【マスターデュエル】機界騎士(ジャックナイツ)デッキ紹介|プラチナtier1達成レシピ

『マスターデュエル』のランク戦でプラチナTier1を達成したデッキをご紹介!

今回ご紹介するのは、管理人が前々から使いたいと思い続けていたテーマである【機界騎士|ジャックナイツ】デッキです。

マスターデュエルから本格的に触ったデッキなのもあり、構築・プレイ共に拙い部分はありましたが、使えば使う程、噛めば噛むほど味が出るデッキで滅茶苦茶面白いデッキでした!

スポンサーリンク

プラチナtier1達成『機界騎士|ジャックナイツ』デッキレシピ

メインデッキ
3.増殖するG
3.灰流うらら
3.召喚師アレイスター
1.宵星の騎士ギルス
2.蒼穹の機界騎士
1.星遺物-星鎧
1.黄華の機界騎士
1.紅蓮の機界騎士
1.壊粉壊獣ガダーラ
1.紺碧の機界騎士
3.紫宵の機界騎士
1.原始生命態ニビル
1.ハーピィの羽根帚
2.召喚魔術
1.星遺物を継ぐもの
1.ライトニングストーム
2.暴走魔方陣
1.星遺物へ至る鍵
1.コズミック・サイクロン
2.墓穴の指名者
2.星遺物の機憶
2.禁じられた一滴
1.無限泡影
1.星遺物の囁き
2.星遺物に眠る深層
EXデッキ
1.召喚獣プルガトリオ
1.召喚獣メガラニカ
1.召喚獣アウゴエイデス
2.召喚獣メルカバー
1.セキュア・ガードナー
1.転生炎獣アルミラージ
1.聖魔の乙女アルテミス
1.暴走召喚師アレイスター
1.明星の機械騎士
1.星鍵士リイヴ
1.トロイメア・ユニコーン
1.ヴァレルソード・ドラゴン
1.召命の神弓-アポロウーサ
1.アクセスコード・トーカー

EXデッキ

メインデッキについて

ジャックナイツについて
メインデッキに入る「ジャックナイツ」モンスターは、宵星の騎士ギルス1.蒼穹の機界騎士2.黄華の機界騎士1.紅蓮の機界騎士1.紫宵の機界騎士3枚体制です。詳細別記。
●手札誘発関連について
誘発はG3、うらら3、ニビル1、泡影1の8枚体制。環境を見てドロバやヴェーラーを入れたりもしましたが、最終的にはこの枚数で落ち着きました。ただ、泡影は2枚以上あっても良いとは思います。
後攻まくり手段
後攻をとるデッキなので、後攻からまくりに行くカードは意識して採用しています。
壊獣や一滴の枚数は環境を見て考える必要があるので、一概に〇枚と断言するのは難しいです。そこは臨機応変に枚数を増やしたり減らしたりして頂けると幸いです。
●星遺物カードについて
星遺物カードは、モンスター(星鎧)、魔法(継ぐもの、鍵、機憶)、罠(囁き、深層)を採用しています。詳細は別記

エクストラデッキについて

●召喚獣関連について
EXの召喚獣は、プルガトリオが1枚、メガラニカ1枚、アウゴエイデスが1枚、メルカバーを2枚採用しています。メガラニカは最悪抜いてもokですが、ここぞという時に結構使うので個人的には残しておきたい1枚。その他はこの枚数で問題なく回せると思います。
それぞれの役割は、プルガトリオがワンキル用、メルカバーが制圧用、アウゴエイデスが両用って感じになります。
●アレイスター変換役
召喚したアレイスターをリンク変換する役割として、セキュア・ガードナー、アルミラージ、アルテミスを1枚ずつ採用しています。アルミラ⇒セキュアの流れで炎と光、アルテミスは単独でメルカバーの素材を揃える為に使います。セキュア・ガードナーはリンク素材に出来ないので要注意!ここは結構やらかすポイントです。
●暴走召喚師アレイスター
アレイスターから無理やりワンキルを狙いに行く際に使います。リンク素材も意外と緩いので、中継として使うリンク2としても結構便利!《召喚魔術》だけ引いてしまっている際に無理やり召喚獣を出力する緊急手段としても稀に使います。
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「ジャックナイツ」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札から「ジャックナイツ」モンスター1体または「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の「ジャックナイツ」モンスターは、その縦列と異なる縦列のモンスターとの戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
●明星の機械騎士
盤面整理、星遺物サーチ、先攻盤面等、細々と活躍する名脇役。縦列を参照する耐性を把握していない人が滅茶苦茶多い為、このカードを立てているだけでターンが帰って来ることが稀にあります。2枚欲しくなる事も多いですが、今回は何とか1枚で回しました。
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左/左下】
モンスター2体
このカードは自分の墓地に「星遺物」カードが存在する場合のみリンク召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
このターン、自分の墓地に「星遺物」モンスターが存在しない場合には、そのカードは発動できない。
(2):リンク召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。
●星鍵士リイヴ
ギルスから展開すると円滑に機能して滅茶苦茶強い!
継ぐものからの星鎧蘇生は最早芸術の域!
リンク素材になった際の対象をとらないバウンス効果も滅茶苦茶強いです。
●ヴァレルソード・ドラゴン
最近はアクセスコードでOK!となる事が多いですが、このデッキの場合、話は別。
2000以上の打点を持つモンスターが簡単に出るデッキなので、2000+3000×2のリーサルプランが容易に展開できます。無くてはならないキル要員です。
●召命の神弓-アポロウーサ
相手を見ながら展開する制圧用。必須とまではいきませんが、とりあえず強いので採用。
●アクセスコード・トーカー
リイヴ⇒ユニコーン⇒アクセスコードの黄金ムーブ!除去能力の鬼!

