《青眼の究極亜竜》は1枚は持っておいた方が良いカード:やぶ蛇・守護竜・デビフラ対応で効果も漏れなく使えます!

《青眼の究極亜竜》(ブルーアイズ・オルタナティブ・アルティメットドラゴン)のダイマです。

…というのも、レジェコレ開封時に当たらなかったから「そのままスルーしちゃった!」って人が割といる様でして、「これはアカン!」って事で記事にしました。

超汎用カードって訳ではありませんが、とりあえず1枚は持っておいて良いカードだと思うので、良かったらどうぞ(低姿

スポンサーリンク

青眼の究極亜竜(ブルーアイズ・オルタナティブ・アルティメットドラゴン)

《青眼の究極亜竜/ブルーアイズ・オルタナティブ・アルティメットドラゴン》 
融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
(1):フィールドのこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターを素材としてこのカードが融合召喚されている場合、この効果の対象を2枚または3枚にできる。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

デビフラからの選択

デビフラと言えば《ナチュル・エクストリオ》や《異星の最終戦士》等が有名ですが、打点面だけで見ると「青眼の究極亜竜」は最高値です。

戦闘担当には《サイバー・エンド・ドラゴン》,《極戦機王ヴァルバロイド》等、役割の異なるアタッカーが存在するので一概には言えませんが、4500打点・対象耐性・効果破壊耐性・フィールドのカード1枚破壊はかなり有能な部類だと思います。

デビフラ自体の採用率は現在そこまで高くはありませんが、このカードはひょんなタイミングで使われ出す傾向があるので一応マークしておいた方が良さそうです。

やぶ蛇からの選択

融合以外の選択をとれる《やぶ蛇》だと少し評価が変わります。

打点面では《花札衛-五光-》、耐性面では《RR-アルティメット・ファルコン》、制圧面では「エクストリオ」「最終戦士」に加えて《サイバー・ドラゴン・インフィニティ(ノヴァ経由)》が追加。

エクシーズ意外に負けない《無限起動要塞メガトンゲイル》や、「ヴァレルロード」「ヴァレルソード」と言った強力なリンク勢力も勿論挙がってきます。

《やぶ蛇》で採用する際は、4500打点・対象耐性・効果破壊耐性・フィールドのカード1枚破壊という器用な性能部分にどう評価するか次第ですね。枠が余ってるなら中間性能って感じで良いと思います。

守護竜アガーペインからの選択

ドラゴン族からの選択になるので上記二つと比べると範囲はかなり狭め。

制圧面では《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》や《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》に軍配が上がりますが、戦闘面では割と良い選択になりうるはずです。

アガーペインからの「究極亜竜」は結構盲点なので、出すと純粋に驚かれるってのもありますね(笑)。

20thじゃなければそこまでお高いカードでもありません

レジェコレで当たらなかったからそのままスルーって人が結構いるようなので、今更ですがオススメしておきます。

管理人は「やぶ蛇」が好きなので割と多用している方だとは思いますが、出れば結構強いですね…(当たり前)。

勿論、状況に応じて使い分ける必要はありますけど、そこそこの選択肢だとは思います。

コメント

  1. そういえば出なかったから存在すら忘れてたなぁ

タイトルとURLをコピーしました