『深淵の獣(ビーステッド)』で注目を集めているカードまとめ|エクサビートル懐かしいな!

本記事は、2022年7月16日発売『DARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)』に収録される新テーマ【深淵の獣(ビーステッド)】と相性が良いと思われるカードをまとめた記事です。

現状はそこまで多くないですが、思い付き次第随時更新していく予定です。

スポンサーリンク

深淵の獣(ビーステッド)で注目を集めているカードまとめ

【深淵の獣(ビーステッド)】の詳細は上記リンク(YU-GI-OH.JPをチェック)

デスピアの導化アルベル

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

烙印融合を使うなら初動として重宝するでしょう!
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

初動として《烙印融合》を使うのであれば、当然こちらの名前も挙がってくることでしょう。「ビーステッド」側で触った方が早いとは思いますが、《復烙印》や《烙印の獣》をサーチすることも可能です。

輝光竜セイファート

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つ
ドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

手札の「ビーステッド」を墓地に送ってサーチする流れが強そう
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

マグナムート、サロニール、ドルイドヴルムの3体がレベル6で一致しているので、墓地送り→サーチ→特殊召喚までの流れがうまく形成できそう。特にサロニールは手札コストとしても優秀なので相性抜群。※サロニールは手札から墓地に送られても自身の効果を発動可能。

甲虫装機 エクサビートル

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/昆虫族/攻1000/守1000
レベル6モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、
自分または相手の墓地のモンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
このカードの攻撃力・守備力は、
この効果で装備したモンスターのそれぞれの半分の数値分アップする。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
自分及び相手フィールド上に表側表示で存在するカードを
1枚ずつ選択して墓地へ送る。

久々のエクサビートル!ガイドラもセットでどうぞ!
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

墓地のサロニールやドルイドヴルムを装備することで、あちらの墓地に送られた際の効果に繋げる事ができる。エクサビートルで1枚、ドルイドヴルムで1枚の計2枚処理ルートを模索できそうな予感。その為にもガイアドラグーンは重要になりそう。

聖刻龍王アトゥムス

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2100
ドラゴン族レベル6モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

レベル6のドラゴン族テーマと言えばアトゥムス
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

レベル・種族の両方がマッチしてて使わない手は無いぜ!リクルート先として《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》も重宝しそう。あと、こちらも《迅雷の騎士ガイアドラグーン》とセットですね。

迅雷の騎士ガイアドラグーン

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
レベル7モンスター×2
このカードは自分フィールド上のランク5・6のエクシーズモンスターの上に
このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

ガイドラを重ねていこうぜ!
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

重ねてエクシーズの元祖とも呼べる1枚。今回紹介したカードの中だと、エクサビートル、アトゥムス、トレミスとの相性が抜群。このルートから《天霆號アーゼウス》展開も当然あり。

セイクリッド・トレミスM7

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2700/守2000
レベル6モンスター×2
このカードは「セイクリッド・トレミスM7」以外の
自分フィールドの「セイクリッド」Xモンスターの上に
このカードを重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚した場合、このターンこのカードの効果は発動できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

除去にも展開にも使える超便利な汎用エクシーズ
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

サロニールで落とした「ビーステッド」モンスターをトレミスで回収!みたいなルートも面白そうです。

混沌領域(カオス・テリトリー)

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から光属性または闇属性のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとは属性が異なり、
レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

再録がなければ高騰不可避!
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター=《深淵の獣ルベリオン》!白黒セット(コラプワイバー)をギミックとして導入するのもありでしょうし、これは採用しない手は無いですね!

烙印融合

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

サロニール素材で効果発動も狙える!
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

アルベルとセットで採用。サロニールを落とすことで効果に繋がるのも良さげ。

久々のドラゴン族テーマ!ワクワクしますね!

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

特殊召喚のコストとして相手の墓地に干渉。しかも条件付きで相手ターンにも発動可能!って事で、かなりヤベェにおいがプンプンしているテーマですが、久々のドラゴン族テーマということで、ワクワクしているのも事実です。一部テーマ(墓地に戦力をためる光・闇デッキ)はかなり厳しい戦いを強いられる事になりそうですが、得るものも多いはず!

+1

コメント

  1. いげん より:

    ランク6…墓地除外…ときたらネクロフェイス!
    今回もたのしいパックになりそうですね〜〜

    0
タイトルとURLをコピーしました