ジャックナイツモンスターについて

効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/機械族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「オルフェゴール」カードまたは「星遺物」カード1枚を墓地へ送る。
このカードと同じ縦列に他のカードが2枚以上存在する場合、
さらにこのターン、このカードをチューナーとして扱う。
(2):自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。
お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。
●宵星の騎士ギルス
《星遺物-星鎧》を落として《星鍵士リイヴ》への展開を円滑に行う敏腕兄さん。紫宵からサーチして召喚すると条件も整ってて丁度良い!召喚権をアレイスターと食い合うので状況に応じて使い分けましょう!この男、妹へのアクセス手段が多すぎる!
効果モンスター
星5/光属性/サイキック族/攻2000/守2500
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードと同じ縦列の相手のカードの数だけ、
デッキから「蒼穹の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
●蒼穹の機界騎士
最大3枚サーチの凄い奴。基本的に手札に無い奴をサーチする。3枚採用しても良いけど、ダブルと弱いので今回は2枚で回しました。
効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2200/守2800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、
このカードと同じ縦列の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●黄華の機界騎士
縦列の魔法・罠を破壊する技巧派。厄介な永続魔法・罠を処理できると助かる。《王宮の勅命》とか貼られるとお呼びがかかる。
効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2300/守2600
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、
このカードと同じ縦列の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
●紅蓮の機界騎士
縦列のモンスターを焼き尽くす紅蓮の男。コストをうまく捻出できると強い。素引きは弱いので1枚。
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2400/守2400
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●紺碧の機界騎士
左右に移動して盤面をコントロール。展開時の整理、相手ターンの制圧コントロール等、ただ移動するだけなのに滅茶苦茶強い!1枚は絶対に必要な存在。
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2500/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外し、
デッキから「紫宵の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスター1体を手札に加える。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●紫宵の機界騎士
継続的にアドバンテージを稼げる最強の機界騎士。攻撃力も高く頼りになる!よっぽどの理由がない限り3枚採用するカード。

星遺物カードについて

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、
EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●星遺物-星鎧
ギルスから墓地に送る用。リイヴや明星からサーチした《星遺物を継ぐもの》で特殊召喚する事でサーチに繋がる爆アドカード!素引きすると泣きたくなる。
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
●星遺物を継ぐもの
リンク先にモンスターを蘇生できる魔法カード。リイヴや明星からの動きが綺麗。
永続魔法
(1):このカードの発動時に、除外されている自分のカードの中から、
「ジャックナイツ」モンスター1体または「星遺物」カード1枚を対象にできる。
その場合、そのカードを手札に加える。
(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手の罠カードの効果は無効化される。
●星遺物へ至る鍵
罠をコントロールする永続魔法。優先度は低めですが、罠カードを多用するテーマにはかなり効果的。1枚は入れたくなる悩ましいカード。
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札・デッキから「ジャックナイツ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「ジャックナイツ」モンスターしか特殊召喚できない。
●星遺物の機憶
任意の「機界騎士」をデッキから特殊召喚出来る強力な1枚。ただ、初動に使うと展開が伸びないので色々悩ましい。こちらもダブつくと弱いので2枚。
永続罠
(1):このカードの発動時に、フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手の魔法カードの効果は無効化される。
●星遺物の囁き
魔法カードをコントロールする永続罠。こちらも優先度はやや低めですが、魔法カードを多用するテーマ(閃刀等)にはかなり効果的なカードです。
永続罠
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターを特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手モンスターの効果は無効化される。
●星遺物に眠る深層
モンスター効果をコントロールする最強永続罠。レベル5以上なら「機界騎士」以外も蘇生できる汎用性能!このカードで紺碧を蘇生するだけで実質2妨害!

