【E・HEROネオス・クルーガー】幻の融合「ネオス・ワイズマン」現る!《ネオスフュージョン》で楽々展開できるのが素晴らしい!

公開日: : モンスターカード(融合)

《ネオス・ワイズマン》と言えば、アニメでは融合モンスターであったにも関わらず、何故か効果モンスターとしてOCG化してしまったという逸話を持つカード。

そんな《ネオス・ワイズマン》をサポートするカードが融合モンスターで出てきたら素敵じゃないですか?

本日は、そんな素敵を体現した一枚《E・HEROネオス・クルーガー》の特集記事です。

※:一部間違いがあったので修正しました。

SPONSORED LINK

E・HEROネオス・クルーガー

融合・効果モンスター
星9/光属性/魔法使い族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「ユベル」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「ネオス・ワイズマン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

収録:【LEGENDARY GOLD BOX】

如何なる屈強なモンスターが立ちはだかろうとも、《ネオス・クルーガー》の攻撃は相手プレイヤーを確実にとらえる(効果ダメージ)。

例え、その戦闘で《ネオス・クルーガー》がやられてしまったとしても、後続で《ネオス・ワイズマン》が現れ、更なるダメージをお見舞いするのだ!

このカードの展開し易さも相まって、今まで運用が難しかった《ネオス・ワイズマン》が一気に現実味を帯びて来た!イケる、これはイケるぞ!

《ネオス・フュージョン》で楽々展開!

《ネオス・フュージョン/Neos Fusion》 
通常魔法
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とするその融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

「E・HEROネオス」+「ユベル」の素材指定は決して簡単なものではありませんが、それを一気に簡単にしてくれるのがこのカード!

《ネオス・フュージョン》と言えば、《レインボー・ネオス》製造機として有名ですが、今後はそこに《E・HEROネオス・クルーガー》も仲間入りする形になると思います。

注意点としては、《ネオス・フュージョン》で特殊召喚したターンに《E・HEROネオス・クルーガー》の②効果を発動する事が出来ない事くらいでしょうか?まぁ、それも大した問題では無さそうですが。

強大な壁があろうとも!相手に傷跡を残す性能

自分よりも攻撃力が低い相手には、効果ダメージと戦闘ダメージによるダブルダメージを与え、守備表示相手には戦闘破壊と効果ダメージをお見舞い!

自分よりも強大なモンスターが相手だったとしても、確実に相手モンスターの攻撃力分の効果ダメージを相手に与える男気に痺れます。

《フェイバリット・ヒーロー》 
装備魔法
レベル5以上の「HERO」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールドゾーンにカードが存在する場合、装備モンスターは、攻撃力が元々の守備分アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。自分の手札・デッキからフィールド魔法カード1枚を選んで発動する。
(3):装備モンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時、このカードを墓地へ送って発動できる。その攻撃モンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 

2019/11/9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収録される《フェイバリット・ヒーロー》を併用すれば、攻撃力5500アタックからの連撃(攻撃力3000)が可能になります。

なお、《E・HEROネオス・クルーガー》の①効果はターン1効果ではない為、戦闘する度に効果ダメージを相手にお見舞いする事ができますぞ!

出てくる《ネオス・ワイズマン》はこんなカード

《ネオス・ワイズマン/Neos Wiseman》 
特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/魔法使い族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分のモンスターゾーンの表側表示の、「E・HERO ネオス」と「ユベル」を1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは効果で破壊されない。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動する。その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。その相手モンスターの守備力分だけ自分のLPを回復する。

 

今見ると少し控えめな性能に映るかもしれませんが、このカードが《ネオス・クルーガー》から飛び出してくるのがポイント!

例えば、相手フィールドに攻撃力4000のモンスターがいるとして、そのモンスターに《ネオス・クルーガー》が自爆特効を仕掛けたとします。

その場合、《ネオス・クルーガー》の効果で相手に4000ダメージ、出て来た《ネオス・ワイズマン》で自爆特攻して相手に4000ダメージの計8000ダメージという無茶苦茶な逆転劇も可能になります。

この例は流石にレアケースでしょうけど、色んなパターンのワンキル・逆転劇を秘めた効果だと思います。

《ミラクル・フュージョン》で第2波も狙える

《ミラクル・フュージョン/Miracle Fusion》 
通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、「E・HERO」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

《ネオス・フュージョン》で展開する=墓地に融合素材が揃っている!

