出たら後2体は出てくる」でお馴染みの《D-HEROディアボリックガイ》ですが、2020/4月から準制限という規制を喰らっているので、現在は「1体出たらもう1体出てくる」程度に止まっています。

「HERO」使いの多くは、彼のお世話になっていたはずなので、この規制は存外重く、ハートに大穴が開いたような悲しい毎日を過ごしていると思います(管理人も含む)。

まぁ、そもそも強すぎるってのは重々承知なんですが、やっぱり「《ディアボリックガイ》は過労死する姿が似合う!」って事で、準制限下でも《D-HEROディアボリックガイ》を過労死させるプランをいくつか考えてみました。

とりあえず除外された状態からデッキに戻すメカニズムを組み込めば良いって事だな(確信)。

スポンサーリンク

《D-HEROディアボリックガイ》を準制限でも可能死させる方法

《D-HERO ディアボリックガイ/Destiny HERO – Malicious》 
効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
①:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

 

みんな大好き《D-HEROディアボリックガイ》さんは現在準制限。

2枚では1回しか特殊召喚できないって事で、「HERO」使い的には不満足極まりない状況です。

正攻法で無理ならそれ以外で工夫する。それが決闘者って奴だぜ!

除外状態の「ディアボリックガイ」をデッキに戻せるカード

探せばまだまだあるとは思いますが、実践投入に耐えうるカードとなるとそこまで多くない印象です。とりあえず今回は以下の4枚をご紹介していきます。

《ネメシス・フラッグ》を使う

《ネメシス・フラッグ》 
効果モンスター
星2/炎属性/炎族/攻1100/守 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
②:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。

 

除外されているモンスターをデッキに戻しながらフィールドに特殊召喚できる「ネメシス」と「ディアボ」は相性抜群。

特に、効果で後続の「ネメシス」モンスターをサーチできる《ネメシス・フラッグ》との相性はずば抜けていて、[墓地ディアボ、除外ディアボ、ハンドフラッグ]なら計2回のディアボSSを追加する事が可能です。

《D-HEROディアボリックガイ》が規制された経緯は明らかではありませんが、「ネメシス」の存在が関与している可能性は捨てきれません。

もしそうなのであれば、空いた隙間を「ネメシス」に埋めてもらうのは必然と言えます。

《ネメシス・キーストーン》 
効果モンスター
星1/地属性/岩石族/攻 700/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・キーストーン」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
②:このカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

 

《ネメシス・キーストーン》とかいう半無限リソース候補も今後登場する予定なので、伸び代的にも可能性十分です。

《大欲な壺》を使う

《大欲な壺/Pot of Acquisitiveness》 
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる。そのモンスター3体を持ち主のデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

除外からリカバリしながらドローするシンプルプラン。

基本的には自分の《D-HEROディアボリックガイ》を戻す為に使用するのですが、《大欲な壺》の面白い所は相手の除外されているモンスターも対象にとれる所です。

除外されていることがメリットになる相手モンスターは勿論、新ルール下なら効果発動前(除外が発動条件となるモンスター)のモンスターをデッキに(ヾノ・∀・`)ナイナイして妨害する事にも使えたりします。

《闇鋼龍ダークネスメタル》を使う

《闇鋼龍 ダークネスメタル/Darkness Metal, the Dragon of Dark Steel》 
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻2800
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
同じ種族・属性の効果モンスター2体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターを特殊召喚できない。

 

特殊召喚したモンスターがフィールドを離れるとデッキの一番下に戻る性質を利用したコンボ。

墓地・除外されているモンスターの特殊召喚⇒デッキに戻るという完ぺきな流れ。

効果発動後はリンクモンスターを特殊召喚できなくなりますが、融合・シンクロ・エクシーズなら問題ないぜ!

《電脳堺姫ー娘々》

《電脳堺姫-娘々》 
効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1500/守1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在し、自分フィールドにレベル3モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱い、フィールドから離れた場合に除外される。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが除外された場合、このカード以外の除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。

 

戻せるには戻せるが、それ相応の下準備が必要になるのが問題。

うまくかみ合うデッキがあれば使えそう…ってレベルです。

個人的にはネメシスを組み込みたい所存

「闇鋼龍」は元々使っていたので、今回の規制では「ネメシス」を新規で取り込んでいきたい所存です。

《V・HEROファリス》を搭載している「HERO」デッキ的には選択肢に挙がってこないカードも多いとは思いますが、管理人は非ファリス型のEXが自由な「HERO」も好きなので、今後も研究は続けていきたいと思います。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
Amazon

 

コメント

  1. 私もネメシスと合わせて使ってます。
    フラッグは言わずもがな、アンブレラ、コリドーも非常に役立ちます。
    フラッグはリンク素材にする事が多いのでアンブレラの回収でサーチを持続。
    コリドーはクロシープ出してサンドラに変換すればディアボを墓地送った下級モンスターも過労死させられたりします。

    • つまりディアボが労基に駆け込んだ結果制限された?

タイトルとURLをコピーしました