【マスターデュエル】リゾネーターデッキ紹介|アメイズメント入り!?【プラチナtier1達成レシピ】

『マスターデュエル』のランク戦でプラチナTier1を達成したデッキレシピをご紹介!

今回ご紹介するのは、皆大好き【リゾネーター】デッキ!

【リゾネーター】デッキには、【リフレクター型】【カグヤ型】等、様々な構築が存在しますが、今回はちょっぴり珍しい【アメイズメント】入りの構築をご紹介!

悪魔と遊園地、今ここに交わる。高ぶる魂よ、お化け屋敷で叫び声をあげよ!

スポンサーリンク

プラチナtier1達成【アメイズメントリゾネーター】デッキレシピ

メインデッキ
2.シンクローン・リゾネーター
3.増殖するG
1.レッド・リゾネーター
3.クリムゾン・リゾネーター
1.クリエイト・リゾネーター
1.幽鬼うさぎ
3.灰流うらら
1.スカル・マイスター
1.妖精伝姫シラユキ
3.風来王ワイルド・ワインド
1.スカーレッド・ファミリア
3.驚楽園の案内人 <Comica>
3.コール・リゾネーター
3.金満で謙虚な壺
2.墓穴の指名者
1.抹殺の指名者
2.禁じられた一滴
3.アメイジングタイムチケット
1.無限泡影
1.スカーレッド・レイン
1.A・∀・HH
EXデッキ
3.レッド・ライジング・ドラゴン
1.シューティング・ライザー・ドラゴン
1.レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
1.混沌魔龍カオス・ルーラー
2.琰魔竜 レッド・デーモン・アビス
1.琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル
1.レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント
1.琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ
1.スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン
1.水晶機巧-ハリファイバー
1.トロイメア・ユニコーン
1.アクセスコード・トーカー

EXデッキ
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

リゾネーターにアメイズメントを混ぜた構築になっています。それぞれ細々とした採用理由・狙いが存在しているので、要点ごとに1つずつ解説していきます。とりあえずメインデッキからGO!

メインデッキについて

●リゾネーターの配分について
今回の構築では、《コール・リゾネーター》込みで計10枚の「リゾネーター」モンスターを採用しています。各カードの採用枚数については後程解説します。
●手札誘発関連について
《増殖するG》がとにかく重いデッキなので、G対策になる《灰流うらら》と《墓穴の指名者》はフル投入。あと、1枚だけ《抹殺の指名者》も採用しています。
《幽鬼うさぎ》をピン採用については、ちょっと長くなるので別記します。
●ドローソースについて
今回は初動の安定目的で《金満で謙虚な壺》を3枚採用しています。
言うまでもないと思いますが、EXがかなりかつかつなデッキなので、実質1回~2回(6枚除外なら1回)しか《金満で謙虚な壺》を発動する事は出来きません。また、除外するカードをミスるとそれだけで機能不全に陥るので、コストの選出はかなり重要です。
【コストの目安】
3枚除外の場合:ユニコーン、アクセスコード、タイラント
6枚除外の場合:ユニコーン、アクセスコード、タイラント、ライザー、ハリファイバー、カラミティor3枚目のライジング※ハリファイバーを使う可能性があるならハリファイバーとライザーは避ける。
●アメイズメントの採用について
魔法カードで嵩増しできるモンスター(レベル4・非チューナー)枠として【アメイズメント】を採用。属性も光属性で《混沌魔龍カオス・ルーラー》のコストに最適!
《クリムゾン・リゾネーター》から動いた場合、コミカ召喚で1妨害(ホラーハウス)を構える事も可能です。

