【アニメーションクロニクル2022】オススメカード5選|ENシャッフルが強い!

新弾発売のお馴染み企画、オススメカード5選のコーナー!

――――という事で、『アニメーションクロニクル2022』に収録されているカードの中から、管理人がオススメする汎用カードを5枚ご紹介!

いつもは汎用カード5選として紹介している記事ですが、今回は種族や属性サポートのカードが多い為、オススメカード5選としています。でも良いカードは結構多いですよ!

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

『アニメーションクロニクル2022』オススメカード5選

♦今回管理人が紹介するカードは以下の5枚♦
機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-
No.2 蚊学忍者シャドー・モスキート
工作箱
G・スタバン・メンヒル
重力均衡
ENシャッフル(特別枠)

機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスターは機械族になる。
(2):自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、相手フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(3):墓地のこのカードを除外し、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから機械族・地属性モンスター1体を手札に加える。

機械族デッキやメタビに採用できそうな1枚
フィールドの表側表示モンスターを機械族にしてしまう永続魔法。種族的なメタやコンボに利用する事も出来るし、1000の差分を生み出す②効果目的でメタビに採用するのもアリ。③効果までマルッと使うなら機械族・地属性デッキに採用したい所。※サイバー・ドラゴンを使ったコンボ等は下記関連記事にて解説。
【機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト|効果考察】サイドラがマスカンに?キメフォ怖ぇ!
今日の夜記事は、2022年6月11日発売『ANIMATION CHRONICLE|アニメーション クロニクル 2022』に収録される新カード《機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-》の特集です。 フィールドの表側表示モンスター...

No.2 蚊学忍者シャドー・モスキート

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/風属性/昆虫族/攻 0/守 0
レベル2モンスター×2体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(2):攻撃可能な相手モンスターは攻撃しなければならない。
(3):お互いのモンスターの攻撃宣言時、以下から1つを選択して発動できる。
●このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのモンスター1体に幻覚カウンターを1つ置く。幻覚カウンターが置かれたモンスターの効果は無効化される。
●幻覚カウンターが置かれているモンスター1体を選び、その攻撃力分のダメージを相手に与える。

汎用ランク2エクシーズ足りえるか?
汎用ランク2エクシーズに新顔登場。戦闘破壊耐性&ダメージ0&強制効果を武器に、攻撃宣言をトリガーとした2つの効果を行使する蚊!かなりトリッキーな性能ではありますが、戦闘破壊されない永続効果を武器に、無理やり戦闘を仕掛けてアーゼウスする的な運用も可能なので、結構汎用性は高そう。※《神騎セイントレア》の代用的な運用も可。

工作箱

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合に発動できる。デッキからカード名が異なる装備魔法カード2枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキの一番下に戻す。

装備魔法カードを大量に使うデッキなら良さそうです
装備魔法カードを大量に使用するデッキに朗報。維持すれば維持するほどにアドを稼ぐ!合致するデッキに採用してみよう!

G・スタバン・メンヒル

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1500
【リンクマーカー:上/下】
地属性モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の通常召喚可能な地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。

地属性版のアネモネっぽい性能
地属性モンスター版の《海晶乙女コーラルアネモネ》的な1枚。あちらと違い効果は無効になりますが、手札回収と蘇生を選べる上に発動後のデメリットも特に存在しないのが特徴。《増殖するG》を回収して再利用したりもできます。
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左/下】
水属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の攻撃力1500以下の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
「海晶乙女コーラルアネモネ」以外の自分の墓地の「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

重力均衡(グラビティ・バランス)

通常魔法
このカード名はルール上「Gゴーレム」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、地属性の同名モンスター2体を対象として発動できる。その2体を攻撃力・守備力を0にし、効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
(2):自分フィールドの「Gゴーレム」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

地属性の同名モンスター2体蘇生
地属性の同名モンスターを2体も特殊召喚できる地属性汎用蘇生札。②効果を活用する為には「Gゴーレム」モンスターを併用する必要がありますが、それはEXデッキ側から供給すれば問題ないぜ!《G・スタバン・メンヒル》共々、今後地属性デッキのお供になってくれそうなカードです。

ENシャッフル(特別推し枠)

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの、「E・HERO」モンスターまたは「N」モンスター1体を選んで持ち主のデッキに戻し、
そのモンスターとはカード名が異なる、「E・HERO」モンスターまたは「N」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
「E・HERO」モンスターと「N」モンスターを1体ずつ、
または「E・HERO ネオス」1体を自分の墓地から選んでデッキに戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

こんなに強いカードがノーマルで良いのだろうか?
HEROデッキに革命を起こす1枚。こんなに強いカードがノーマル収録ってマジ!?このカードの登場でHEROの構築はかなり躍進するはず!さーて早速構築だ!
【ENシャッフル|効果考察】HEROデッキに革命を起こす新規!スピリットが更に強くなったぜ!
今日の記事は、2022年6月11日発売『ANIMATION CHRONICLE 2022』に収録される新カード《ENシャッフル》の特集記事です。 アニメ『遊戯王GX』のvsマルタン戦で十代が使用した《ENシャッフル》が遂にOCG化! ...

ブルーアイズ(英語)のインパクトは凄まじいですが……

英語版ブルーアイズのインパクトが凄まじすぎるのは事実ですが、それ以外にも結構いぶし銀なカードが多数収録されているので、他のカードも良かったらチェックしてみてくださいね!

「アニメーションクロニクル2022」収録カードまとめ|Gゴーレム強いなぁ
2022年6月11日発売『アニメーションクロニクル2022』の収録カードまとめ記事です。 今回は、遊戯王DMから闇遊戯の絵札シリーズ、GXからティラノ剣山のダイナ、ヴレインズからアースのGゴーレムの参戦が決定しています。他のシリーズの参戦カードも気になりますね!
+3

コメント

  1. 匿名 より:

    発売日当日に知った新規の《闇竜族の爪》も汎用ですね。原作通り真紅眼に使いたい。
    ただ、真紅眼扱いにならなかったのかな・・・。

    0
  2. 匿名 より:

    G・スタバン・メンヒルは墓地からSSしないといけないから、アネモネっぽいは過大評価だと思うけどなぁ
    いくらサイバースは蘇生しやすいといっても

    0
タイトルとURLをコピーしました