【マシンナーズアンクラスペア効果考察・相性の良いカードまとめ】ギアフレーム1枚からギアギガントX成立!パゼストレージとの噛み合いも偉い

『ブレイジング・ボルテックス』に収録された「マシンナーズ」新規《マシンナーズ・アンクラスペア》の特集記事です。

《アンクラスペア》の①効果(ドロー以外の方法で手札に加わった場合に手札から特殊召喚)と相性の良いカードを中心に、「マシンナーズ」の新たなる力について考えていきましょう!

なお、名前の「アンクラスペア」は「アンクラッシャブル(不屈)」と「スペア(予備部品)」を足した造語って事らしいです(wiki曰く)。恰好良すぎか!?

スポンサーリンク

マシンナーズアンクラスペア効果考察・相性の良いカードまとめ

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「マシンナーズ・アンクラスペア」以外の「マシンナーズ」モンスター1体を墓地へ送る。

収録:【ブレイジング・ボルテックス】

♦アンクラスペアの注目ポイント♦

  • ドロー以外(サーチ、回収、バウンス等)で誘発するセルフSS効果
  • 召喚・特殊召喚対応の墓地肥やし(同名以外のマシンナーズモンスター)
  • テーマ的に問題になり難いデメリット(機械属性縛り)

ギアフレーム1枚でランク4が成立する

ユニオン・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「マシンナーズ・ギアフレーム」以外の「マシンナーズ」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族モンスター1体を対象とし、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。

《マシンナーズ・ギアフレーム》1枚でランク4エクシーズが成立するのは偉すぎる!

機械族縛りこそあるものの、《ギアギガントX》,《アイアンヴォルフ》等、有力な候補がゴロゴロいますし、2体並ぶならリンク展開も可能です(ゲニウス君の出番かな?)。

《マシンナーズ・ギアフレーム》以外にもテーマ内で相性の良いカード盛沢山な1枚ですが、それらについては後ほどゆっくり語っていきます(相性の良いカード項)。

フォートレスorカーネル?落とすならどっち?

特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

②効果で「マシンナーズ」モンスターを落とせるのもマジで優秀ですね!

筆頭候補は《マシンナーズ・フォートレス》or《マシンナーズ・カーネル》の2種になりそうですが、次点で《マシンナーズ・メガフォーム》もアリですなぁ~

まぁ、《マシンナーズ・フォートレス》は手札に引いても強いし、これは《マシンナーズ・カーネル》が第一候補かな?

アンクラスペアと相性の良いカード

ギアギガントX

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/機械族/攻2300/守1500
機械族レベル4モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキ・墓地からレベル4以下の機械族モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから離れた時、
自分の墓地のレベル3以下の「ギアギア」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

《マシンナーズ・アンクラスペア》を使って立てるランク4エクシーズの筆頭

機械族縛りを考慮した際の展開筆頭枠。《アンクラスペア》の効果は《ギアギガントX》でサーチしても発動できるので、まだ使用していないターンならば、ここで発動する事も可能。

重装甲列車アイアン・ヴォルフ

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/機械族/攻2200/守2200
機械族レベル4モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターは直接攻撃できる。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから機械族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

ダイレクトアタックからのアーゼウスも可能

流れる様にアーゼウスに繋がるダイレクトアタック効果。勿論、攻撃力の高い機械族がフィールドにいるならそちらに効果を付与してもOK!

②効果で《マシンナーズ・アンクラスペア》をサーチするとあちらの効果に繋がるのも面白い。

No.27弩級戦艦-ドレッドノイド

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/機械族/攻2200/守1000
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。ランク10以上の機械族Xモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

戦艦から列車へ…そしてロボットへ…

戦闘を介す効果ではありますが、戦艦が列車にエクシーズチェンジした上でロボットになる流れが胸熱です。《ギアギガントX》,《アイアンヴォルフ》,《ドレッドノイド》それぞれ良さがありますな。

機甲部隊の再編制

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「マシンナーズ」モンスター2体を手札に加える(同名カードは1枚まで)。
●手札から「マシンナーズ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「機甲部隊の再編制」以外の「マシンナーズ」カード2枚を手札に加える(同名カードは1枚まで)。

特殊召喚トリガーその2

その1が《マシンナーズ・ギアフレーム》なら、《機甲部隊の再編成》はその2って所でしょうか?軽視されがちですが、「マシンナーズ」ストラクのカードはマジで強いですぞ!

機甲部隊の防衛圏(ディフェンスリジョン)

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル7以上の機械族モンスターが存在する限り、相手は自分フィールドのレベル6以下の機械族モンスターを、攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。
(2):自分フィールドの表側表示の機械族モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

墓地からの回収でもアンクラスペアは発動可能!

ドロー以外で手札に加わりさえすればOKなので、墓地からの回収でも勿論OK。墓地回収からの展開ルートは覚えておくと何かと便利!

マシンナーズ・パゼストレージ

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1600/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「マシンナーズ・パゼストレージ」以外の自分の墓地の「マシンナーズ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):このカード以外の自分フィールドの「マシンナーズ」モンスター1体と相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。

相手の魔法・罠を除去りながらアンクラスペアを回収⇒再展開

①効果で墓地の《アンクラスペア》を蘇生し、②効果で除去。《アンクラスペア》の①効果で再展開。…美しすぎか?

マシンナーズにとって滅茶苦茶デカイ新規カード

『ブレイジング・ボルテックス』には既存テーマの強化が色々収録されていましたが、その中でも群を抜いて素晴らしい出来栄えのカードだと個人的には思っています。

1枚追加しただけでこれだけ幅広くテーマの強さ・シナジーを底上げするのは本当に見事ですわ…。

コメント

  1. やはりマシンナーズはコナミに愛されていると感じる1枚でした

  2. 良いカードですね。他のテーマもコンスタントに優秀なカードを出してくれれば言うことないんですけど。

  3. 忍び寄る闇でも地味にサーチ可能です
    墓地コストが用意しやすい闇軸の機械族のデッキで採用するなら覚えておいても良いかもしれないですね

タイトルとURLをコピーしました