【祝・スターダスト・ドラゴン強化】セイヴァー路線は嬉しいなぁ・・・【気まぐれカード紹介2】

今日は、『ドーン・オブ・マジェスティ』での強化が決定した「スターダスト・ドラゴン」が主役!

遊戯王5D’sの主人公である遊星のエースモンスターで、その洗練されたフォルムや強化体の多さ、操るデッキ(主にジャンド)の自由度等々、様々な理由で愛され続けられているカードです。

今回は《救世竜セイヴァー・ドラゴン》を軸とした「セイヴァー」軸の強化という事で、「スターダスト・ドラゴン」を指定したサポート等を中心に気まぐれに語ってみました。

既存カードへの配慮も感じられるし、11期の過去テーマ強化は本当にレベルが高いなぁ……。

スポンサーリンク

スターダスト・ドラゴン強化おめでとう!

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。

フィールドのカードを破壊する効果を無効にして破棄する星屑竜。このシンプルで洗練された効果テキスト、シンクロのフレームに映える青白くシャープなデザインが最高ッ!

レモン教である管理人の目から見ても、流石は遊星のエースと言わんばかりの恰好良さです(謎の独り語り)。

スターダスト・ドラゴンを中心にした強化は実は珍しい?

「ジャンク」や「シンクロン」絡みの強化・新規は過去にも何度かありましたが、今回みたいに「スターダスト・ドラゴン」を名指しで強化している新規って実は珍しいんですよね。

「スターダスト」絡みの新規があった場合も、「スターダスト」モンスターとか該当のレベルを持つSモンスターを指定するものが多かったので、これは待望の新規と言って過言では無いでしょう!

完全新規で固めても良いし、既存と絡めても良いし、受けの広さも遊星のカードって感じがあっていいなぁ……。

セイヴァー・スター・ドラゴンもちゃんと使えそうなのが良き

新規カード《光来する奇跡》の効果で《セイヴァー・スター・ドラゴン》がEXに帰還しなくなっているのは良いですね。

効果の性質も随分違うので、どっちが上みたいな感じで単純比較されない仕様なのも嬉しいです。これならどっちも使う意味が出てくる!

あと単純にバウンスへの耐性になってるのも良いっすねぇ!!

スターダスト・シャオロンなど、既存への配慮もGOOD

効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 100/守 100
自分が「スターダスト・ドラゴン」のシンクロ召喚に成功した時、
墓地のこのカードを表側攻撃表示で特殊召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。

基本的には新規だけで補完できてはいるんですが、《スターダスト・シャオロン》とかは「1枚あったら便利かも?」位には思える構造なのが嬉しいですね。

《想い集いし竜》に関しても、特殊召喚をターン1に縛っているのは、《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》の事を考えての配慮でしょうし、過去をなかった事にしないのは好感が持てます。

サポート外のカードが生まれたのは少し残念

新規カード《スターダスト・シンクロン》は、「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カードをサーチする効果なので、《星屑の残光|スターダストフラッシュ》等の一部カードはサーチ範囲外になってしまいました。※「スターダスト」モンスターを指定している事が多い為。

  • 対応外のカード(ザっと見調べ)
    星屑の願い
    スターダスト・ミラージュ
    星墜つる地に立つ閃こう
    シューティング・ソニック 等

まぁでも、《集いし願い》はサーチ可能なので、そこだけは助かりました。

通常罠
(1):自分の墓地にドラゴン族Sモンスターが5種類以上存在する場合に発動できる。
エクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚し、
このカードを装備する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
(2):装備モンスターの攻撃力は、
自分の墓地のドラゴン族Sモンスターの攻撃力の合計分アップする。
(3):装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊する度に、
自分の墓地のドラゴン族Sモンスター1体を除外して発動できる。
装備モンスターは相手モンスターに続けて攻撃できる。

サーチが可能になった事で《集いし願い》を使ったデッキの安定感は相当増しそうですねぇ~

あと、スタダはイラストやレアリティに拘れるのも良い

あと、《スターダスト・ドラゴン》はレアリティ差分が豊富で、絵違いもある為、そういう部分でこだわりを見せる事も出来ます。

通常絵

  • ノーマル
  • スーパー
  • ウルトラ
  • シークレット
  • アルティメット(レリーフ)
  • ゴールド
  • ゴールドシークレット
  • シークレット
  • エクストラシークレット
  • プリズマティックシークレット
  • 20thシークレット

絵違い

  • シークレット
  • プリズマティックシークレット
  • 20thシークレット

流石は主人公エースと言ったラインナップ。これなら自分の好きな絵柄・レアリティでエクストラを統一する楽しみが生まれますね。

セイヴァー・デモン強化にも期待していますよ

「セイヴァー・スター」が来って事は、「セイヴァー・デモン」にも期待して良いって事ですよね?

今回のパックで同時に収録ってのは大変だと思うので、私は何時までも気長にお待ちしますよ!

まぁ実際、今回の新規も一部はそのまま使えるし、強化体やサポートが1,2枚あれば形になりそうではある……(わくわく)。

0

コメント

  1. 個人的には デブリ・ドラゴンとか噛み合ってほしかったですね・・・

    0
  2. 今wiki見直してたんですが、セイヴァーの英名majesticだったんですね
    dawn of majestyは「尊厳なる夜明け」よりも
    「セイヴァーの始まり」みたいに訳したら良いのかな?

    0
  3. これEXデッキバウンスへの耐性だけど手札バウンスは効くんかな(手札に返す効果だけどシンクロは手札に返らないから結果的にEXに行く場合)

    0
  4. /バスとセイヴァーの同居が可能に( ◜‿◝ )

    ジャンクコンバータ買わないと

    0
タイトルとURLをコピーしました