後攻から相手の盤面に切り込んでいく後攻型デッキ

【ジャックナイツ】は、後攻から相手の盤面にザクザク切り込んでいく展開がとにかく魅力的!

特殊召喚を封じる様なメタカードは苦手ですが、いきなり2000打点越えのモンスターがポンポン展開できるのは爽快以外の何物でもありません。

奇襲的に特殊召喚する事で、相手の《増殖するG》の最大化を回避したり、紫宵による継続的なアドバンテージ獲得能力で中長期戦に対応したりなど、状況適用能力も高く、単なる後攻型デッキに留まらないデッキです。

また、「星遺物」魔法・罠を使う事で、他のデッキでは真似できないほどの制圧能力を発揮する事も出来ます。縦列を参照しながら盤面をコントロールするのは本当に楽しいのでオススメです!

相手モンスターが効果を発動した同じ縦列に蘇生し、後出しで効果を無効かするのが最高に楽しい!

ただ、ゾーンをコントロールするという性質上、1回のミスが敗北に繋がる事も少なくはありません。大胆さと繊細さ、豪胆な騎士にも色んな面があるって事でしょうか?

エルドリッチや幻影騎士団(ロンゴミ型)がとにかく苦手

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

ライスト、壊獣、一滴等でまくっていくデッキなので、それらカードの刺さりが悪いデッキとの相性はとにかく良くないです。特に【エルドリッチ】との相性は最悪で、エルドに搭載されている永続罠1枚で余裕で詰む可能性があります。なお、【幻影騎士団(ロンゴミ型)】は問題外!
滅茶苦茶相性が出るデッキなので、他の後攻型デッキよりもシビアな後攻まくりを要求されるデッキです。心して握りましょう(白目)。

コントロールによる制圧が得意な「ジャックナイツ」ですが、カバーできるのは効果の発動のみなので、《スキルドレイン》等、永続系の魔法・罠には正直無力です。そういう意味でもエルドリッチは滅茶苦茶きついです(;^ω^)

うまくコントロールできた時の楽しさは異常!

使ってみて思ったんですが、《星遺物に眠る深層》ってカードマジでハイスペックですね!

【召喚獣型】の場合、墓地の《召喚獣メルカバー》を蘇生する等のシナジーも見いだせるし、コントロール性能抜きにしても滅茶苦茶ハイスペックなカードだと思いました!

あと、「星遺物」魔法・罠でコントロールできた際の気持ち良さは言うまでもないですね……。

マジで替えの利かないオンリーワンなテーマだと思うので、一味違った動きを楽しみたい人は是非一度お試しください!ただ、エルドリッチが多い時は潔くデッキを変えた方が良いです(白目)。

+4

コメント

  1. 匿名 より:

    後攻でいくデッキということで、手札誘発8枚というのはわかるのですが、壊獣はもっと入れてもいいかと思います。
    ジャックナイツは同じ縦列に揃える必要もありますし。

    0
    • cast より:

      最初2枚だったんですが、ドライトロンとのエンカウント率がそこまで高くなかったので1枚に減らしたという経緯があります。
      ドライトロンだと一滴でも対処できるのと、あとエルドやロンゴミはそもそも無理っていう判断でもあります。でも列調整としてはあると便利なシーンが多いのは確かですね(*’ω’*)

      +8
  2. 匿名 より:

    紙の方で「怪獣かぐやジャックナイツ」を使ってます。
    怪獣で食べてジャックナイツ出してかぐや召喚して怪獣戻すのが楽しいですw
    MDでは作成コスト高くて組めてないんですけどねw

    +3
  3. 匿名 より:

    自分は召喚機界騎士にオルフェを少し足した型でプラ1到達できました

    ディンギルスが万能除去+打点+伏せカード保護と一石三鳥の役割をしてくれたのが心強かったです

    素引きしちゃったオルフェ下級もメルカバーのコストとかで誤魔化せたのも面白かったですね

    +1
  4. 匿名 より:

    ロンゴミはともかくエルド苦手ってのは構築のせいかなと
    ジャックナイツ回してますけど後攻強くするために召還獣いれずにイヴリース入れてます
    イヴリースでリングリボーだすだけでエルドリッチの妨害はかなりなくなりますしイヴリースで縦列確保出来るんですよね

    +6
  5. 匿名 より:

    ジャックナイツは良いぞ(同士を見つけて喜ぶオタク)
    自分は星鎧が手札に来ると嫌なので星冠にしてますね。いやでもギルスをサーチするほうが簡単だから鎧の方が良いのかしら

    0
タイトルとURLをコピーしました