エクストラデッキについて

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守1600
悪魔族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地の「リゾネーター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、
自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
●レッド・ライジング・ドラゴン
4+2で6を組んで8以上を目指す上昇志向強めな1枚。効果に伴う縛りは強烈ですが、①②効果共に名称ターン1のテキストを一切持っていない為、結構ごり押しも出来る凄い奴。
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、
そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。
このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。
●シューティング・ライザー・ドラゴン
ハリファイバーから出して非チューナー(大体シラユキ)を供給する役目。手札が事故った時にお呼びがかかる。
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは墓地へ送る。
(2):このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、
自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
●混沌魔龍カオス・ルーラー
《レッド・ライジング・ドラゴン》からの展開先。5枚肥やせばなにか起こる……はず。
8+1でアビスを出したり、8+1+1+2でスーパーノヴァを出したりもできる。
正直、2枚採用してもいい枠。
シンクロ・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
●琰魔竜 レッド・デーモン・アビス
フリーチェーンで相手フィールドの表側表示のカードに干渉できる万能無効。フィールド外の出来事には無頓着ですが、かなり頼りになります。②効果も、更なる展開に繋げたり、《幽鬼うさぎ》を特殊召喚して妨害を増やしたり、結構器用です。
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
自分の墓地の「レッド・デーモン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分のデッキ及び墓地からレベルが同じチューナーをそれぞれ1体ずつ選んで守備表示で特殊召喚する。
●琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル
墓地の「レッド・デーモン」モンスターを蘇生する3500打点。攻める時に使うのが強いので、ここぞというシーンの為に温存しておくと良いですね!
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):バトルフェイズに魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を500アップする。
●レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント
自分の場も巻き込むし、何故か自身以外攻撃できなくなるのでリーサルも遠のくという謎仕様。でも、とりあえず盤面をリセットしたい時にはオススメできる。
シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3500
チューナー2体+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。
この発動に対して、相手はカードの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):このカードが相手によって破壊された場合、
自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ
相手ターンに出すと滅茶苦茶強い沈黙系レモン。今回の構築では相手ターン展開は不可。
シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(4):このカードの(3)の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。
●スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン
モンスター効果に滅法強い効果破壊されない高打点!
③効果による相手フィールド全除外は快感の極み!
……しかし、相手ターン中に発動した場合、帰って来るのが滅茶苦茶遅いZE!
●本デッキにおけるリンクモンスターの立ち位置
本デッキは、リンクとシンクロを同一ターンに併用する事が極めて困難なデッキなので、ハリファイバー以外のリンクはおまけ感覚での採用になります。ハリファイバーだけは、チューナー過多で非チューナーに触れない状況下で《妖精伝姫シラユキ》を墓地に落とす(シューティング・ライザー使用)為に使うのでちょっと大事です。
ぶっちゃけハリ以外はあんまり使わないので、中継として便利な《妖精竜エンシェント》とかに入れ替えた方が良いですね(管理人は持ってないので今回は妥協)。
シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のターンにフィールド魔法カードが発動した場合、
デッキからカードを1枚ドローする。
「妖精竜 エンシェント」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、1ターンに1度、フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して破壊できる。

リゾネーターの採用枚数について

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 100/守 100
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):フィールドにSモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
「シンクローン・リゾネーター」以外の自分の墓地の「リゾネーター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
●シンクローン・リゾネーター
8+1で《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》を狙いに行くための重要な存在。②効果は激緩い条件な上にターン1が存在しない為、リソースがガンガン帰ってきます。
チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/悪魔族/攻 600/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。
●レッド・リゾネーター
盤面の状況に左右されず4+2のシンクロルートを確立できる1枚。初動のクリムゾン、二の矢のレッドという認識で運用すると良い感じ!回復効果もとにかく強いぜ!
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 800/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分はドラゴン族・闇属性SモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドのモンスターが
ドラゴン族・闇属性Sモンスター1体のみの場合に発動できる。
手札・デッキから「クリムゾン・リゾネーター」以外の「リゾネーター」モンスターを2体まで特殊召喚する。
●クリムゾン・リゾネーター
モンスターレス状態から召喚権を残してチューナーを展開!驚異の2体リクルートで高レベルのダブル・トリプルチューニングも思いのまま!リゾネーターデッキ最強の初動札。
チューナー(効果モンスター)
星3/風属性/悪魔族/攻 800/守 600
自分フィールド上にレベル8以上のシンクロモンスターが表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
●クリエイト・リゾネーター
微妙そうに見えて実は結構やる1枚。特殊召喚にターン1が無いのがとにかく強力!6+3でアビスに行ったり、6+3+2+1でスーパーノヴァに行ったりする。シンクローンで回収して過労死させよう(ベリアルのリリースコストにも最適)。

