【スプラッシュ・メイジ効果考察】リンク2はリンク3でありリンク4でもある【トランスコードを併用しよう】

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《スプラッシュ・メイジ》の効果考察記事です。

このカードのおかげでサイバース族のリンク2はリンク3と同義になった訳ですが、リンク3に《トランスコード・トーカー》がいる事を考慮すると、もはやリンク2=リンク4と言っても過言ではないですよね?

「俺がリンクを一番うまく使えるんだ!」と言わんばかりの展開力。スプラッシュメイジ…恐ろしい子。

スポンサーリンク

スプラッシュ・メイジ

《スプラッシュ・メイジ》 
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/サイバース族/攻1100
【リンクマーカー:右上/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

 

スプラッシュ・メイジのここが偉い!

  • 蘇生するのがリンク先ではない(自由に出せる)
  • デメリットが発動後だから出張の可能性を一応秘めている
  • マーカーが独特
  • 意外とカバーし難い水属性リンクモンスター

リンク2が持つ蘇生効果としては破格な性能

素材の指定・対象指定こそありますが、それでも2体素材で出るリンク2でシンプルに墓地のモンスターを蘇生できるのは優秀。

サイバース族デッキなら、リンク2=リンク3という構図が成立する上に、蘇生する対象次第では更なる高みまで狙えます。

特にフィールドからリンク素材になるとボーナスが発生する「コード」シリーズ(マイクロ・コーダー等)との相性は抜群で、デッキの構造上、早々に墓地に落ちる事が多いのも都合が良いです。

シンプルに頭数を増やしたいなら《サイバース・ガジェット》を巻き込んでトークンを生成するのもアリでしょうね。

サイバース族縛りに関しても、このカードを使うくらいサイバース族に寄っていれば問題にはならないはずです。なお、守備表示での特殊召喚なのでリンクモンスターは対象にできません

サイバース族指定のリンク3が格段に出しやすくなる

《ファイアフェニックス@イグニスター/Fire Phoenix @Ignister》 
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/下】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。このカードの攻撃力分のダメージを相手に与え、その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
(3):リンク召喚したこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

 

まぁ、サイバース族デッキならそもそも出しやすいんですけど、他の種族デッキに出張させた場合も、展開の締めならば《ファイアフェニックス@イグニスター》等を容易に選択する事が出来るようになります。

《ファイアフェニックス@イグニスター》はアニメの活躍もあり、ファンの多いカードだと認識しているので、〆の選択として用いたい人も多いのではないでしょうか?

①効果による飛び道具具合は結構やり手ですからねぇ…(侮れません)。

トランスコード・トーカーを使うと更に凄い

《トランスコード・トーカー/Transcode Talker》 
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、このカード及びこのカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

 

リンク2=リンク3と先程言いましたが、あれは嘘です(笑)。

その理由は、展開するリンク3として《トランスコード・トーカー》を選択すると、リンク2=リンク4になるからです。

実際はリンク3+リンク2でリンク5ですが、2体素材で出せるリンク5は未だ存在しない為、2体で補完するならリンク4を選択する事になります。

また、《トランスコード・トーカー》の②効果による蘇生には効果無効のデメリットが無いため、蘇生した《スプラッシュ・メイジ》の効果をそのまま発動する事も可能です。

うーん、《トランスコード・トーカー》って本当に優秀…(管理人は@イグニスターでお世話になってます)。

水属性だからアクセスコードトーカー的にもありがたい

《アクセスコード・トーカー》 
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。
(2):自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

 

トランスコードから出すだけでめちゃ強い…(定期)。

「マリンセス」以外のデッキだと、水属性のサイバース族リンクが割と確保し辛いと思うので、中継として優秀な《スプラッシュ・メイジ》の存在は地味に大きいと思います。

墓地のサイバース族リンクは多ければ多いほど、属性は散っていれば散っている程良いですからね。

これがレアカードって凄いよね

一昔前なら平気でスーパーレアだったカードだろうに…。

まぁ、最近はこういう有能だけど低レアリティってカードが多いので、特に驚かなくなってきました。

だってこのゲーム、ギルスがレアなんだぜ?もう何がレアカードでも不思議じゃないよね…(;^ω^)

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. トランスコードかー
    @イグニスター枠足りなさ過ぎて入る場所がない・・・
    ヒートソウルとの交換もアリかもしれん

  2. コーデック非対応なので、コードトーカーデッキだと結局メイジではなくリンク2トーカーを出してしまう

  3. もう一つの弱点は、サイバースはEXがかっつかつってのもありますね

  4. マリンセスとの相性は良いと思う。

  5. @イグニスターに入れたいけど枠が……
    4月からならアースゴーレムと交換して良いかも知れません
    もうすぐガッチリ、グッサリも来るのでメインからドシン採用も微妙な線ですし
    アース……OCGでも消えるのか……?

タイトルとURLをコピーしました