【ラーデッキの強みを考える】ラーの翼神竜-球体形(スフィアモード)が自然と収まる所に注目!蘇生連打も良いよね・・・

理想と現実の間で長年揺れ続けて来た《ラーの翼神竜》が、遂に飛翔する!?

…って事で、今日の朝記事は、強化される【ラーデッキ】の特集です。

個人的には結構良い強化がもらえてる気がしてるんですが、SNSやコメント欄を見ると「それでもまだ弱い!」って声も多い様に感じます。

まぁ結局は蓋を開けてみないと分からない話ではありますが、ちょっと考えてみましょうかねぇ~

スポンサーリンク

ラーデッキの強みって何だろう?

強み1.ラーの翼神竜-球体形が自然と入る

《ラーの翼神竜-球体形スフィア・モード/The Winged Dragon of Ra – Sphere Mode》
効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、自分フィールドのモンスター3体をリリースして自分フィールドに召喚、または相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚しなければならず、召喚したこのカードのコントロールは次のターンのエンドフェイズに元々の持ち主に戻る。
(1):このカードは攻撃できず、相手の攻撃・効果の対象にならない。
(2):このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「ラーの翼神竜」1体を、召喚条件を無視し、攻撃力・守備力を4000にして特殊召喚する。

収録:【RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-】

大制圧時代になるとお呼びがかかる《ラーの翼神竜-球体形》を3投しても大丈夫なデッキ。

…おそらく、これが【ラーデッキ】最大の強みと言って問題ないはず…。

相手が3体並べてくるならリセットに使い、相手が並べてこないなら自場に出したり、《千年の啓示》のコストにすれば良い!

いつでもラー玉3枚投入OK!ってのは絶対に強いはずなんです(たぶん)。

強み2.ラーの翼神竜-不死鳥の展開難易度が格段に下がっている

《ラーの翼神竜-不死鳥ゴッドフェニックス/The Winged Dragon of Ra – Immortal Phoenix》
特殊召喚・効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが墓地に存在し、「ラーの翼神竜」がフィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。このカードを特殊召喚する。この効果の発動に対して効果は発動できない。
(2):このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1000LPを払って発動できる。フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(4):エンドフェイズに発動する。このカードを墓地へ送り、自分の手札・デッキ・墓地から「ラーの翼神竜-球体形」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

収録:【MILLENNIUM PACK】

《ラーの翼神竜-不死鳥》も《千年の啓示》の恩恵を受けまくってるカードと言えるかも?

流石に《おろかな埋葬》のお手軽さに勝るものは無いですが、手札に引き込んでも《千年の啓示》のコストで即座に墓地に送れるのは良い流れだと思います。

コストとして処理できるなら厚めに採用する選択もとれるし、強いけど事故が怖いって印象を払拭する事が出来るかもしれません。

出れば流石に強いカード(4000/4000の完全耐性+ターン1じゃない墓地送り効果)なので、このカードが扱いやすくなってるのは純粋に強みと言って良いのではないでしょうか?

強み3.死者蘇生のサーチ・サルベージが容易

制限カードである《死者蘇生》を何回も使える!

…これも【ラーデッキ(三幻神)】デッキの新たな強みだと思います。

《千年の啓示》
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から幻神獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。このターン、自分の「死者蘇生」によって、自分の墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。この効果を発動したターンのエンドフェイズに、自分は「死者蘇生」の効果で特殊召喚された「ラーの翼神竜」を墓地へ送らなければならない。

 

これ、《千年の啓示》の①効果が墓地にも対応してるの本当に偉いですよね!

《死者蘇生》は名称ターン1のテキストを持たない蘇生札なので、手札から使って1回、墓地から回収してもう1回なんて芸当も可能な訳で、これは動きとしてかなり特別感があります。

《古の呪文》で召喚権が一回増える事を考慮すれば、召喚で1体、蘇生で1体、蘇生で1体をリリースして神!みたいな事も出来ちゃうのも含めて素敵です(ゴリ押し感も良い)。

「今日日《死者蘇生》なんて採用率低いじゃん!」って言われるかもしれませんが、相手の場に強いのが落ちてればそれを拝借しても良いですし、何だかんだで《死者蘇生》は強いです。

強み4.神を使えるという精神的アドバンテージ

オシリスデッキを愛用する身として、テーマとして構築された神デッキが組めるというのは純粋に羨ましいです。

確かに無印の《ラーの翼神竜》は我々が期待していたものとはかけ離れた存在だったかもしれません。しかし、それを理由に(かどうかは分からないけど…)継続的に強化や新規が作り続けられているのもまた事実。

遊戯王にとって「三幻神」が特別な存在である事は紛れもない事実ですし、それを扱えるという精神的アドバンテージは計り知れません。

勿論、今回の新規カードを他の三幻神のサポートとして使うのもアリなんですが、やっぱり「ラーで使ってこそ!」ってカードも多いので、これはマジで羨ましいと思っています。

スフィア3枚構築ができるのは真面目に強みだと思ってます

メインからラー玉3枚が許されるデッキなんて他には無いと思うので、展開系制圧デッキ相手に口笛吹けるのは真面目に強くないですかね?

まぁ逆にどうしようもなく相性の悪そうな相手もいますけど、超得意な対面があるのは明確な強みと言って良いと思うんですよね!

要するにめっちゃエグイ制圧環境が来ればラーは強くなる!って事だな。………ほんとか?

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. 原作ラーって効果盛り盛りだったんだなぁって改めて感じた

  2. オシリスとオベリスクにもテーマになるカードが欲しい
    絵札の三剣士あたりをリメイクしてアルカナ使えつつオシリスと絡めてくれんかな

  3. 同名ラーを3積み…?さてはグールズだなオメー
    マリクデッキとしてのラーデッキを真剣に考えるなら、各形態ピン挿しですね

  4. デッキとしての強さを考えるなら複数積みなんだろうけど雰囲気を大事にしたいキャラデッカーなので各形態1枚採用です
    あとはラーを恒久的に手札かデッキに返せる手段があればなあ

    • ふふっ…、サイバネット・ユニバースなんてどうだ?

      • 天才!!!!!!!
        ありがとう!!!!!!!

  5. 死者蘇生連発は強いけど、啓示のコスト確保に苦労しそう
    太陽神合一の確保共々今後の課題って感じですね
    解門キュリオスで落として覚醒の三幻魔などで回収って手もありますが

  6. テーマとしての強化が少なく、別テーマに無理やりねじ込んで使っていたので今回の強化は素直に嬉しいです。ゴッドハンドクラッシャーとサンダーフォースも必殺技カードとしてOCG化が待たれますね。

  7. 元々、ラー1枚で済んだ効果が別々になっているのが、そもそもの間違い。
    ただ、今回で死者蘇生もできて、リリースモンスターの攻撃力アップとかの再現も出来るようになって、本当に嬉しい。
    まぁ、3種類に分かれた以上は、枚数とか気にせずに、その再現ができるようにデッキを組みたい。

  8. 弱くはないけどやっぱり継続的な強化と既存の強化を前提にした強化によって枠がキツいのが難点なのかなと
    誘発とラー関連入れたらそれだけでもう殆ど埋まりますよね

タイトルとURLをコピーしました