【アマゾネスの戦士長|効果考察】セルフ特殊召喚しながら融合をセット!汎用レベル5戦士じゃん!

今日の夜記事は、5月21日発売『デュエリストパック-輝石のデュエリスト編-』に収録された新カード《アマゾネスの戦士長》の特集です。

一見「アマゾネス」の専用強化カードという印象を受けますが、セルフ特殊召喚可能なレベル5・戦士族、融合の疑似サーチ効果……と、実はかなり汎用性に富んだ効果を持っている戦士長。【アマゾネス】の強化としても勿論優秀ですし、これは注目の1枚です。

スポンサーリンク

アマゾネスの戦士長|効果考察・使い方

効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻1900/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターが、存在しない場合または「アマゾネス」モンスターのみの場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「アマゾネス」魔法・罠カードまたは「融合」1枚を選んで自分フィールドにセットする。このターン、自分は「アマゾネス」モンスターでしか攻撃できない。

収録:【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-】

手軽に特殊召喚出来るレベル5・戦士族モンスターとしても優秀

【アマゾネス】以外でもセルフss可能な特殊召喚効果がGOOD!

このテキストなら、先行・後攻問わず手軽に特殊召喚する事が出来るレベル5・戦士族モンスターとして様々なデッキに出張させることが出来そうですね。

なお、【アマゾネス】で運用する場合は、ほぼいつでも特殊召喚できるモンスターとして運用できるでしょうし、かなりの高性能モンスターだと思います。

効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2000/守 800
「超量士レッドレイヤー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の「超量」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
「超量士レッドレイヤー」以外の自分の墓地の「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

▲似たような役割が出来るカード:《超量士レッドレイヤー》

融合セットで汎用性に更に磨きをかける

①効果で特殊召喚した上で、更に②効果に繋がる親切設計!

【アマゾネス】では「アマゾネス」魔法・罠カードをセット(疑似サーチ)する事が多くなりそうですが、このカードは《融合》にも触れる為、サーチ効果側も汎用性に富んでいます。

「アマゾネス」モンスターでしか攻撃できなくなるデメリットに関しても、先行なら何の問題にもならないし、そもそも【アマゾネス】ならデメリットですらないですしね(笑)。

アマゾネス視点だと、叫声(コール)との相性がイマイチか?

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「アマゾネスの叫声」以外の「アマゾネス」カード1枚を手札に加えるか墓地へ送る。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、
対象のモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
「アマゾネス」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分が「アマゾネス」融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、
自分のEXデッキの「アマゾネス」モンスター1体を墓地へ送って融合素材とする事もできる。

セルフ特殊召喚・サーチ効果共にかなり優秀な戦士長ですが、あえて懸念点を挙げるとすれば、セットする効果ゆえに速攻魔法カードとの噛み合いが若干悪くなっている事でしょうか?

「アマゾネス」速攻魔法と言えば、《アマゾネスの叫声》と《アマゾネスの秘術》の2枚ですが、どちらもかなり優秀なカードなので、気になる事は確かに多そうです。

でもまぁ、セットする効果だからこそ《灰流うらら》に引っかからないって強みもあるので、一長一短って感じですかね。

融合をサーチしながらイゾルデに繋げる動きは汎用性が高そう

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2700/守1600
属性が異なる戦士族モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカードを1枚を選んで破壊する。
(2):フィールドのモンスターのみを素材として融合召喚したこのカードは
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
自分の墓地から魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、このカードの守備力の半分アップする。

個人的に気になっているのが、戦士長⇒イゾルデから繋がる《ギルティギア・フリード》展開!

この展開は、《アマゾネスの戦士長》で《融合》をサーチしつつ《聖騎士の追想イゾルデ》の展開に繋げ、《聖騎士の追想イゾルデ》からサーチ・展開したモンスターを素材に《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》に繋げるというもの。

《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》と言えば、デスフェニ+バロネス盤面を突破する為の《超融合》要員というイメージが強いですが、普通に出してもそこそこ強そうではあります。

効果優秀で筋肉も凄い!

それにしても、マジでスゲェ筋肉ですねぇ……(∩´∀`)∩

引き締まった腹筋に目が行きがちですが、一番はやっぱり足ですね!

―――これはマジもんのマッスルですわ……。

+2

コメント

  1. 匿名 より:

    星5戦士で融合サーチは勝鬨くん新規ですね。

    +3
タイトルとURLをコピーしました