【新規&サリエル入り「呪眼リゾネーター」デッキレシピ】非チューナー問題を解決するパレイドリア

新星「リゾネーターデッキ」第一弾が完成したのでご紹介します。

《クリムゾン・リゾネーター》のおかげで召喚権にゆとりができたので、召喚誘発効果が強いモンスターの選択が可能になりました。

今回は、《呪眼の死徒サリエル》を採用した【呪眼リゾネーター】で攻めてみました。

スポンサーリンク

新規採用・呪眼型リゾネーター

メインデッキ

《呪眼領域-パレイドリア》と《呪眼の死徒サリエル》が入っていること以外は普通の【リゾネーターデッキ】です。

《黒き森のウィッチ》と《ワイルド・ワインド》は悩み所ですが、今回は2枚ずつで採用してみました。

アビス安定を図る為にも《ウィッチ》3.《ワイルド・ワインド》1の方がもしかしたらいいかも知れません。

エクストラデッキ

全力で《レッド・ライジング・ドラゴン》を通しに行くデッキなので3枚採用。

《スカーライト》,《スーパーノヴァ》は2枚ずつあっても良いですが、今回は《武力の軍曹》ギミックを採用する為に切り詰めざるを得ませんでした。

《武力の軍曹》ギミックを抜くなら《リンククロス》と《武力の軍曹》で2枚EXがフリーになります。

動かし方・盤面解説

リゾネーターの採用枚数

レッド・リゾネーター

レベル4非チューナーを特殊召喚する事で安定して《レッド・ライジング・ドラゴン》に繋げる事が出来る初動札。《クリムゾン・リゾネーター》の影響で依存度が少し下がったので今回は2枚採用にしています。特殊召喚誘発のモンスターを採用するなら2枚で良いです。

クリムゾン・リゾネーター

リゾネーター最強カードなので3枚採用。このカード+レベル4非チューナーだけで《スカーレッド・ドラゴン・スーパーノヴァ》にアクセスできるのは革命です。それ以外のレモンにも幅広く繋がるので文句なしの3枚。

クリエイト・リゾネーター

《クリムゾン・リゾネーター》から3,1で引っ張る際の3担当。《シンクローン・リゾネーター》による回収からのSSも強いので頼もしいカードです。2枚あっても良いですが、今回は枠の関係で1枚にしています。

シンクローン・リゾネーター

手札消費を抑える陰の立役者。セルフSSも強くて本当に頼りになるやつです。素引きしてもそこそこ強いけど、初動には寄与しにくいの2枚。

呪眼・サリエルについて

《呪眼の死徒 サリエル/Serziel, Watcher of the Evil Eye》 
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「呪眼の死徒 サリエル」以外の「呪眼」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

《サリエル》を採用した理由はいくつかありますが、最大の理由は《呪眼領域パレイドリア》と相互サーチ関係にある事です。

常時1枚はレベル4非チューナーを握っておきたいデッキなので、この相互による安定供給は非常に頼もしい存在と言えます。

《クリムゾン・リゾネーター》効果にチェーンされて《増G》された場合も、《サリエル》召喚から《セレンの呪眼》から1妨害構える事ができ、誘発のケア判断としても器用です。

《静冠の呪眼/Evil Eye Repose》 
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードは自分の墓地から「呪眼」カード1枚を除外して発動する事もできる。その場合、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、「セレンの呪眼」を装備した自分の「呪眼」モンスターが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動できる。その相手モンスターを除外する。
(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊された場合、除外されている自分の「呪眼」カードを3枚まで対象として発動できる。そのカードを墓地に戻す。

 

《静冠の呪眼》は、シンクロ素材に使用した《サリエル》を除外して1ドローに変換できるカードなので採用してみました。

墓地から《サリエル》を蘇生できる《歓忌の呪眼》も選択肢としてはアリですが、4月ルールまでは後追いで非チューナーを供給する事がそこまで美味しく見えなかったので様子見しています。

「呪眼」カードを増やせばその分《サリエル》のバリューは上がりますが、その分初手事故率は高まっていきます。回してみた感覚だと、《パレイドリア》以外の「呪眼」魔法・罠は混ぜれて1,2枚が限界といった印象でした。

黒き森のウィッチについて

【リゾネーター】を既に回している人からすると今更感の強い話題になりますが、《黒き森のウィッチ》は【リゾネーターシンクロ】にとって最高のバディです。

《シンクローン・リゾネーター》サーチから即座に《レッドデーモン・アビス》に繋げる動きは勿論、妨害用の手札誘発サーチ等、その働きは多岐に渡ります。

本デッキの場合はそこに《サリエル》サーチも加わってくる為、いつも以上にバリューは高まっています。

※《シンクローン・リゾネーター》は効果ではなく召喚ルールなので効果発動できない状態でも問題なくSS出来る。

先攻でスーパーノヴァかアビス盤面を目指す

目指すは《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》or《アビス》&《ベリアル》盤面。

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》+セット&手札誘発による単騎仁王立ち盤面はムネアツ!!

スーパーノヴァはイメージよりもずっと強いので、ガンガン信じていきましょう。

武力の軍曹について

《武力の軍奏/Martial Metal Marcher》 
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、フィールドに表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。

 

《武力の軍曹》はチューナーしか引けなかった際に無理やり《ヴァレルロード・ドラゴン》を立てる為に採用しています。

  • クリムゾンorレッドとリンクリボー(シンクローン変換)でハリファイバー
  • ハリからレベル2チューナー
  • ハリをリンクロス
  • トークン1体リンクリボーで食べる
  • トークンと2チューナーで錻力、錻力効果でチューナー釣り上げ

 

《リンクリボー》が墓地におちている事が前提なので信頼度はそこまで高くありません。

正直、《ハリファイバー》からの相手ターン《シューティング・ライザー》で《ワイルド・ワインド》落としとのほうがEXにゆとりも持てるし良いかもです(笑)。

非チューナー側の選択次第で構築が大きく変わる面白さ

今回は「呪眼」で組みましたが、レベル4の非チューナーならば選択肢は無限大です。

「HERO」「恐竜」等、昔から併用されてきたカードは勿論、「ドラゴンメイド」等との併用も最近は注目されています。

ジャックデッキとは言い難いかも知れませんが、混ぜ物が好きな人からすると滅茶苦茶楽しいデッキなのは間違いありません。…是非お試しあれ!!

宣伝:遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

コメント

  1. なるほどこれはおもしろそう!!!組んでみたいと思います!
    他のレシピも楽しみにしていますね

  2. ジャックデッキは混ぜ物もしやすくなって面白いですね。私は悩んだ末前から使っていた/バスターセットを混ぜてみました。ライジング無しでも回せるしレモンたたせやすいのがジャックっぽくていい。

  3. ドラゴンメイド好きなので混ぜようと思ってます
    ジャック感は少し減りますけど

  4. クイックリボルブが便利だからヴァレットと合わせてる

タイトルとURLをコピーしました