…ならば、《ミラクル・フュージョン》で第2派を狙う事も余裕!

《ミラクル・フュージョン》自体は《E・HERO サンライザー》でサーチが可能になってますし、以前よりもずっと戦略に組み込み易くなっているはずです。

でも、「ネオス」主軸のデッキに「サンライザー」までってなるとちょっと構築が難しそうかな?

なお、《ミラクル・コンタクト》でも第二波を狙う事が出来ますぞ!

融合に絡めた強化ってのが気に入りました

今更融合モンスターとしてリメイクし直すのも何かアレですし、こういう形でオリジナルを踏襲する流れが個人的に気に入りました。

耐性ガチガチ盤面とかに叩きつけてバーンキルしてみたいなぁ…。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ LEGENDARY GOLD BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-12-21)
売り上げランキング: 3
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ネオス・クルーガーも相手の攻撃力分のダメージを相手に与えてのでは?

  2. 匿名 より:

    ネオスクルーガー自爆特攻からワイズマン自爆特攻の部分のダメージがよく分かりませんでした

  3. 匿名 より:

    クルーガーも相手モンスターの攻撃力なので、相手は4000で十分ではないでしょうか?

  4. cast より:

    クルーガーの効果を自分の攻撃力参照と勘違いしていました。色々修正してきます((+_+))

  5. 匿名 より:

    隕石のトークンに特攻すればワンキルも余裕ですね

  6. MO@I より:

    融合じゃ無いし、HEROでもない、効果は良いけど出すまでが重すぎて使えないというネオスワイズマンの悪い所を全部解消したよきリメイク

    主人公と相棒のエースとの融合体から破壊されるとさらに効果モンスターが出てくるって流れはブラックフレアナイトから出てくるミラージュナイトを思い出すオッサンです

    自爆特攻でダメージ与える戦法を考えるなら脆刃の剣を相手に1500以上の攻撃力のモンスターに装備して特攻すると
    相手が3500になりクルーガー効果で3500ダメージ
    お互いに500の戦闘ダメージ受けてワイズマンが出てきて
    ワイズマンで3500の効果ダメージとお互い500の戦闘ダメージこれで8000ダメージが出ますね

  7. 匿名 より:

    ネオスフュージョンは融合召喚ではないので、融合召喚でしか出せないネオスクルーガーは出せませんよ。

    • cast より:

      召喚条件無視なのでネオス・フュージョンで出せるはずですよー
      確認してみて下さい(‘◇’)ゞ

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【魔界劇団-ハイパー・ディレクター効果考察】デッキから任意のPモンスターをPゾーンに置ける!メローマドンナ過労死不可避!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《魔界劇団-ハイパー・

【LVP3/リンクヴレインズパック3】再録カード多数判明・テーマ別再録カードリスト:「幻獣機オライオン」再録ありがたい!

Vジャンプフラゲにて、『リンク・ヴレインズ・パック3』の再録カ

【閃刀姫-ジーク】モンスターを一時的に除外する効果は用途が広くて超便利!ホーネットビットとカガリで出張も出来る!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《閃刀姫-ジーク》

【デコード・トーカー・ヒートソウル効果考察】特殊召喚して強いリンク3サイバース族モンスターは誰だ!?星痕の機界騎士が強い!

『レジェンダリーゴールドボックス』付属の「スペシャルパック」に

【シャドールストラク】《エルシャドール・ミドラーシュ》の絵違い収録で残す強化パックの未判明枠はJPP005の1枚!新規魔法or罠来るか?【強化パック名前変更の理由?】

『遊戯王OCG公式ツイッター』にて、12/7日発売「リバース・

【鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード効果考察】HERO相手に超融合しよう(提案)!【エクストラ・ブースト&連撃を再現した効果です】

『プレミアムパック2020』に収録される《鋼鉄の魔導騎士-ギルティ

【@イグニスター】Ai-コンタクト、Ai-Qの効果について考える:パッと見強そうだけど本当に強いのか否か

2020年1月11日発売『エターニティ・コード』に収録される「Ai

【ジ・アライバル・サイバース@イグニスター効果考察】ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードとどっちを優先すべき?

2020/1/11日発売『エターニティ・コード』に収録される新カー

→もっと見る

PAGE TOP ↑