レベル4非チューナーについて

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。
●スカル・マイスター
妨害兼シンクロ素材。【ドライトロン】【鉄獣戦線】【アダマシア】など、刺さるデッキも多くて使いやすいのが見所。打点も地味に高いので時々殴る。
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●妖精伝姫シラユキ
カオスルーラー経由で落ちるとHappy!妨害としてもとっても強い!
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300
(1):自分フィールドに攻撃力1500以下の悪魔族チューナーが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、自分はSモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナー1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
●風来王ワイルド・ワインド
《クリムゾン・リゾネーター》と併用すれば、召喚権を使わずに《レッド・ライジング・ドラゴン》を立てられるぜ!一妨害すら厳しいこのデッキおけるオアシスの様な存在。墓地効果によるサーチも強力だぜ!
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの悪魔族モンスター1体をリリースし、
自分の墓地のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドのドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象とし、
1~8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで宣言したレベルになる。
●スカーレッド・ファミリア
今回はレベル4・非チューナーの嵩増しとして採用。墓地効果を使うとシンクロルートにかなり融通が利いて便利でした。
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1400/守1800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「アトラクション」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
(2):モンスターに装備されている自分の「アトラクション」罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドの「アメイズメント」モンスターまたは
相手フィールドの表側表示モンスター1体に装備する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●驚楽園の案内人 <Comica>
アメイズメント採用型のキモ。《クリムゾン・リゾネーター》初動をした場合、浮いた召喚権を使う事で4+2のシンクロルートを確保しつつ《A・∀・HH|ホラーハウス》で1妨害構えられる逸材。あと光なのでルーラーのコストにも最適。※事故るのでホラーハウスは1枚に抑えました。

先攻でアビス+α、スーパーノヴァ+αの盤面を目指す

目指すべき先攻展開の目安は以下2つ!

パターン①:アビス+α
〇《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》による一妨害とセットカードによる+α妨害を目指すパターン。《混沌魔龍カオス・ルーラー》で《スカーレット・レイン》が落ちたら激運!
【要求手札】
●《クリムゾン・リゾネーター》+レベル4非チューナー
●《レッド・リゾネーター》+レベル4非チューナー+《シンクローン・リゾネーター》
パターン②:スーパーノヴァ
〇《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》をドーンと構える展開!壊獣やモンスター効果を介さないバウンス・除外・墓地送りはマジ勘弁!
【要求手札】
●《クリムゾン・リゾネーター》+レベル4非チューナー
※《クリムゾン・リゾネーター》効果で《クリエイト・リゾネーター》と《シンクローン・リゾネーター》を特殊召喚すると6+3+2+1でレベル12シンクロ達成!
※《混沌魔龍カオス・ルーラー》を経由する場合は、《クリムゾン・リゾネーター》で《シンクローン・リゾネーター》と《レッド・リゾネーター》を特殊召喚し、別途手札から《シンクローン・リゾネーター》を特殊召喚する必要があります。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

どちらのルートを選択するかはアナタ次第!
状況や手札と相談して決めよう!

《スカーレッド・レイン》という名の素敵な必殺技!

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル8以上のSモンスターが存在する場合に発動できる。
フィールドの、レベルが一番高いモンスター以外のモンスターを全て除外する。
この効果で除外されなかったフィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで、
自身以外のカードの効果を受けない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドにドラゴン族・闇属性SモンスターがS召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《混沌魔龍カオス・ルーラー》で捲れたら激熱!自分のモンスターも巻き込む効果なので、このカードを構える時は展開を控える事も大事!

幽鬼うさぎの採用理由について

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、
またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《幽鬼うさぎ》を1枚採用しておくと、《水晶機巧ハリファイバー》から1妨害用意できるのでオススメ!あと、《混沌魔龍カオス・ルーラー》で手札に加えられる光属性なのも結構重要です。

手札誘発・妨害等全てキツイ!

G、うらら、うさぎ、わらし、ニビル、ヴェーラー、DDクロウ、墓穴、無限泡影等々、妨害の類は全部キツイ(白目)!……でも諦めないで!

動画もヨロシクお願いします

【遊戯王マスターデュエル】レッドデーモンでプラチナTier1 シンクロフェスティバルでも戦えるアメイズリゾネーターデッキ紹介【ゆっくり解説】
ワイト君が動画も作ってくれたので、そちらもヨロシクお願いします。1本目少しプレミしてて恥ずかしいんですが、良かったらどうぞ!

モンスター+罠で妨害を散らせるのが魅力!

今回は、【アメイズメント】を入れたちょっと珍しい【リゾネーター】デッキを紹介してみました。

【リフレクター型】や【カグヤ型】程の安定感は流石にありませんが、モンスター+罠で妨害を散らせるのは個人的に気に入っているポイントです。

ちょっと変わり種の【リゾネーター】デッキを試してみたい人は、是非一度お試しください!

追伸:『マスターデュエル』だと《黒き森のウィッチ》《妖精伝姫カグヤ》等はURなので、作成コストを抑えた構築を探している人にも最適だと思います。
+7

コメント

タイトルとURLをコピーしました