《ローグ・オブ・エンディミオン》効果予想!ロード・オブ・マジシャンにとってのライデン的存在なのでは?

3月21日発売『Vジャンプ5月特大号』付録《ローグ・オブ・エンディミオン》の効果を大胆予想!

『ストラクR-ロード・オブ・マジシャン』と相性抜群のカード(組み合わせる事で真価を発揮する)という事は、やっぱり魔力カウンター絡みの効果なんでしょうか?

スポンサーリンク

ローグ・オブ・エンディミオン

  • レベル3
  • 炎属性
  • 魔法使い族
  • SDロード・オブ・マジシャンと組み合わせる事で真価を発揮する

魔力カウンター絡みの効果である可能性が高そう

魔力カウンターストラクと関係するならこのカードだって魔力カウンター絡みだろう(強引)。

一口に魔力カウンター絡みと言っても色々ありますが、ストラクとの兼ね合いを考えると恐らくPカード絡みの効果…(たぶん)。

例えば、Pゾーンのカードを特殊召喚するとか…(ないでしょうか?)。

もしかしてチューナーなのでは?

《アーカナイト・マジシャン》,《マジックテンペスター》等のモンスターがいる以上、魔力カウンターとシンクロ召喚は切っても切れない関係なはず。しかし、現状ストラクの中にチューナーの陰はありません。

「…ペロッ、これはチューナー!?」

《ローグ・オブ・エンディミオン》がチューナーである可能性…あると思います!

管理人の効果予想はこれだ!

《ローグ・オブ・エンディミオン》 
チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/魔法使い族/攻1500/守200
このカード名の(4)効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。
(4):このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、自分ペンデュラムゾーンのPカードを対象に発動できる。そのカードを自分フィールドに特殊召喚する。

 

チューナーである事とPゾーンのモンスター展開を重視してみました。召喚時に魔力カウンターを置くのはブレイカーさんリスペクトです(SSでも置けるのは現代風な味付け)。

このカードがチューナーであればレベル3の「マギステル」や「サーヴァント」からのシンクロルートも確立できるのでかなり大きな強化になるのではないでしょうか?

追伸.この効果にした最大の理由は、効果予想の際に「ライトロード・アサシンライデン」が何故か脳裏をよぎったからなんですが…何故過ったかは不明っす。

コメント

  1. このカードもペンデュラムだと思うんだけどなぁ。魔力カウンター3つ取り除いてペンデュラムゾーンから特殊召喚出来る感じの。管理人さんの予想だとカウンター1つで上級呼べちゃうからさすがに強すぎるような…。

    • ペンデュラムモンスターでないことは確定していますよ。

  2. 魔力カウンターの置けるチューナーというだけで有用。
    レベル2のマジカルフィシアリストでは召喚しにくいものもあったし。

  3. (4)にターン1つけないと、P発動でカウンター溜まるから手札のP全部SSできちゃう笑

  4. 取り除いた魔力カウンターの数と同じレベルのPゾーンのモンスターSSでないかと予想。魔法使い縛りをつけて手札墓地含むもありではないかとも思ってる

  5. ターン1つけ忘れてました…(すいません)。

タイトルとURLをコピーしました