【ENシャッフル|効果考察】HEROデッキに革命を起こす新規!スピリットが更に強くなったぜ!

今日の記事は、2022年6月11日発売『ANIMATION CHRONICLE 2022』に収録される新カード《ENシャッフル》の特集記事です。

アニメ『遊戯王GX』のvsマルタン戦で十代が使用した《ENシャッフル》が遂にOCG化!

アニメでは確か、E・HEROとNを入れ替える為のカードでしたが、何故かNからのEや、E・HERO同士によるシャッフルが可能になるという超絶強化!……これはマジで強いカードですぜ!

スポンサーリンク

ENシャッフル|効果考察

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの、「E・HERO」モンスターまたは「N」モンスター1体を選んで持ち主のデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なる、「E・HERO」モンスターまたは「N」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。「E・HERO」モンスターと「N」モンスターを1体ずつ、または「E・HERO ネオス」1体を自分の墓地から選んでデッキに戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

収録:【アニメーションクロニクル2022】

ENシャッフル注目ポイント
☆Nとの繋がりを更に強化!
☆EN-エンゲージ・ネオスペース等の評価も相対的にUP
☆ヒーローアライブで対応できない高レベルリクルートにも対応
☆ダークロウ展開の安定化に寄与
☆N素引きもシャッフルと一緒なら安心!?

M・HEROダークロウの展開安定感が格段にUP

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。

《ENシャッフル》のおかげで《E・HEROシャドーミスト》を特殊召喚し易くなった為、【HERO】の先攻制圧の定番『ダークロウ展開』が格段にし易くなりました!

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。

やっぱダークロウなんだよなぁ……(しみじみ)。

E・HEROスピリット・オブ・ネオスに格段に触りやすくなった!

効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「E・HERO」モンスターのカード名が記された魔法・罠カードまたは「融合」1枚を手札に加える。
(3):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、デッキから「E・HERO」通常モンスター1体を特殊召喚する。

《ENシャッフル》による《E・HEROスピリット・オブ・ネオス》のリクルート!

他にも色々と強みは考えられますが、個人的にこれが一番の強化点だと思っています。やはり、《ヒーローアライブ》で触る事が出来ない領域にいきなりアクセスできるってのは凄いですからね。

《E・HEROスピリット・オブ・ネオス》の特殊召喚が安定すれば、当然《EN-エンゲージ・ネオスペース》も格段に扱い易くなるでしょうし、デッキのまとまりもワンランク上のものになるはず!

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):手札及びデッキからそれぞれ1体ずつ、「N」モンスター1体と「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。デッキから「N」モンスターまたはレベル5以上の「E・HERO」モンスター1体を特殊召喚し、自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。この効果で特殊召喚したモンスターが「E・HERO ネオス」の場合、その攻撃力は1000アップする。

また、当然その逆も然りであり、《EN-エンゲージ・ネオスペース》からスタートし、《E・HEROスピリット・オブ・ネオス》効果⇒《ENシャッフル》サーチという軌跡を辿る事も可能です。

この流れで《ENシャッフル》を発動するだけで、任意の「E・HERO」モンスターor「N」モンスターをリクルート可能と考えると、《ENシャッフル》が如何に革命的な新規であるかが分かりますね。

相手の妨害に対する貫通札としての役割も大きい

▲エアーマン,ソリッドマン,リキッドマンへの妨害を受けた場合、そこから別ルートをとれるのが偉い

《E・HEROエアーマン》のサーチ効果を妨害され、ファリスからのヴァイオンという定番ルートを絶たれてしまった場合でも、《E・HEROスピリット・オブ・ネオス》からの《EN-エンゲージ・ネオスペース》,《融合》等のサーチルートへとシフト出来るのが頼もしいです。

N素引きもシャッフルがあれば平気!?

効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 600/守 800
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
相手の手札を確認し、その中からモンスター1体を選ぶ。
選んだモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスターが自分フィールドに存在する場合、
選んだモンスターを破壊し、相手に500ダメージを与える。
存在しない場合、自分は500ダメージを受ける。

デッキに戻すモンスターが「E・HERO」だけじゃなくて「N」にも対応しているのがマジで神!

これなら「N」素引きという事故ハンドを《ENシャッフル》である程度ケアする事が出来ますし、その後の流れで発動する《EN-エンゲージ・ネオスペース》で損した気持ちにもなりませんね。

あと、これは賛否両論ある所だとは思いますが、《N・アクア・ドルフィン》がURで再録されるのも個人的には嬉しいポイントでした。初レアリティってのも当然ありますが、組むなら必要になってくるカードでもあるし、何だかんだで前回の再録から結構日がたっているってのもあるので。

地味に影響を受けている《ENウェーブ》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「E・HERO」モンスターが融合モンスターの融合召喚の素材になり、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
デッキから「N」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を特殊召喚する。
(2):「N」モンスターまたは「E・HERO ネオス」が自分のフィールド・墓地から自分のデッキ・EXデッキに戻った場合に発動できる。
自分の墓地から「E・HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

やや地味な話にはなりますが、《ENシャッフル》のデッキに戻す処理の影響で《ENウェーブ》の②効果の発動条件を満たし易くなっている点にも注目です。

かなり強力な新規だと思います!

HERO強化は『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』で一旦お休みだと思っていたので、このタイミングでの新規投入はマジで嬉しいですね!しかも『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』で追加されたカードの利便性を全体的に底上げする新規になっているので、構築を考える楽しみも一入ってもんです。

あぁ、《ENシャッフル》早く使いたいなぁ……(∩´∀`)∩

 

+3

コメント

  1. 匿名 より:

    なんだ、スピリットモンスターときいて霊魂鳥の救済かと思っちゃった

    +2
  2. 匿名 より:

    そうなると「さらに」って言葉はつかないんだ、
    誠に残念ながら…

    0
タイトルとURLをコピーしました